はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第4回】

この記事の所要時間: 237




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志みんなで作戦会議」のコーナーです。

 

 

自称・皇帝を名乗ってあっけなく滅亡した袁術に注目。

どうすれば彼が天下を獲れたのかをみんなで考える第4回目になります。

皆さん、何かいいアイディアは浮かびましたか。

安易に、諸葛亮孔明と周瑜と龐統と魯粛と呂蒙と・・・・・・人材を集めていく!

なんていうのはダメです。

どうやってその人材を確保するのかという手段が大切なのです。それを話し合いましょう。

さあ妄想の世界へ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】

前回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】

前回記事:袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】




曹操追撃

 

西暦194年4月、徐州征伐に出兵していた曹操の本拠地が乗っ取られます。

陳留太守の張邈が反旗を翻したのです。

協力者は天下無双の呂布と軍師・陳宮です。

兗州のほとんどの郡や県が張邈に付きました。

兗州に残っている曹操の勢力は荀彧・夏候惇・程昱ぐらいです。

袁術軍は徐州への援軍に向っている最中にその報を聞きつけます。

曹操は急ぎ撤退。徐州の陶謙や劉備は大混乱でその異変にも気が付いてはいません。

ここは曹操の背後を突くチャンス!!

曹操旗下の猛将らを一網打尽にしてしまうことも可能です。

本拠地の寿春にはわずかな兵を残しておけば充分でしょう。

誰も攻めてはきません。

とにかくスピードが命です。

袁術自ら本陣を率いつつ、先鋒には紀霊を命じます。

さらに仕官して間もない孫策も先陣に入れ込みます。

何せあの江東の虎の異名を持つ孫堅の遺児なのです。

猛将になる素質は充分なはずです。

張勲や橋蕤の部隊にも追撃を命じます。目指すは憎き曹操の首です。




曹操の策

 

これに対して曹操はどのような策を講じてくるでしょうか。

兗州には張邈の他にあの呂布が待ち受けているのです。

撤退に疲れた兵で勝てるわけがありません。

勝てるとしたら敵の守りが固まる前に奇襲することぐらいでしょうか。

先陣を速攻で兗州に向かわせているはずです。

だからといって、戦上手の曹操ですから、

やすやすと袁術軍の追撃を受けるとも考えにくいですね。

撤退の殿は誰にするでしょうか。楽進あたりかな。于禁もいますね。

呂布に対して速度をもって当たることを考えると夏侯淵は撤退軍の前衛でしょうか。

曹仁もこのときは騎兵を率いていますから撤退の最前線でしょう。

曹洪も記録では本陣よりも先行して敵の砦を陥落させていますから後方にはいませんね。

ちなみにこの後の戦いで袁術軍の橋蕤は曹操軍の楽進に敗れています。

もしかしたら袁術は本当に曹操追撃の兵をあげていたのかもしれません。

で、曹操軍の伏兵に痛撃されたとか。

曹操自身が殿にいるということも考えられますね。

この場合、紀霊・張勲・橋蕤・孫策で曹操を討てたでしょうか。

皆さんはどう考えます?

 

もしも曹操を討っていたら

 

討ちもらしたら歴史のままなので、ここは紀霊あたりが曹操の首級をあげたことにしましょう。

大手柄ですね。三国志で一番の武功になるのではないでしょうか。

曹操が死んで本陣は壊滅。楽進・于禁も戦死。

前衛の曹仁・曹洪・夏侯淵も最初はいい感じで敵陣を攻めますが、

曹操討ち死にの報を聞いてこらえきれなくなり崩壊。

兗州でなんとか勢力を保っていた荀彧も張邈に降伏。

夏候惇は逃亡。こうして兗州の曹操は滅亡です。

兗州を治める張邈はもともと冀州の袁紹とは仲が悪いので、自動的に袁術と同盟を結びます。

これで冀州の袁紹包囲網も完成しました。

北には公孫瓚、東には陶謙、南には張邈&呂布。

さらに南に袁術です。

そうか、曹操をこのときに討ち取っていたら袁術は天下を獲れたんだ!!(たぶん)

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

さすがの袁紹もこうなったら袁術に負けを認めるしかないでしょう。

袁家の家督はめでたく袁術が継ぎます。

なんかすごくうまくいきましたよ。問題は皇帝を自称するかどうかですね。

してもいいぐらいの勢力になっていますが。どうしましょう。

もう人材確保も必要ないかな。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

関連記事:袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  2. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  3. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  4. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  5. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナル…
  6. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  7. まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家
  8. 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 89話:龐統、涪水関を計略で落とす
  2. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座
  3. 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁
  4. リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  5. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説
  6. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

Webサイトリニューアルのお知らせ 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣 そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる! 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの? とっても皇帝になりたかった袁術 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?

おすすめ記事

  1. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?
  2. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  3. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  4. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?
  5. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)
  6. 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男
  7. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー
  8. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP