ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察




孔明 司馬懿 名前はどこで

 

三国志の登場人物には「姓」と「諱(名)」の他に「字(あざな)」があります。

「字」とは成人した男性が、親や師などにつけてもらう呼び名です。

有名のところでは諸葛亮孔明です。

この場合、孔明が字になります。

 

沖縄 関羽

 

関羽雲長の場合は、字は雲長ですね。

諱は目上の人や主君しか呼ぶことを許されておらず、そうでない人が諱で呼ぶことは不敬とされていました。

(首を討つような立場であれば話は別ですが)

基本は姓に官職を付けた呼び方です。

孔明の場合であれば「諸葛丞相」、関羽の場合であれば「関将軍」のような感じです。

字は気心の知れたものが使用します。

同志の間柄でしょうか。

劉備は主君の立場でありながら諸葛亮のことを孔明と呼んでいたのはその辺りに理由がありそうです。




字は兄弟の順を表している規則性

太史慈 孫策

 

この字には規則性があるといわれています。

長男には「伯」、次男には「仲」をつけるというものです。

孫策(そんさく)の字が「伯符」、孫権の字が「仲謀」ですので、これに該当しています。

 

孫策

 

 

「伯仲」という言葉は「よく似ていて優劣のないこと」を云いますが、語源はここからきています。

確かに孫策孫権は性格や国の政治は対称的ですが、実力は伯仲していますね。

ちなみに三男は「叔」、四男が「季」、五男が「幼」とされています。

 

泣いて馬謖を斬る

 

「泣いて馬謖を斬る」の馬謖の字は「幼常」。しっかり五男です。

他にも「孟」や「玄」は長男を示しているそうです。

 

馬超

 

馬超の字は「孟起」。やはり長男です。曹操は「孟徳」。劉備は「玄徳」で長男です。

これは日本でいう「太郎」「次郎」「三郎」と同じでわかりやすいですね。




「公」の字をもつ三国志の登場人物は?

朝まで三国志 袁術

 

袁術の字は以前にも紹介しましたが「公路」です。

諱の「術」にも字の「路」にも同じく「途(道)」という意味があるそうです。

では「公」の方はどのような意味があるのでしょうか。

 

周瑜

 

他にも字に「公」がつくのは、周瑜の「公瑾」や劉禅の「公嗣」など多数登場してきます。

共通点はあるのでしょうか。

 

「公」は何番目?

周瑜 美男子

 

ここに兄弟の順を示す規則性があるのでしょうか。

周瑜は周異の子供です。

名は不明ですが兄がいたそうです。周瑜は次男です。

劉禅の父は劉備です。養子である劉封が兄です。となると劉禅は次男ということになります。

ここから導き出される答えは「公」は次男を意味しているということです。

袁術は本来、家督を継ぐ立場にはなかったのです。

では長男が袁紹なのでしょうか。

 

袁紹の字は何を表しているのか?

袁術

 

袁術の父親は袁逢(えんほう)です。

兄に袁基がいて、袁家の家督を袁逢亡き後に継いでいます。

袁基の字は不明ですが、おそらく「伯」や「孟」、「玄」などの文字が入っていたに違いありません。

袁紹の字は「本初」です。文字通りに受け止めると、

「本来ならば初めの子」や「本当の初めの子」などが推測されます。

一説には袁紹は袁逢の庶子で、袁逢の兄である袁成のもとへ養子に出されたとあります。

字は人生の途中で変更も可能ですので、養子に出されて変更したのかもしれませんが、

イメージとしては「本初」は長男、嫡男ですね。

わかりにくい字をつけやがって、と思ったりもします。

これで袁基亡き後の家督争いが混沌としてくるのです。




三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

字だけを見ると、袁紹が袁術よりも兄弟順位が上のように感じます(同族であれば兄弟同様に順番に字をつけるそうですし)

しかし、袁基が嫡男だったと考えると、やはり「公」の字を持つ袁術が二番目であり、

袁基が董卓に処刑された跡の正当な次期当主のようにも思えてきます。

おそらく当時の世論も割れていたのではないでしょうか。

袁家が一枚岩だったら天下を統一できていただろうに、実に悔しい「微妙な問題」です。

 

次回記事:【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察

関連記事:曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

関連記事:字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

 

よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 法正 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート
  2. 劉備 結婚 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  3. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  4. 張遼・楽進・李典 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち
  5. 赤壁の戦いで敗北する曹操 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは?
  6. 真田丸 いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  7. 孟獲 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは
  8. 郭嘉 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言し…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 責められる陸遜
  2. 劉禅と孔明
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  5. 曹操VS孫権 R2
  6. 曹仁
  7. 明智光秀 麒麟がくる
  8. 袁術
  9. 公孫攅と劉備

おすすめ記事

  1. 走れ、李福!五丈原への神速メッセンジャー 孔明の遺言を聞きに成都から五丈原まで走った李福
  2. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 関銀屏
  3. 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた? 李儒と三国志
  4. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  5. もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの? 徒歩の献帝を保護する楊奉
  6. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄

三國志雑学

  1. 呉の勢力を率いる孫策
  2. 法正と劉備
  3. 高順が呂布に疎んじられた理由
  4. 関帝廟 関羽


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 桓騎(キングダム風)
  2. 夏侯惇
  3. 劉備、孫権、魯粛
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 魏延

おすすめ記事

三国志を統一した司馬炎 司馬炎と劉禅は似た者同士?その理由とは? 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い 漫画では猟師の潁考叔!本当は気合いの入った戦士だった 陸遜 五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー 曹叡 【曹叡の逸話】待ってくれ、父さん!曹叡の子鹿を救い皇帝となる!? 晋の陳寿 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件 ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP