そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陸遜 呂蒙

 

孫呉においては、総司令官は周瑜(しゅうゆ)に始まり、魯粛(ろしゅく)

引き継がれて呂蒙(りょもう)にバトンタッチ、最期は陸遜(りくそん)

終わるというのが定説だと思います。

しかし、実はこれ間違っているのです、どこで間違っているのかと言うと、

呂蒙が臨終間際に後継者に指名したのは、陸遜では無かったからなのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの?


意外!呂蒙が後継者に指名したのは、あの○○だった!

呂蒙 孫権

 

西暦219年、関羽(かんう)を破り荊州南郡を奪った後、呂蒙は病が重くなります。

孫権(そんけん)は医師も祈祷師も総動員しますが、病気は平癒しません。

そこで、孫権は万が一を考えて呂蒙に聞きました。

 

「卿が起てなくなるようなら、誰を代わりにすればよいだろう」

すると呂蒙は暫く考えてから、

「朱然の胆力と実行力は有り余るほどです

愚考しますに私の後を託すに充分でしょう」

こうして、呂蒙は42年の激しい生涯を閉じました。

 

原文:權問曰 卿如不起 誰可代者 

蒙對曰 朱然膽守有餘 愚以為可任 蒙卒

朱然

 

そうです!呂蒙が後継者に指名したのは陸遜ではなく朱然(しゅぜん)だったのです。

 

関連記事:病気の呂蒙を穴から見守る孫権

関連記事:呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ


呂蒙はどうして朱然を後継者に選んだのか?

朱然

 

朱然が名将であるのは、誰もが認める事ですが、それでも陸遜を差し置いて、

呂蒙の後継者と言われると「えっ?」と思う人が多いでしょう。

しかし、それは後年の夷陵の戦いでの陸遜の大活躍が脳裏にあるからです。

西暦219年の時点では、実際の手柄は朱然の方が高い上に、

彼は孫権の学友という立場で少年時代から孫権とは竹馬の友でした。

 

呉の総司令官は、主君である孫権との意思疎通が欠かせません。

呂蒙は、その点から朱然を後継者に選んだのでしょう。

 

関連記事:朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍

関連記事:呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生


どうして陸遜が後継者だと誤解されたのか?

陸遜 孫権

 

では、どうしてハッキリと史書に朱然を後継者とすると記されているにも

関わらず、後世、陸遜が呂蒙を継いだように誤解されているのでしょう?

 

それは、どうやら、呂蒙が病気で荊州を離れた時の孫権とのやり取りが

原因であるようです。

 

原文:蒙至都、權問 誰可代卿者 

蒙對曰 陸遜意思深長 才堪負重 

觀其規慮 終可大任

 

呉志、陸遜伝では、呂蒙の病が重くなり、荊州から建業に帰還した時、

孫権は「誰をそなたの代わりにすればよいか?」と聞いています。

 

注意すべきは、ここではまだ呂蒙は病床に伏す程ではない点です。

 

つまり、孫権は呂蒙に代わり、関羽にぶつけるのは誰がいいか?

と聞いているだけで呂蒙の後継者を聞いているわけではないのです。

それに対して呂蒙は「陸遜なら思慮深く、大任にも耐えられる器です」

等と答えています。

 

そして、続く文では、陸遜は無名であり関羽も警戒心を持っていないから

計略には適任だとしています。

この文面だけでも、呂蒙は自分に代わり関羽に当てる人選を陸遜としただけで

自分の後継者だと言っていない事は明らかです。

 

何より呂蒙は、この段階では自分が死ぬとは思っていないので、

後継者などという発想はないでしょう。


  

夷陵の戦いで陸遜が総大将になったのは何故?

陸遜

 

しかし、実際に西暦222年、劉備(りゅうび)が関羽の仇討ちと称して

呉に攻め込むと、孫権は総大将を陸遜として大都督、仮節に任じています。

まるで、呂蒙の遺言を反故にしたようですが、これは何故でしょうか?

 

絶対の理由ではないですが、矢張り、陸遜が江東の名士であるという事が、

大きいのではないかと考えます。

朱然は、孫権の子飼いの武将であり、孫家の重臣ではありますが、

江東社会では新参者に過ぎません。

一方の陸遜は、江東の名士であり、夷陵の戦いが呉の総力戦になると考えると

豪族層の支持を繋ぎとめたいという孫権の打算があったのでしょう。

陸遜の妻は孫策(そんさく)の娘で、それを斡旋したのは孫権です。

 

潘璋

 

とはいえ、江東の名士には文句がない人選でも、孫家の将軍達には大不評で

潘璋(はんしょう)、宋謙(そうけん)、韓当(かんとう)徐盛(じょせい)のような

古参の将は、大した実績が無い陸遜の下で働く事に大ブーイングで、学級崩壊寸前。

陸遜は孫権に与えられた剣に手を掛けて脅し、言う事を聞かせた程でした。

 

ただ、朱然は孫権に無視されたのではなく、五千人を督して先鋒を勤め、

陸遜と協力して戦ったと書かれています。

朱然が不満組に加わっていないのは、孫権に因果を含められて、

よくよく諭されたからではないかと思います。

 

西暦245年に陸遜が憤死すると、孫権の信任は朱然に集まりますが、

皮肉にも、その頃に朱然は病気に罹り、4年後に病死しました。

 

関連記事:【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

関連記事:【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

 

三国志ライターkawauso独り言

kawauso 三国志

 

こうして、陸遜は呉の存亡の危機を救った事により、

結果として呂蒙の後継者としての地位を確立していったと言えます。

朱然としては可哀想な所ですが、さっぱりとした性格の彼は、

この事を気に病まなかったようです。

そんな事を気にするような人なら、夷陵でも不平組に属して陸遜に、

ブーブー言ったでしょうしね。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮
  2. 袁紹を説得しようとする田豊
  3. 羌瘣
  4. 司馬懿
  5. 甄氏(しんし)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP