日常生活

はじめての三国志

menu

はじめての変

知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

この記事の所要時間: 344




孔子 儒教

 

孔子(こうし:紀元前552~479年)は

諱(いみな)を丘(きゅう)、字を仲尼(ちゅうじ)といい

春秋戦国時代の魯国の人物です。

本当のフルネームは、孔丘仲尼ですが、子は先生という意味で、

孔子とは孔先生という尊称を意味しています。

 

彼は、三千名という多くの弟子を育てた教育者・思想家であり、

漢王朝以後の国教である儒教を確立した人として知られています。

また、孔子は当時としては長寿である74歳まで生きた人でもあり、

そこには、孔子の食への拘りがあったようです。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?




儒教には、食のマナーが満載

宴会マナー 酒

 

孔子は、食事とは人間関係を円滑にし、長幼の序、君臣の別を

明らかにする上で大事なツールだと考えていました。

その為に、儒教のバイブルである礼記(らいき)には、

食に関するマナーが大量に掲載されています。

当時にも、寛いだ宴会はありましたが、多くの場合には、

礼記に基づいた所作や立ち居振る舞いが士大夫には求められたのです。

今でいうテーブルマナーの、かなり厳しいヤツという感じですね。




漢の高祖、劉邦も儒教の食事マナーに感動

劉邦と項羽

 

楚の項羽(こうう)を滅ぼして天下を取った劉邦(りゅうほう)ですが、

彼は農民の出身でお世辞にも上品な人であるとは言えませんでした。

 

陳平 劉邦

 

彼の配下も出自はバラバラで、張良(ちょうりょう)のような韓のプリンスもいれば、

韓信(かんしん)のような貧乏な士も、樊噲(はんかい)のような

獣畜の屠殺を生業にする人もいました。

 

当時の漢の宮廷の宴会には、マナーは何もなく劉邦の配下の臣は、

劉邦を中心に車座になって座り、酔い潰れるまで飲み、飽きる程に

肉を食い散らかし、泥酔するとお互いの手柄の自慢話をし、

剣を抜いては踊り、或いは柱に斬りつけるなど滅茶苦茶です。

 

劉邦 ヤンキー

 

コンビニの駐車場で、ウンコ座りして酒を飲んで騒いでいる

現在のヤンキーとあまり変わりません。

 

劉邦は自分の下品さを棚にあげて、

「こいつらをどうにか教育せんといかん、恥ずかしい・・」と思っていましたが、

それに形をつけたのが儒官の食事のマナーでした。

 

劉邦

 

整然と進む宴会の風景を見て劉邦は、柄にもなく感動し、

「朕、初めて、位の尊きを知る」と呟きました。

 

「俺は初めて自分が偉いんだという事を実感した」という意味です。

それまでが、ずーっと無礼講状態だったんですね。

 

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

 

孔子の食事へのこだわり

孔子

 

さて、その礼記の元になった孔子の食へのこだわりは、

以下のようなモノでした。

 

・米は白く精米したものを食べる

 

玄米は栄養価が高いですが、消化にはいいとは言えず

胃に負担をかけ消化不良を起こすと孔子は考えたようです。

当時は抗生剤がないので、胃腸炎程度でも

悪化すれば人が死ぬのは珍しくありませんでした。

 

・生肉は細く刻まれていればいる程良い

 

孔子が好きな生肉の膾(なます)料理ですが、

これも細かく刻めばあまり咀嚼しなくても

胃に負担がないからだと思われます。

 

・季節を外れて出回る食品は食べない

 

自然の旬に沿わない食物はあまり美味しくありません。

だから、孔子は季節外れの食品を食べませんでした。

 

・市場で買った食べ物は口にしない

 

当時の市場は不衛生で食品が汚染されている可能性が

あったので、孔子は用心していました。

 

調理法が雑な食事は食べない

 

調理法が雑という事は料理人が熟練していませんから

美味しくないのはもちろんですが、食品の衛生観念もいい加減かも知れません。

だから、未熟な料理人が造る食事は食べませんでした。

 

・主君から頂いた肉はその日の間に食べる

 

肉は季節によっては、傷みが早いので、主君から頂いた

肉はすぐに食べてしまいます、これが礼を失しないやり方です。

 

・酸い味や腐臭がする肉や魚は食べない

 

少しでも食事に酸っぱさがあったり、

腐臭がする肉や魚を孔子は食べようとはしませんでした。

当たり前だよと笑うかも知れませんが、

これくらいなら大丈夫と食べてしまい、食当たりや

食中毒になった経験がある人は少なくないと思います。

 

関連記事:炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)

 

春秋戦国ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

孔子とほぼ同時代を生きた説があるインドの宗教家、

釈迦(しゃか)は80歳という当時としては長寿を保って死にましたが、

彼の死因は食中毒と言われています。

彼は、熱心な信者の所で、豚肉を煮たものか、珍味のキノコを食べて

食中毒を起こして亡くなったと言うのです。

 

釈迦も、生前は衛生面に敏感な人で

「健康に生きたいなら、衛生面に気を配れ」と周囲に言っていますが

最後の最後で気が緩んだのかも知れません。

 

若い時であれば、食中毒からも回復できそうですが、

老齢になると、抵抗力が落ち、そうもいかなくなります。

やはり、孔子が食に気をつけたのが、彼を長寿させたと言えそうです。

 

食の安全は、時代を問わず、今でも人々の関心事です。

人間は食べた物で出来ているのですから、より健康に生きたいなら

食事に関心を払え、という孔子の姿勢は現代でも通用しますね。

 

本日も悠久の春秋戦国時代に乾杯!!

 

関連記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

関連記事:話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰

関連記事:本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?

 

 

関連記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  2. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  3. 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?
  4. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?
  5. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  6. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?…
  7. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  8. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  2. 89話:龐統、涪水関を計略で落とす
  3. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  4. 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説
  5. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  6. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル! 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

おすすめ記事

  1. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  2. 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期の流派も紹介!
  3. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!
  4. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  5. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  6. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  7. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  8. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP