法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族

王翦




王翦

 

漫画キングダムでは、趙攻略の総大将として、桓騎(かんき)

楊端和(ようたんわ)を束ねる将軍・王翦(おうせん)

さらには、王翦の息子の王賁(おうほん)は信(しん)や

蒙恬(もうてん)と共に、鄴攻略の遊軍を任されるなど後継者の心配もありません。

では、この王翦の一族は、今後どうなるのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




王翦は用心深く天寿を全うした

王翦

 

王翦の本格的なデビューは紀元前236年で、

まさに現在のキングダムの状態とドンピシャで重なります。

漫画では昔からのベテランに見えますが、そうではないようです。

王翦は今回の戦いで、鄴を含む趙の9城を落し、紀元前228年には、

李牧(りぼく)誅殺の3カ月後に、趙軍の趙怱(ちょうそう)や

顔聚(がんしゅ)を破り趙の首都、邯鄲を陥落させています。

 

信 キングダム

 

その後も燕を平定したり、李信(りしん)蒙恬(もうてん)

楚で大敗した後の始末をし、襲撃して来た楚の項燕(こうえん)の攻撃を

函谷関で防ぎ、さらに蒙武(もうぶ)と共に反撃して項燕を破り、

楚王になっていた昌平(しょうへい)君を敗死させ楚を滅ぼします。

 

しかし、王翦は、功積を立てても用心深く、あえて恩賞をねだるなどし、

俗物であるかのように見せ掛け、ついに始皇帝に疑われる事なく

そのまま天寿を全うしたようです。

 

関連記事:キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!




王賁は、戦国を統一する快挙を成し遂げる

王賁

 

王賁は、王翦の息子ですが、あまりキングダムでは絡みがありません。

というより情が感じられない不気味な父を憎んでさえいるように見えます。

さて、王賁ですが、紀元前226年の燕攻めが記録に見える初見です。

この時は王翦と親子で出陣して、燕王喜(き)を遼東に逃亡させます。

さらに翌年には、魏を攻めて、都大梁を水攻めにして包囲し

魏王假(か)を降伏させて魏を滅亡させています。

 

 

そして紀元前221年、李信蒙恬と共に、最期に残った

斉の都、臨淄(りんし)を包囲して斉王建を降伏させ秦の天下統一を完成させます。

その功積で紀元前219年、通武侯に封じられます。

王賁がいつ頃亡くなったか分りませんが、息子の王離が活躍している事から、

趙高(ちょうこう)による功臣粛清は免れたのかも知れません。

 

関連記事:馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

王離は章邯の配下として反秦連合軍に立ち向かう

王賁

 

王離は紀元前219年に武城侯に封じられます。

父は通武侯なので、王賁が死んだから後を継いだわけではなさそうです。

王離の活躍は、それから11年後、紀元前208年で、

陳勝・呉広の乱を鎮圧する為に章邯(しょうかん)の配下として

従軍したのが始まりです。

 

さらに陳勝が滅んだ後は、その残党の張耳(ちょうじ)と

趙王歇(あつ)が立て籠る鉅鹿城を章邯の命を受けて、

同僚の渉間(しょうかん)・蘇角(そかく)と共に包囲します。

総大将、章邯が補給線を守った事もあり鉅鹿城は陥落寸前に追い詰められました。

 

張耳の盟友である陳余(ちんよ)や各国は趙を救援しますが、

秦軍の勢いを目の当たりにし、遠巻きに陣を築いて見守るばかりであった

というので王離の武勇は父や祖父に劣らず優れていたのでしょう。

 

翌年、楚の項羽(こうう)の命を受けた当陽君・蒲将軍が趙に来援しますが、

この戦いも王離は補給線に守られて優位に進めます。

ところが、反秦連合軍の主将である項羽が登場すると補給線を断たれて

兵糧が不足、さらに章邯が項羽に撃破されて撤退してしまいます。

 

ここで、黙って鉅鹿城を見守っていた陳余や各国の連合軍が殺到、

同僚の渉間は自殺、蘇角は破れて戦死し、王離は捕虜になりました。

 

その後の王離がどうなったのかは分りません。

しかし記録がないという事は殺された可能性が高いでしょう。

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

王離の子供には、王元(おうげん)、王威(おうい)がいて、

それぞれ落ち延び、王元が瑯邪(ろうや)王氏の祖、

王威が太原(たいげん)王氏の始祖になったと伝えられます。

 

瑯邪王氏は、東晋の時代の名門として、王祥(おうしょう)、王敦(おうとん)や

王導(おうどう)、王羲之(おうぎし)などの人物を輩出したそうですが、

これは後年の新唐書の記録で漢の時代の子孫と言われる王吉の伝がある漢書では、

王離との関係が触れられていないという事から信憑性には問題があるようです。

 

子孫の話は抜きにしても、王翦、王賁、王離と三代が優秀だったとは、

さすが王翦の一族だと言えますね。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  2. 関羽VS華雄 21話:汜水関の戦いの功労者
  3. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  4. 美女を集めた曹叡 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入
  5. 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「…
  6. ネズミで人生を変えた李斯 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  7. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人…
  8. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 城 銅雀台
  3. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  4. 孔明 東南の風
  5. 孫武(ゆるキャラ)

おすすめ記事

  1. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州(よしゅう)編 関羽と周倉
  2. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族
  3. 【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い 呉蜀赤壁の戦い
  4. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操 現実主義曹操
  5. 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮
  6. 【第5回 幻想少女】ついに董卓との決戦!みんな大好き・袁術様も登場だ!!

三國志雑学

  1. 船冒険する諸葛直 船
  2. 年を取った司馬懿
  3. 袁家をイジメる董卓
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽は神様
  2. 若かりし劉備 チャライ★
  3. 蜀の姜維

おすすめ記事

【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード 賈詡 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する? 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集 明智光秀は妻一筋の愛妻家だった キングダム 本ネタバレ536話「大将軍の景色」 カール・マルクス 資本論には何が書いてあるの?【前編】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP