よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

この記事の所要時間: 40




卑弥呼 f

 

まず、基礎知識として、「邪馬台国」(やまたいこく)とは、

多くの方がご存知の「魏志倭人伝」(魏志東夷伝内の一つの章)の中で登場し、

広く認知されるようになりました。

これは、陳寿(ちんじゅ)編纂の「三国志」(正史)

の中の一つの章であるということです。

そして、これから邪馬台国が存在したとされる古代を紹介していく訳ですが、

やはり気になるのは、この時代を調べるための資料が少ないということです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




仮面ライダーの始祖?シャーマニズムの国?

光武帝

 

又、日本の古代を描いた物語で、絵や映像として一般的に見られるのは、

戦国時代や江戸時代、幕末以降に比べると格段に少ないのではないでしょうか。

それでもあえて出すと小学館や集英社などが出している学習歴史漫画が筆頭となるのでしょうが、

それ以外の、映画やドラマ、コミックやアニメの中でとなると

なかなか思い浮かびにくいのが実情ではないでしょうか?

「邪馬台国」や「卑弥呼」(ひみこ)と言われても、

文字としての記憶が主になりがちではないでしょうか?

日本史上、特に謎が多い分野なのです。

 

 

そんな中、実は、昭和を代表する漫画家で「仮面ライダー」や「サイボーグ009」の作品で知られる、

石ノ森章太郎が、全48巻から成る「マンガ日本の歴史」(中央公論社)を出しているのです。

 

 

この中に、邪馬台国も卑弥呼も登場します。

第二巻に収められていて、とても詳しく載っています。

 

ただ「古事記」の影響も強く受け、架空物としての要素が濃く、

歴史考証の点から言うと物足りなさがあると思いますが、

謎に包まれた時代ですからそれは仕方ないとも言えるでしょう。

 

また、古代の日本の世界の雰囲気に浸り、

歴史や考古学の分野に興味を持つ切っ掛けとしてもらうことを前提なら、

あるいは、純粋に一つの物語として見るなら楽しめる要素が強いでしょう。

 

作品では、邪馬台国の集落や住宅、

暮らす人々の衣食住といった風俗や卑弥呼がつかえたという

「鬼道」を上手く描写しているように見えます。

そして、「鬼道」を実践している卑弥呼たちを見ていると

「シャーマ二ズム」の要素が強いようで、仮面を被ったシャーマンを連想してしまい、

そこからつい仮面ライダーも連想してしまいます。

 

兎にも角にも、絵で学べる歴史はとても興味深く、

その中でも分かりやすいので、この資料はお勧めと言えます。




邪馬台国の興亡

月 f

 

それでは、ここから邪馬台国の歴史を少し詳しく追っていきます。

邪馬台国が存在したのは、2世紀前後?〜4世紀前後?とされています。

国家成立からは、男の王が代々継承してきたそうです。

しかし、3世紀初め、内乱が起き、男の王では治めきれず、

占いによる神の意思か、民の意思かで、卑弥呼が推薦され、女王・卑弥呼が誕生します。

すると、内乱は治まり、邪馬台国周辺の国々の多くは、卑弥呼に従います。

この周辺の国々を合わせたものが「倭国」(わこく)と呼ばれていました。

 

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

魏に使節を派遣する卑弥呼

曹叡

 

その後、女王卑弥呼は、中国大陸の「魏」(ぎ)の国に使節を派遣し、

忠義の意思を示します(238年のことです)。

当時の魏の皇帝は、明帝と呼ばれた曹叡(そうえい)です。

つまり、あの曹操(そうそう)の孫ですね。

明帝は、卑弥呼に「親魏倭王」の印を与え、倭国は、

事実上、魏に忠節を誓う臣下となり、魏の後ろ盾でもって、

卑弥呼の邪馬台国は、倭国の名主に君臨します。

 

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

関連記事:魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?

 

魏の軍旗を持ち帰りたい卑弥呼

曹丕

 

しかし、なかなか従わない国もあって、特に、

邪馬台国の南にあった?とされる狗奴(くな?)国は筆頭だったようです。

そこで、卑弥呼は再び使者を魏に送り、魏の軍旗である、

黄幢(こうどう)を持ち帰ることを許されます。

それを旗印に、狗奴国との戦に臨むのです。

大国の後ろ盾をもって、敵を倒そうとするのは今も昔も同じでしょうか。

後の、錦の御旗や幕府の将軍家の印籠、20世紀からの現代では、

アメリカ国旗といったところでしょうか。

ただ、21世紀は、その図式に変化が訪れているかもしれません。

再び大陸の国家群の力が増している様子です。

話を戻すと、邪馬台国の卑弥呼は、大陸の強大な武力を背景に、

敵対勢力を武力で抑えつけようとしました。

そして、その戦略の大方は成功したようです。

双方に多くの死者を出しつつ、戦は邪馬台国の勝利で幕を閉じ、

狗奴国は邪馬台国に屈服したというのが現代の一般的な見方です。

卑弥呼は、その戦乱の中か、直後あたりに命が尽きたそうです。

「魏志」によると、女王の死を多くの民が悲しんだそうです。

殉死するものも多数いたそうです。

その後、邪馬台国は、男の王が再び統治しようとしますが、内輪の争いが絶えませんでした。

そこで、再び、女の王が選ばれます。女王・壱与(いよ)です。彼女によって、国内は平定されます。

壱与(いよ)は卑弥呼の路線を引き継ぎ、大陸の魏に忠義の姿勢を示すため、

使いを送り、貢物を差し出し、朝貢(ちょうこう)をします。

こうして壱与の時代は平穏が保たれたとも言われています。

その後の邪馬台国はどうなったのかは、今でも謎に包まれています。

 

関連記事:魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事になったの?

関連記事:三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】

 

卑弥呼の死後、邪馬台国はどうなったの?

炎 s

 

卑弥呼の死から約150年後、日本史に登場するのは、

強大に成長していく大和の(現代の近畿地方の奈良周辺)「大和王権」の姿でありました。

この「大和王権」が「邪馬台国」を引き継ぐ政権だったのか、

あるいは滅ぼしたのか、それは今も謎であり、

さまざまな説が、その所在地の謎とともに乱立し、議論されています。

それでは、次回は、古代史ミステリーと題して、邪馬台国の所在地の謎に迫ります。

 

参考文献

● 邪馬台国の考古学(魏志東夷伝が語る世界)東潮 著 角川選書

● 邪馬台国の滅亡(大和王権の征服戦争)若井敏明 著  吉川弘文館

● マンガ 日本の歴史2巻(邪馬台国と卑弥呼のまつりごと)石ノ森章太郎 作  中央公論社

● 新訂 魏志倭人伝 他篇(中国正史日本伝①) 石原道博 編訳 岩波文庫

● 邪馬台国論争 (佐伯有清 著 岩波新書)

● 古代史疑 (松本清張 著 文藝春秋)

● 日本書紀 (講談社学術文庫)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

コーノ・ヒロ

コーノ・ヒロ

投稿者の記事一覧

歴史好きのライターです。
福祉関係の仕事をしつつ、物書きの仕事も色々としています。

小説や詩なども、ときどき書いています。
よろしくお願いします。

好きな歴史人物

墨子、孫子、達磨、千利休、良寛、正岡子規、

モーツァルト、ドストエフスキー など

何か一言

歴史は、不動の物でなく、
時代の潮流に流される物であると思っています。

それと共に、多くの物語が生まれ、楽しませてくれます。

関連記事

  1. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計
  2. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?…
  3. 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当…
  4. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  5. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  6. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かり…
  7. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  8. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2
  2. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  3. 【日本神話の逆襲】卑弥呼に国を奪われた大国主とニギハヤヒの復讐
  4. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後
  5. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  6. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい? 周瑜公瑾の輝かしい功績 【朝まで三国志 2017】周瑜、郭嘉、荀彧も参戦のお知らせ 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将 【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍
  2. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに?
  3. モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  5. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  6. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  7. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  8. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP