袁術祭り
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】

この記事の所要時間: 37




蒼天航路(6) (モーニングコミックス)

 

曹操(そうそう)呂布(りょふ)を討伐しようと考えている最中、

一人の群雄が彼に降伏を申し入れてきます。

その群雄の名は張繡(ちょうしゅく)。

彼は軍師である賈詡(かく)の進言によって曹操に降伏を決意します。

曹操は降伏してきた張繡の居城である宛城に入城した後、宴会を催します。

 

鄒氏

 

この時曹操は張繡に「鄒氏(すうし)をもらうぞ」と言われます。

張繡は怒り狂いそうになりますが、典韋(てんい)の迫力にビビり、

しぶしぶ曹操に鄒氏を渡します。

 

前回記事:【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】




絶世の美女鄒氏

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

曹操は鄒氏を張繡から奪い取ると、鄒氏を朝・昼・晩と毎日飽きもせず彼女を

抱き続けます。

絶倫ですね。普通の人間じゃ無理です。

張繡は曹操が鄒氏を抱き続けていると聞くと初めの内は我慢しておりましたが、

次第に我慢の限界に近づいてきます。




賈詡の秘策

賈詡

 

張繡の軍師である賈詡は、曹操軍を撃退するためある策を進めておりました。

その策とは曹操を強襲することです。

しかし典韋が曹操のいる幕舎を離れることなく、戟をもって常に守っておりました。

この策を成功させるため賈詡はまず護衛隊の典韋を排除しようと考えます。

賈詡は毒入りの握り飯を典韋の昼食に忍ばせます。

典韋は賈詡の毒入り飯をむしゃむしゃおいしそうに頬張ります。

毒入りと知らずに……。

賈詡は典韋が毒入り飯を食べたとの報告を受けると、

曹操暗殺部隊を送り込みと共に張繡に曹操本陣に強襲を行うように進言。

張繡は賈詡の進言を受け入れ、曹操本陣に攻撃をかけるべく進軍を開始します。

 

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

 

鬼神の如き働きを見せる典韋

典韋 悪来

 

典韋は毒入りの握り飯を食べるとすぐに体に異変が起きます。

彼の体に異変が起きると同時に、音も出さず暗闇から攻撃を受けます。

典韋は動けない体と戟を必死に動かし、敵を何人も倒していきます。

しかし最期は胡車児(こしゃじ)と相打ちになり、倒れてしまいます。

典韋に倒された胡車児は最後の力を振り絞って、

張繡に典韋殺害の狼煙を上げます。

 

関連記事:怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情

 

曹昂の奮戦

曹昴

 

曹操の息子である曹昂(そうこう)は鄒氏におぼれる曹操を諫言しに来ていました。

曹昂は外の騒ぎの様子から典韋が亡くなったことを曹操に報告すると、

兵を連れてくるため外に向かいます。

賈詡と張繡は典韋がいなくなった曹操の本陣を包囲し攻撃を開始。

しかし張繡軍が曹操本陣に攻撃を仕掛けようとした瞬間、

曹昂率いる青州兵が突撃してきます。

この突撃により張繡軍の勢いが弱まります。

曹昂は張繡軍の勢いが弱まった隙をついて、

曹操の本陣に名馬・絶影を連れて乗り込みます。

 

曹操を命がけで守り抜く

曹昴

 

曹昂は曹操の元にたどり着くと、父を惑わせた絶世の美女・鄒氏を斬り殺害。

曹操は曹昂が自分のお気に入りである鄒氏を斬り捨てたことに、

凄まじい形相で激怒するも、すぐに自らがおかれた状況を考え、

息子と名馬絶影に全てを委ねます。

曹昂と曹操、青州兵の奮戦により、何とか幕舎を包囲している張繡軍を突破。

その後青州兵が宛城の城門を破壊して張繡軍からの包囲を脱出することに成功しますが…。

 

曹昂の遺言

曹昴

 

宛城の城門を突破した直後、城壁から射られた弓矢に名馬・絶影が当たりますが、

絶影は倒れず駆け続けます。

曹昂は絶影の頑張りにこたえるため、追撃してくる張繡軍を防ぐため奮戦しますが、

彼も弓に当たってしまいます。

曹昂は馬から降り、最後の力を振り絞って大声で曹操に

「私の馬に乗って駆け続けて下され!!」と指示。

曹操は曹昂の指示に従って、彼が乗っていた馬に跨り、

涙を流しながら味方の軍勢が宿営している地に向けて駆け抜けます。

賈詡と張繡は曹操の後方から砂塵を見つけ、彼の追撃をあきらめ撤収してきます。

曹操が美女にうつつを抜かしたせいで、

忠臣典韋や息子・曹昂、多数の青州兵が犠牲となった宛城の戦いが、

幕を閉じることになります。

 

次回記事:【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 



よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  2. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Par…
  3. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?
  4. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  5. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  6. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  7. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?…
  8. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1
  2. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!
  3. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  4. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く
  5. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第26話「誰がために城はある」の見どころ紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった? 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】

おすすめ記事

  1. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  2. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ導いた法律の番人
  3. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン
  4. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  5. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  6. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  7. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座
  8. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 袁術ってどんな人? 【002】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP