広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能

この記事の所要時間: 325




 

魏の二代目皇帝である曹叡(そうえい)

彼はおじいちゃんである曹操(そうそう)に似ており

戦の才能においては父・曹丕(そうひ)を超えておりました。

 

 

しかし内政においては父曹丕よりも熱心ではなく気まぐれな性格で、

孔明の北伐戦が行われている最中から土木工事を行っておりました。

土木工事を行うことで民衆の経済・流通を盛んにさせようとする作戦でしたが、

家臣達から幾度も止められてしまうのでした。

そんな皇帝曹叡ですが父曹丕のようにお気に入りの家臣がおり、

その名を秦朗(しんろう)と言います。

彼は曹叡に気に入られるほどの能力を持っていたのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!




袁術の娘と結婚したことによって運命が代わる

 

秦朗の父である秦宜禄(しんぎろく)は呂布(りょふ)に仕えている武将でした。

そんな彼はある日呂布に言われて袁術の元へ使者として派遣されることになるのですが、

これが彼の運命を大きく変化させる出来事になってしまいます。

袁術の元へ到着した秦宜禄は袁術の呼びかけによって結婚させられてしまいます。

彼が結婚した相手は杜氏(とし)と言い非常に綺麗な人でした。




関羽からのお願いを受けた曹操だが・・・・

 

呂布を討伐するために兵を出陣させた曹操は劉備軍の武将である関羽(かんう)から

「秦宜禄と申す者の奥さんに一目ぼれしてしまいました。

曹操様。呂布を討伐した際に秦宜禄の奥さんには手を出さないでください」とお願いされます。

曹操は「わかった」とすんなり応諾するのですが、

下邳(かひ)城を攻略して秦宜禄の奥さんである杜氏に会うと曹操は関羽との約束を破棄して、

自らの側室として彼女を受け入れてしまいます。

彼女には一人の男の子がおりました。

この子が後の秦朗となるのです。

 

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

 

張飛(ちょうひ)に父・(秦宜禄)が殺されてしまう

 

その後秦朗は曹操軍の味方となるのですが、一時期劉備につき従って行動を共にします。

秦宜禄は劉備が曹操の領地で反乱を起こし小沛(しょうはい)城を奪った際、

彼は張飛に「やっぱし俺帰るよ」と相談します。

すると張飛は激怒して「てめー今更何言ってやがる。逃亡は許さん」と

言って彼を殺害してしまうのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

曹操・曹丕に気に入られる

 

秦朗はその後曹操の元ですくすくと育っていき、曹操から気に入られておりました。

曹丕と年が同じくらいであったこともあり彼にも気に入られるという幸運を手にすることになります。

そして曹丕の皇帝時代にはかなり好き放題遊んでいたようですが、

曹操の時代も曹丕の時代も怒られることなく過ごすことになります。

 

関連記事:曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!

関連記事:曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介

 

明帝時代から少し心を入れ替えて働くが・・・・

 

魏の二代目皇帝として君臨した曹叡の時代になると彼は官職を貰うことになり、

彼自身もしっかりと働き始めます。

しかしたいして有能ではなく将軍としてもイマイチな人材で、

内政においても他の文官よりも劣っておりましたが、他の誰よりも優れていたことがありました。

それは明帝・曹叡に気に入られていることでした。

そのため彼は人材を推挙しなくても怒られることなく、

他の文官や将軍達からも嫉妬されていましたが、非難を受けることもありませんでした。

また明帝・曹叡に気に入られていることから賄賂がじゃんじゃん入ってくることとなり、

彼の収入は皇族の王よりも良かったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

明帝・曹叡はこのように大した人材でもないのに可愛がって側近に加えてしまいます。

父曹丕も蜀から投降してきた孟達(もうたつ)をめちゃくちゃ可愛がり、

彼を非常に厚遇して他の配下から「厚遇しすぎではないですか」と

不満をぶちまけられるほどだったそうです。

しかし孟達はそれなりに優秀であったため彼に不満を持っていた武将は多くいましたが、

国家を揺るがすほどではありませんでした。

しかし秦朗の場合大した能力もなく明帝から可愛がられていることで、

賄賂をたくさん貰うことになりますが、

彼に大きな野望などがなかった事が幸いして大事にはいたりませんでした。

しかし明帝曹叡の時代から少しずつ魏はおかしくなっていくことになります。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選

関連記事:【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていたってホント!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に…
  2. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  4. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  5. 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  7. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人…
  8. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?
  2. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  3. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  4. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  5. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  6. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介! 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】 86話:張松という男が劉備の運命を左右する  魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

おすすめ記事

  1. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  2. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!
  3. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  4. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  5. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  6. 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った
  7. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  8. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP