よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての漢

荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父




 

曹操を筆頭にして家臣達にも数え切れない程、優秀な人材たちが溢れておりました。

一例として我が子房(しぼう)としてめちゃくちゃ褒められた荀彧(じゅんいく)

荀攸(じゅんゆう)郭嘉程昱(ていいく)などの参謀集団や張遼(ちょうりょう)于禁(うきん)、

徐晃(じょこう)らの将軍達。

さらに曹操の一族の中にも優秀な人材がいて夏侯惇(かこうとん)夏侯淵(かこうえん)、

曹仁(そうじん)曹洪(そうこう)らがおりました。

今回紹介するのは彼ら曹家に仕えていた武将や文官ではなく、

彼らのオヤジ達も非常に優秀で息子たちと比較しても遜色ないほどの人物達でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!?




陳羣のオヤジもじいちゃんもおじさんもとんでもない人物だった

 

陳羣(ちんぐん)は魏の文官として活躍した人物で、

新しい人事制度である九品官人法(きゅうじんかんじんほう)を制定した人物として

知られる人です。

彼は魏の名政治家と言っていい人物ですが、

彼のオヤジ・おじいちゃん・おじさん全て陳羣に負けないとんでもない人物でした。

陳羣のおじいちゃんの名前を陳寔(ちんしょく)といい当時の名士として有名な人物でした。

また陳羣のオヤジの名前を陳紀(ちんき)と言い、

おじさんの名前を陳諶(ちんしん)と言いました。

彼ら二人も陳寔と同じく有名な人物で後漢王朝で知らない人はいないくらいの大物でした。

特にすごいのが陳羣のじいちゃん・陳寔です。

彼は当時の後漢王朝の政治を批判したことから後漢王朝から遠ざけられてしまい、

彼も官職に就くことなく山にこもって生活を営むようになりますが、

彼を慕う多くの人が集まったそうです。

また陳寔が亡くなった時、彼の葬式に集まった人数はなんと数万人が集まったそうで、

彼が後漢王朝でどれだけ人気があったかを伺うことができるのではないのでしょうか。




荀彧の叔父さんはたった95日で三公へ

 

曹操の参謀役として活躍した荀彧

彼の叔父さんも陳羣の祖父と同じくとんでもない人物でした。

なんと95日で三公に登るほどの人物だったのです。

荀彧の叔父さんの名前は荀爽(じゅんそう)と言います。

幼少期から勉学に励み12歳で春秋と論語をマスターするほどの秀才ボーイでした。

そんな彼は古学の研究を勧めており、

後漢王朝から仕官しなさいと言われても一切拒否して古学研究に没頭しておりました。

しかし董卓が後漢王朝の政権を握ると彼も荀爽を召し出そうとします。

荀爽董卓の誘いから逃れるために逃亡しようとしますが、

家に董卓の役人が来ていたので逃亡することができず、

致し方なく董卓につかえることにします。

 

北伐の真実に迫る

 

三公の位に登るまでの道のりとは

 

荀爽は董卓から平原の相に任命されたために任地へ赴こうと家を出ます。

すると平原へ赴任している途中に再度董卓「光禄勲(こうろくくん)に任命するから

中央へ戻ってきて欲しい」と伝えれます。

荀爽は董卓の命令を聞いて長安へ向かい光禄勲の官職をもらい勤務。

しかし三日たったある日再び董卓から「君を三公にするからそんな仕事はしなくていい」と

再び命令がやってきます。

こうして彼は三公へ就任することになり、三公就任までに要した時間はたった95日です。

董卓が権力を握っていた時代に最速で三公に登った人物と言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

番外編として荀彧の祖父にあたる荀淑(じゅんしゅく)という人物も官位こそ低かったものの、

後漢王朝の中期においてかなり有名な人物であったそうです。

三国志に登場した有名人達はそれぞれ偉業を成し遂げて名を歴史に記されておりますが、

三国志に登場した有名人の叔父さんやオヤジ達も歴史に名を留めるほど優れた人物だとお分かりいただけたと思います。

こういうちょっと違う角度から三国志を見ても面白いかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など^

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  2. 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けません…
  3. 豊臣秀吉 戦国時代 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…
  4. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!
  5. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見ど…
  6. 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見…
  8. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族
  2. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?
  3. 【初心者向け】kawausoの大三国志 ズボラ戦記
  4. 『三国志演義』の原典?『三国志平話』とは?
  5. 古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった!
  6. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

はじめての三国志コミュニティお題「自己紹介」 十常侍ってなんぞや? 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった! 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!? 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?

おすすめ記事

  1. 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は?
  2. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  3. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です!
  4. 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?
  5. 【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの?
  6. 古代ローマ人の末裔が中国のある村に住んでいる!?
  7. 周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン
  8. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP