広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!

この記事の所要時間: 221




陳寿

 

陳寿(ちんじゅ)が書いた正史三国志は、裴松之(はいしょうし)に増補され、

明の時代に至り三国志演義(さんごくしえんぎ)に発展していくまでに

戯曲や寸劇になり中国社会に広がっていきました。

 

曹操の三顧の礼02 荀彧

 

やがて、それらに触発されて民話の中に三国志の英傑達は出現していき、

荒唐無稽ながら、何らかの娯楽、教訓、時代背景を伴い現代まで伝承されています。

今回は、そんな民話の三国志から司馬懿(しばい)について解説します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




諸葛亮孔明と司馬懿は学朋だった?

孔明と司馬懿

 

さて、岩崎美術社から発行された、「三国志中国伝説の中の英傑」という本の中には、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)と司馬懿仲達(しば・い・ちゅうたつ)が、

かつて学朋だったという民話らしい荒唐無稽な話があります。

 

昔、孔明がまだ若かった頃、司馬懿と学友だったという話がある。

二人の師は高名な兵法家で、自分の兵法の奥義を孔明と司馬懿のどちらか一方に

継がせたいと思っていた。

 

ある日、師がいつものように講義をしていると山から樵(きこり)が転げ落ちてきた。

それでも師は、構わず講義を続け司馬懿も何事もないように講義を聞いていた。

だが、孔明だけは、樵の所に飛んでいき助け起こしてから戻ってきた。

 

また、ある日の事、孔明の下に「母危篤」という手紙が届いた。

孔明は驚き、即座に師に休暇を願い出て、泣きながら故郷へ戻っていった。

まもなく司馬懿にも「父危篤」という手紙が届いたが、

司馬懿は一瞥して、手紙を一通出しただけで片づけた。




師匠が危篤に陥った時の二人の反応・・

司馬懿

 

それから一年後、師は病に罹り、司馬懿と孔明は交互に看病するようになった。

しかし、師の病はいよいよ重くなるばかりで、とうとう司馬懿が看病している時に

意識不明の重体に陥った。

 

すると、司馬懿は、これ幸いと師匠が隠していた奥義の書を盗み出し、

重病の師匠を放置して、さっさと家を出て行ってしまった。

その時、孔明は薬草を積みに山に入っていて、何も知らなかったが、

ちょうど家へ戻ってきた頃に師匠は目を覚ました。

 

師匠は起き上がり、司馬懿の姿がない事を知り全てを悟った。

そして、寝台の下に隠していた奥義の書を取りだして孔明に告げた。

 

「私が死んだら、亡骸もろとも、家を焼き払いなさい。

そして、どこか遠くに行って、この書の奥義を極めるようにせよ」

 

それからしばらくして、師匠は死んだので、孔明は遺言どおりに、

亡骸ごと家を焼き払い、南陽の臥龍崗(がりゅうこう)に住んで奥義を研究した。

 

司馬懿が奥義の書を開くとそこには・・

司馬懿

 

一方、師を見捨てて逃げた司馬懿は、せしめた奥義の書をさっそく開いた。

すると、そこには延々と白紙が続き、最期にこう書いてあった。

 

「天下を治めるには、親に孝養を尽くし、民を愛さねばならぬ、、

その二つが欠けている人間にどうして奥義が極められよう?」

 

司馬懿は、それを読んで驚くやら悔しいやら腹が立つやら・・

 

司馬懿

 

「あのクソジジィ、ワシを騙しおって、こうなれば力づくだ!」

 

司馬懿は徒党を組んで、師匠の家を襲おうとしますが、その頃には、

家は孔明によって焼き払われ、跡形もありませんでした。

 

司馬懿は奥義が孔明にさらわれた事を知り地団駄踏みますが、

全ては手遅れでしたとさ・・

 

三国志民話ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

この民話は、孔明を山から落ちた樵を助けたり、母の危篤に急いで家に戻るなど

人情のある善人として書いている半面で、司馬懿を目的(奥義の入手)以外の

何事にも関心を示さない冷酷な人物に描いています。

 

昔話によくある正直爺さん、いじわる爺さんのような対比ですが、

よくある曹操(そうそう)ばかりでなく、司馬懿も単独で悪役として

扱われている所に特徴があります。

優れた軍師は人格にも優れているのだ!という勧善懲悪的な内容ですが、

三国志演義では兵法でも孔明に劣り、民話では、人格でも落ちる扱いをされるとは、

司馬懿がいささか可哀想でもありますね。

 

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  2. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  3. 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの?
  4. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  5. 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ
  6. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  7. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  8. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  2. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】
  4. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  5. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  6. 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから? 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦 これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

おすすめ記事

  1. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2
  2. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  3. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将
  4. 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍
  5. はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び
  6. 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  7. 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面
  8. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP