【大三国志 攻略7】大注目!序列第1位のあの同盟が登場!天下乱舞はどうなっているのか!?


【大三国志 GREAT KINGDOMS 攻略第7回】 2017年8月26日19:00現在

 

三国志ゲームファンの皆さまお待たせいたしました。

世の中のいろいろな三国志ゲームを、自称三国志マニアの「ろひもと理穂」が実際にプレイし、

三国志マニアの視点からゲームの魅力をお伝えしています

「はじめての三国志」の三国志ゲーム中継第4弾企画「大三国志」です。

 

 

「大三国志」が7月31日から配信されてまもなく4週間となります。

サーバーもどんどん増えていますが、

私は相変わらず最初のサーバーの1区「一騎当千」でプレイ中です。

州と州の間にある関所も6箇所開いています。

州同士の勢力争いも激しさが増している状態ですね。

私のいる青州は、冀州・兗州・徐州と接していますが、関所はどこも封鎖されたままです。

巨大勢力がひしめく中で私たちの同盟「天下乱舞」はどうなっているのでしょうか!?

今回は初の青州以外の同盟も登場です。

それでは第7回のゲーム中継を始めていきましょう。

 

前回記事:【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略RPGの三国志

前回記事:【大三国志 攻略2】同盟と高Lvの土地攻略!最高に面白くて眠れません!

前回記事:【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命!

前回記事:【大三国志 攻略4】Lv6の土地の頑強な反撃に遭い、2度も壊滅!攻略なるのか!?

前回記事:【大三国志 攻略5】分城のシステムを紹介します。青州最強の●●さんも登場!!

前回記事:【大三国志 攻略6】Lv7の土地攻略、青州より太守機能や最強部隊を一挙公開


「天下乱舞」の現状

 

私が2代目盟主を務めます同盟「天下乱舞」。

同盟勢力の序列が「41位」になっております。

同盟のLvも18となりました。勢力値は23,040です。

成員も28名ですね。

攻略した都市は、なんと、なんと!・・・ゼロです。

一度でいいから同盟メンバーでチャレンジしたい!

(ずっと言っていますが)

 

 

新しい官員として「はむす」さんと、「かぜたろう」さんが就任。

かぜたろうさんは外交責任者としても活躍してくれることになりました。

官員筆頭の「煉華」さんの勢力値は9,000を突破、3代目襲名の日も着実に近づいてきていますね。

 

そんな中、さらに同盟メンバーの結束を固め、

戦力を確認し合うべく指揮官の「プーシキン」さんが提案してくれたのが「Lobi」です

(私はこのLobiというアプリやシステムをまったく知りませんでした)。

Lobiに「天下乱舞」の部屋ができ、

そちらでメンバー同士でスクリーンショットなどを見せ合うことができます。

何か異変があったときにはこちらからメンバーにすぐ伝えることができるので便利ですね。

メンバー自身が映っている写真を見るのはとても斬新です。

 

 

「青州同盟」さんの「ゆ~ng」さんも青州専用のLobiを作ってくれて、

他の同盟メンバーとも交流できるようになっています。

ぜひ青州でプレイするときは「大三国志青州勢の会」にも参加してくださいね。


大三国志内「ろひもと」の現状

 

現時点で個人の勢力値の最高値は36,741です。

親交のある「狐寧」さんは3位です(もはや凄すぎてどれほど強いのかよくわかりません)。

私は「勢力値13,762」で300位圏外変わらず。

というか300位までも差が開いている気が・・・。

「名声14,169」「総兵力119,370」「同盟内の貢献値661.9万」となりました。

兵力はついに10万を突破。

 

土地の攻略は残念ながらLv7で止まっています。

Lv8の土地を攻略したいのですが、

まだまだ部隊の兵力、武将の戦法の質ともに不足していますね。

という以前にLv8の土地をほとんど見かけません。

見つけ出すのも一苦労です。

 

今回はLv6の上に「分城」を築いてみたので、特徴を一つだけお伝えします。

「施設」の中で「都督府」のLvを6まで強化すると、「銭荘」という特別施設が登場します。

こちらを開発し、強化することで本城の税収がアップするのです。

Lv5まで強化でき、Lv3で税収+36%、Lv4で税収+48%です。

しかし強化するために消費する資源はかなりの量になりますので、

MAXまで開発するのはなかなかたいへんですね。

 

 

Lv7の土地の上に分城を築くと資源量がアップする「技工所」、

Lv8の土地の上だと視野範囲が拡大する「塔楼」、

Lv9の土地だと武将の体力回復スピードを上げる「酒館」が開発できます。

 

 

分城を築くと「交易所」を開発できるようになりますが、

交易所が3つになると取引レートが「10:6」(それでも4割減ですが)になります。

交易所が1つよりかははるかに有利なレートです。

 

 

「石材」や「鉄材」が不足しがちなので助かりますね。


今日の武将紹介

前回は狐寧さんの強力武将をご紹介しましたが、今回は私の武将の中からです。

魏の名将「夏侯淵(かこうえん)」です。

曹操と親族ですが、曹操の妻の妹を正妻にしており、まさに兄弟同然の関係です。

三国志演義では弓の名手として登場しますが、「弓兵」ではなく「騎兵」ですね。

三日で五百里を進むという進撃の速度で奇襲攻撃などが得意だったようです。

こちらの夏侯淵は三国志正史寄りなのかもしれません。

 

★5つでCOST3、攻撃距離は3、「攻撃」と「速度」が高め、

初期戦法は「虎歩関右」です(ネーミングからは効果がまったく想像できない)。

有効距離は1で、発動確率100%(必ず発生するということですね)、

自分自身に影響を与え、毎ターン最初の物理系攻撃で与えるダメージが上昇するというものです。

画像では「連戦」の戦法と絡ませていますが、連続攻撃となってもダメージの上昇はありません。

 

 

今回は特典として最初にプレゼントされた魏の初代皇帝「曹丕」もご紹介しましょう。

「弓兵」で★5つ、COST2.5です。攻撃距離は4です。

初期戦法は「魏武之澤」で、Lv10まで強化してみました。

発動確率は35%で、有効距離は2。

自身と味方単体の物理系攻撃ダメージが25.0%増加し(知略の影響を受ける)、2回攻撃を行います。

増加率は小さいですが、2回攻撃は嬉しいですね。

初期戦法をLv10まで強化したため「覚醒」しています。

(覚醒するためにLv5の武将2名を素材として消費する必要がありました)

 

ちなみに曹丕は献帝より禅譲を受け、魏王朝を開いたわけですが、

その際に父である曹操に武帝の追号をしています。

中国では武より文を重んじますので、武帝より文帝の方が上です。

曹操が武帝となりましたので、曹丕は文帝の諡号を受けています。

曹操は生前から「自分は周の文王たればよい」(子の武王から追号)と

話をしていましたが、逆になっていますね。

どうやら曹操の遺志は正確には曹丕に伝わらなかったようです。


  

 

天下乱舞メンバーからのイチオシ妻

 

「うちの妻はこんなにいい女だ!!」という自慢合戦が同盟内であったのでご紹介します。

大三国志は他の三国志ゲームと異なり

女性化しているようなキャラは存在しないので、女性は貴重なのです。

自慢したくなるメンバーの気持ちもよくわかります。

私の陣営にも「何太合」「大喬」「杜氏」の3名しかいません。

 

まずは第一レーン、「独狐求敗」さんより「王美人」と「甘皇后」です!

いきなり一夫多妻ですね(どちらかだったかもしれませんが記録が残っていませんでした)。

しとやかな感じがいいですね。癒されます。

 

 

続きまして第二レーン、「バナナー」さんより「呂姫」です!

おそらく呂布の娘でしょう。プロポーション抜群ですね。

これは自慢されても反論できません。

 

 

最終第三レーン、「はむす」さんより「孫尚香」です!!

おー、★5つですね。孫堅の娘で、武勇に優れ、劉備の奥さんだったこともありました。

しかし凄いビジュアルです。

かなり硬派なゲームだと思っていましたが、こういう一面もあるのだと驚きました。

 

 

かなりのレアなのではないでしょうか。

 

最強同盟「魔王殿」盟主「海王」さん登場

 

天下態勢の「十八路諸侯」が終了し、

同盟第1位だったのが荊州の巨大同盟「魔王殿」さんです。

1区のサーバーでプレイしていてこの同盟を知らない人はいないでしょう。

 

 

同盟Lv33、成員数なんと182名、攻略した都市24、勢力値が278,160です。

天下乱舞の勢力値の10倍以上になります。

かなりのぶっちぎり状態ですね。

すでにその勢力は荊州から揚州へと拡大しています。

盟主は「海王」さん、副盟主は外国の方で、

指揮官が外交を担当しているそうです(さすがネットゲーム、ユーザーもグローバルです)。

 

盟主の海王さん、成員は大人数ですが、すべての指示をだしているそうです。

今回は海王さんから大三国志攻略のポイントをお聞きしています。

はたして部隊の主力メンバーはどんな面々なのでしょうか。(すべて8月23日時点)

 

主力メンバーは「劉備」「賈詡」「陸遜」の3人でしたが、

これからは「劉備」「趙雲」「賈詡」の3人に変更するそうです。

賈詡がどれほど強いのか気になります。

海王さんの部隊の画像をいただきました。

これを見ると陸遜はLv41ですね。何太合はLv42になっています。

その他★5つの曹操や趙雲の姿も見えます。馬騰もいますね。

やはり武将の質は強くなるうえで重要な要素のようです。

 

 

効果的な戦法については、「渾水模魚」が一番のお勧めとのこと。

分析の材料は普通の曹丕。内容的には制御系の効果なようです。

ぜひ手に入れてみたい戦法です。

しかし、強力な戦法を入手するためには、

強力な武将を犠牲にしなければならないので踏ん切りが難しいですね。

 

画像をよく見ると本城の周囲に要塞がいくつもありますね。

いったいどのようになっているのでしょうか。

もう一つの画像を見てみると同盟メンバーの要塞が本城を取り囲んでいるのがわかります。

巨大な同盟同士の戦争になると盟主の守りもここまで強固になるのですね。

戦いが一晩ずっと続いたり、一日かかるという話をよく聞きますが、それもうなずけます。

 

 

はたしてこの魔王殿さんを上回る同盟が現れるのでしょうか。

それともこのまま天下統一まで突っ走るのか。

今後も間違いなく台風の目となりそうです。

いろいろお答えいただきありがとうございました!

 

今回は大注目の魔王殿盟主・海王さんにご登場いただきました。

ライバルの皆さんもぜひ頑張っていきましょう!!

私も少しでも追いつけるように精進いたします。

 

ということで、第7回のゲーム中継はここまでです。

ビッグニュースとしては、放浪中の「風雲」師匠が青州に来てくれるというお手紙をいただいています。

天下乱舞に加わってくれると心強いのですが、どうなるのでしょうか。

青州にも波乱は起きるのか!?

次回の更新は8月最終日を予定しております。お楽しみに!

 

次回記事:【大三国志 攻略8】今回は激戦中のあの巨大同盟が登場!天下乱舞にも波乱の予感

関連記事

  1. 曹操
  2. 夷陵の戦いで負ける劉備
  3. 城 銅雀台

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP