三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰




曹植

 

体内の活性酸素を抑えるとして、ブームになった水素水生成器ですが、

その過剰な宣伝に対して、ついに行政からイエローカードが提示されました。

それは、どういう理由からなのでしょうか?




水素水生成器には、体内の活性酸素を抑制する力はない?

水 f

 

水素水生成器とは、蛇口にセットする事で電気分解により水素を発生させ、

それが水に含まれる活性酸素の一つ、ヒドロキシラジカルを抑制するとされ、

体内の活性酸素を減らせるとされています。

 

しかし、国民生活センターは、水素水について、3月10日、

「その飲用による効果を示したものではありません」と指摘したのです。

調査によると、水素水生成器が水道水の中のヒドロキシラジカルを抑制する事は

事実ですが、その水素水を飲んだ所で、体内の活性酸素が抑制されるという

データは1つも存在しないとの事です。

 

水素水については、これまでも過剰な宣伝が問題にされていて、

「飲むだけで若返る、病気が治る」などと思わせるようなキャッチコピーが多く

行政も野放しには出来なくなって注意喚起しているそうです。




三国志の時代にもあった、名君、曹叡がハマった奇跡の水

張角歴史の表舞台に登場(マジックショウ)

 

さて、現在は科学の力で最もらしくされている、いわゆる奇跡の水ですが、

このような水は、三国志の時代にもブームになっていました。

よく考えると、あの張角(ちょうかく)も、病が治るという札を焼いて

水に混ぜたものを薬だと称していたのですから、ありそうな話です。

 

曹叡

 

この奇跡の水にハマったのは、事もあろうに魏の二代皇帝・曹叡(そうえい)でした。

西暦235年、寿春の農民の妻が突如、神憑りになり、

「飲めば万病が治る」という神水を人々に振る舞い始めます。

その噂はたちまち広まり、水を飲んで病気が治ったという人が続出し、

神水は、魏の宮廷にまで捧げられる事になります。

 

この奇跡の水を皇帝曹叡は、何故か信じてしまったのです。

 

孔明過労死

 

西暦235年は、前年に蜀で諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が亡くなり、

北伐の重圧から解放された曹叡が、色々オカシクなる時期だとは言え、、

あらら・・合理主義者だった祖父の曹操(そうそう)が知ったら泣きそうです。

 

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

関連記事:張角が太平道信者を増やした方法

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

 

糖尿病で苦しんでいた卞蘭に奇跡の水を勧め、即断られる!

卞夫人 曹操

 

さて、当時の宮廷には、曹操の正妻だった卞(べん)夫人の甥の

卞蘭(べんらん)という人物がいました。

彼は、当時消渇(しょうかつ)と呼ばれた糖尿病に苦しんでいて、

水を飲んでも飲んでも喉が渇くと訴えていました。

 

それを知った曹叡、今こそ奇跡の水の出番だと卞蘭を呼び出して言います。

 

「卞蘭!朕のこの奇跡の水を飲みなよ!病気もすぐに治るよ」

 

目をキラキラさせて、水を勧める曹叡に、卞蘭は言いました。

 

「いえ、病を治すには薬を飲みます、そんなインチキ水飲みません」

 

うわーーーーっ卞蘭、奇跡の水を全否定です。

そんなモノ飲まないで薬を飲みます、、なのでハッキリ、

水をインチキだと断言しているのです。

 

それを聞いた曹叡はぶんむくれになり、顔色を変えて怒ったそうです。

結局、卞蘭は、糖尿病が悪化して急死しますが、当時の人々は、

奇跡の水をインチキだと諫言して自殺したのだと思い込んだそうです。

 

そこまで人気の無い、奇跡の水っていったい・・

 

曹叡、病に倒れて、奇跡の水を飲むも効かず、インチキを悟る・・

水攻め 写真

 

曹叡は西暦239年に死去しますが、その時に自身が信じた、

奇跡の水を沢山飲んだようです。

しかし、残念ながら効果はなく、ここではじめて水がタダの水だった。

すなわち、インチキだったと気づくに至りました。

 

関連記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

関連記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

水は、人間の生命に絶対必要なものなので、そこに科学的な、

或いは魔力が秘められているという話は、特に病気に悩んでいる人には、

とても魅力的に見える事でしょうね。

しかし、そこに付け込んでの誇大広告は、やはりいけません。

そういうインチキを信じ込んで、正式な治療を受けない事になると

逆に生命にも関わる事になるからです。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部
  2. 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  4. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…
  5. 三国時代の平兵士たちの給料は?戦死した場合遺族に補償はあったの?…
  6. みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく…
  7. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!…
  8. 劉備の若妻孫尚香はとんでもない爆弾娘だった理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 腐れ儒者気質な孔融
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

  1. 【将苑】諸葛孔明の人物鑑定7つの方法
  2. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?
  3. 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの? 徳川慶喜 幕末
  4. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード
  5. 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士
  6. 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

高杉晋作エピソードは大傑作!ハリウッド映画レベル 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る! 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 便所のネズミから蔵のネズミに!李斯の華麗なる転身 キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの? 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?

おすすめ記事

  1. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  2. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  3. 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?
  4. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  5. キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  6. 魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!?
  7. 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは
  8. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP