キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌

曹操 詩




曹操 詩

 

曹操(そうそう)は兵法家であり、経済家であり、同時に武芸にも優れ

卓越した詩人でもありました。

特に曹操が力を入れたのは詩を造る事であり、戦場においても竹簡と書刀を持ち

片手に武器を持ちながら、感情の赴くままに詩を書いています。

その中には、董卓(とうたく)歌という不思議なタイトルの歌までありました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




董卓宛てなのに董卓が出てこない不思議な歌

董卓

 

それは、三国志魏志 袁紹(えんしょう)伝に引く、王粲(おうさん)の

英雄記に記述があり、内容は以下のようなものです。

 

德行不虧缺 變故自難常 鄭康成行酒 伏地氣 郭景圖命盡於園桑

 

現代の意味だと以下のようになります。

 

「徳行に欠ける行いがなくても、変事が起きると人生を全うするのは難しい

鄭玄(ていげん)は酒盛りをしている途中に地面に伏して息絶え、

郭図(かくと)は桑畑で人生を終えた」

 

たったこれだけの内容なのですが、不思議な事に董卓歌と言いながら、

董卓の「董」の字も出てきません、これは何を意味しているのでしょう?




董卓歌は、官渡の戦いの後に造られた・・

官渡の戦いと2

 

この詩に出てくる二人の人物、鄭玄と郭図ですが、鄭玄は後漢末の高名な儒者ですが

西暦200年に袁紹の下で重く用いられる事なく死んでいます。

また郭図は「出ると負け軍師」としてお馴染み袁紹軍師ですが、袁紹没後の

後継者争いで、袁紹の長子である袁譚(えんたん)を押し、末子袁尚(えんしょう)を

押す審配(しんぱい)等と激しく対立し内紛を演じた挙げ句に、

西暦205年に南皮で曹操によって殺されました。

 

つまり、この歌は董卓歌などと言いつつ、その造られた時期は西暦205年以後

曹操最大のライバルだった袁紹が亡くなった後なのです。

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

 

曹操は対照的な二人の人物の人生に世の矛盾を見た

 

そうなると、ますます、この歌の意図が分らなくなりますが、

注意深く見ると、登場する二人の人物が対照的な人生である事に気がつきます。

つまり、鄭玄は徳行に厚く、山賊でさえ、その命令に服して掠奪を止める程、

一方で郭図は、当人に言い分はあれど、主君の家を二分させ滅ぶ原因を造った

徳行には欠ける人であると言わないといけません。

 

しかし、この二人は非業の死を遂げたという点では全く同じなのです。

それこそ曹操の言う、徳行に欠ける所が無くても変事に遭えば人生を全うするのは

難しいという意味にかかってくるのでしょう。

 

ニヒリストの曹操は徳と寿命は無関係だと断じた

曹操

 

つまり、曹操はこのように言いたいのだと思います。

 

「徳を積んだからって何になる?悪逆非道だから何だというのだ?

そうした所で寿命には何の関係も無い、変事があれば死ぬヤツは死ぬ」

 

曹操は徹底した合理主義者でニヒリストでした。

彼は因果応報など信じていない、良い事をしたからとて寿命が延び

幸福な人生を送れるとは限らないし、悪行を為しても天寿を全うする

そういう人間もいると言いたいのでしょう。

善悪に関係無く、変事を乗り越えられない間抜けは死ぬと断じるのです。

 

タイトルの董卓歌は、思う存分にやりたい事をやって死んだ董卓に

一定のリスペクトを向ける意味でつけたのではないでしょうか?

 

関連記事:三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

 

司馬遷も史記に込めた、世の中の理不尽

 

曹操のイミシンな董卓歌の命題は、すでに前漢の司馬遷(しば・せん)が指摘します。

史記(しき)は単純に歴史の記録ではなく、天は存在するのか?もし、天が存在するなら、

主君の紂王(ちゅうおう)を殺した不忠な武王の世の中で生きる事を拒否した

伯夷(はくい)と叔斉(しゅくせい)が首陽山で餓死する事になり、山賊で人殺しの

盗跖(とうたく)が盗んだ財宝で富んだまま長寿を全うしたのは何故なのか?

という司馬遷の天への疑問の答えを求めて書いています。

 

曹操はそれを受け、善行を勧める天などいない、だから精一杯、

自分がやりたい事をし、面白く生きるが良いと董卓歌の中に答えを込めたのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

かくいう曹操も、徐州虐殺など後世から後ろ指を指される事をやっています。

しかし、何であれ信念を持ち、俺は正しい、そう思って生きるより仕方ない

どうせ死ぬ時には死ぬんだからと腹を括っているのです。

 

官渡の戦いで袁紹を倒し、いよいよ曹操は天下統一に王手をかけます。

今後も山ほどの血を浴び、数えきれない程の理不尽をなそうとも

悪行に怯え、ここまでやってきた己の人生は曲げない・・

 

曹操の董卓歌には、そういう決意が込められているように感じます。

 

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 石川克世 石川克世って、何者?
  2. 荀攸 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない…
  3. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  4. 于禁と曹操 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  5. 解煩督 呉 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊
  6. 曹操の弱点(蟻) 曹操には弱点はないの?
  7. 玉璽に興奮する袁術 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?
  8. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占い…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  2. 黄月英
  3. 陸遜
  4. 船冒険する諸葛直 船
  5. 曹休
  6. 陸遜 剣と刀
  7. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  8. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志

おすすめ記事

  1. アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は? 鎌倉時代の侍
  2. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ 呂壱と孫権
  3. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】 孔明君のジャングル探検
  4. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  5. 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介 阿部正弘
  6. 【江南八絶】孫呉を支えた!絶技を持った八人のプロとはいったい誰?

三國志雑学

  1. 劉備 婿
  2. 曹操 孔明をチェック
  3. ブチ切れる曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 悪党(鎌倉)
  2. 袁紹にお茶を渡す顔良
  3. 劉備の黒歴史
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 関羽と周倉
  6. 合肥の戦いの満寵

おすすめ記事

燃える本能寺 本能寺の変で織田信長を討った黒幕はスペインだった 孔融と禰衡 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 桃園兄弟 『三国志』人気を数字から考えてみる 呂蒙 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!? 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介! 龐徳の子や孫は一体どんな人なの!? 曹操 詩 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP