ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!

成廉、魏越、呂布




 

呂布(りょふ)の八健将とは、三国志演義で記述されている称号です。

三国志界の豪傑として知られる呂布 奉先(りょふ ほうせん)に従った八人の将に与えられた、

三国志演義における架空の称号です。

劉備(りゅうび)の率いた蜀の五虎大将軍と同じような類のものです。

今回は八健将の演義での活躍や立ち位置を紹介した上で、

なぜ八健将なるものが作られたのか、独自に考えてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち?




そもそも八健将の実力はどの程度?

 

八健将の将としての実力はどの程度だったのでしょうか。

そのメンバーは序列の順番から、張遼(ちょうりょう)

臧覇(ぞうは)、郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)、成廉(せいれん)、

魏続(ぎぞく)、宋憲(そうけん)、侯成(こうせい)ら八人です。

トップの張遼(ちょうりょう)は後の魏の五大将軍の一人であり、

二位の臧覇(ぞうは)は正史では呂布(りょふ)の盟友というポジションでしたので、

それなりの実力者でしょう。

とはいえ、名声等も踏まえると他の者が彼らと同程度にも見えません。

そこで、彼らの活躍から実力を考えてみます。

 

八健将の登場時期

 

三国志演義で初めて「八健将」という記載が出てくるのが、濮陽の戦いです。

この戦いは、曹操(そうそう)霊帝(れいてい)時代から、黄巾賊の討伐や董卓反乱軍での戦いを経て、

それなりの権力を得たため、親孝行しようと父である曹嵩(そうすう)を呼び寄せたところ、

徐州で殺害されてしまい、怒った曹操(そうそう)が徐州に攻め入ろうとしますが、

その時空いていた本国を呂布(りょふ)に攻められます。

慌てて引き返した曹操(そうそう)は城外に陣をとり、呂布(りょふ)と奪った城を守ります。

複雑な流れですが、この経緯で濮陽の戦いが始まり、このとき八健将が初めて現われました。




八健将の初陣

 

濮陽で初陣となりますが、この戦いもかなりの複雑な戦いですので、

彼らの活躍のみをピックアップします。

開戦時に、八健将の臧覇(ぞうは)と曹操(そうそう)軍からは五大将軍の楽進(がくしん)が戦い、

三十余合程打っても決着がつきませんでした。

また、張遼(ちょうりょう)と夏侯惇(かこうとん)も互角の戦いをしていました。

この後、呂布(りょふ)が曹操(そうそう)軍に向かって突撃したため、

曹操(そうそう)軍が総崩れとなり、敗走していきました。

この様子を見ると、張遼(ちょうりょう)と臧覇(ぞうは)はかなりの実力者と見えます。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

初戦後・・・

 

初戦の夜、曹操(そうそう)は五大将軍の于禁(うきん)の進言により、

守りの手薄な濮陽の西の砦に夜襲をかけようとしていました。

一方の呂布(りょふ)は西の砦に夜襲があるという前提で、逆に出し抜く策を試みました。

なお、この作戦を考えたのは呂布(りょふ)陣営の参謀の陳宮(ちんきゅう)です。

呂布(りょふ)は八健将の魏続(ぎぞく)・侯成(こうせい)に命じ、

兵を率いて西の砦を固めに行かせました。

この時、呂布(りょふ)の配下の高順(こうじゅん)も同行しましたが、

彼もそれなりの将のはずですが、なぜか八健将にはノミネートされてません。

 

八健将の次戦・夜襲

 

夜襲によって曹操(そうそう)は一時砦を奪ったものの、策が読まれていたため、

すぐに取り返され、逆に伏兵に追い詰められていきます。

追撃を逃れようとする曹操(そうそう)の退路を、郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)、

成廉(せいれん)、宋憲(そうけん)の四将が断ちます。

この窮地を当時の曹操(そうそう)軍ではトップクラスの実力者、

悪来 典韋(あくらい てんい)が救います。典韋(てんい)は、

短戟を十数本を握りしめ、部下に言いました。

典韋(てんい)「賊めらが十歩のところまで来たら知らせろ」

呂布(りょふ)軍の追手十数騎が後ろに迫った時、

部下が知らせ、短戟による投擲を行い、迫りくる敵を一戟一殺、一度も外さず倒していきます。

一方、呂布(りょふ)軍は追撃しているにもかかわらず、

敵に追い付くやバタバタ倒れていく友軍を見て肝を冷やしていました。

典韋(てんい)の力に恐れをなし、追撃を断念しました。

郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)、成廉(せいれん)、宋憲(そうけん)の四将も堪らず四散しました。

この場面のみを見ると、典韋(てんい)より八健将の四将は劣っているように見えます。

典韋(てんい)が豪傑とはいえ、優勢で多勢という状況でも恐れて逃げてしまいました。

 

謀略の第三戦

 

濮陽城内に豪家の金持ちの田氏(でんし)に内通して、

城を奪おうとする曹操(そうそう)と田氏(でんし)を抱き込み、

裏をかこうとする呂布(りょふ)の謀略戦が始まります。

なお、呂布(りょふ)軍の作戦を考えたのはやはり参謀の陳宮(ちんきゅう)です。

田氏(でんし)から「合図と同時に城内で門を開ける」と伝えられていた

曹操(そうそう)は開いた門から城内深部まで突き進みます。

ところが、城内に人影ひとつ見当たらず、違和感に気が付きます。

慌てて撤退しようとした曹操(そうそう)でしたが行く手を八健将達が遮ります。

ここで、曹操(そうそう)の行く手を阻んだ侯成(こうせい)を典韋(てんい)が追い払います。

その後、石火矢の火で燃え盛る城門の梁で大火傷を負いながら、曹操(そうそう)は撤退しました。

最終的にこの戦いは、蝗の大量発生で食糧不足となり、両軍戦闘続行不可能となりました。

 

演義から見える彼らの役回り

 

以上が八健将の演義上での活躍です。

活躍と言うには、追い払われたり逃げたりであまり「良い見せ場」と言った感じではありません。

実は、正史では彼らは演義のように一括りではなく、各々がそれぞれの生涯を持っています。

では、三国志演義の著者、羅貫中(らかんちゅう)は

どのような意図で彼らをこのように記したのでしょうか。

私、FMとしては、八健将の物語上の位置づけは、

一言で言えば、「引き立て役」であったのだと考えています。

メンバーのうち、郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)、成廉(せいれん)、宋憲(そうけん)、

侯成(こうせい)らは、典韋(てんい)に撃退され逃げ出します。

魏続(ぎぞく)は今回登場していませんが、彼は曹操(そうそう)軍に降り、

後に袁紹(えんしょう)の部下、顔良(がんりょう)に討ち取られます。

それ以外のメンバーも名のある将に討ち取られた形になっています。

羅貫中(らかんちゅう)は八健将のメンバーを誰かに討ち取らせることで、

その将の株を上げ、また物語を面白くしたのではないでしょうか。

 

三国志ライターFMの独り言

 

八健将に限らず、羅貫中(らかんちゅう)は物語を面白くするためのフィクションを随所に加えています。

正史では病死だった武将が、演義では他の将との戦いの中で討ち死にした、

というように変えられていることが多々あります。

これも、三国志の醍醐味、戦乱という様子を示すための脚色の一つなのでしょう。

また、八健将のことに関しては、「引き立て役」とはいえ、

張遼(ちょうりょう)と臧覇(ぞうは)は例外でした。

彼らは、正史でもそれなりの地位でしたのでそのように書かねばなりません。

張遼(ちょうりょう)は演義では後に五大将軍としての活躍を描きたいので、

八健将時代にもそれなりの活躍を書かねばなりませんし、

臧覇(ぞうは)は正史では呂布(りょふ)の盟友でしたので無碍にできません。

そうしたバランスを考えて物語を面白くしようとしたのかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?

関連記事:正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 曹操のムスコ達アイキャッチ2 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  2. 劉備の黒歴史 劉備は黄巾の乱の時に何をしていたの?どうやって軍資金を調達したの…
  3. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!…
  4. 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅と孫策の似てないところは一体どこ?
  5. 王莽 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  6. 関羽に無視される孫権 樊城の戦いの始まり、その原因は関羽に合ったって本当?
  7. 劉備と曹操 三国鼎立は悪人・劉備によって生まれた!世界史に三国志がほとんど載…
  8. 悩む司馬炎 【司馬炎の晩年苦労話】子孫繁栄出来るかな?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  2. 劉備と再開する趙雲
  3. 蜀の魏延
  4. おんな城主 直虎
  5. 周瑜の魅力
  6. 新選組の土方歳三
  7. 楊懐

おすすめ記事

  1. 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶
  2. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に 劉表死す
  3. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  4. キングダム最新605話ネタバレ「王翦の予想」レビュー キングダム54巻amazon
  5. 【謎の国】東丹国と悲劇の国王・耶律突欲はどんな生涯を送ったの? 耶律突欲
  6. 徐庶は史実ではちゃんと出世していた!やっぱり仕えるなら魏の方が良いの? 剣を持って戦う徐庶

三國志雑学

  1. ナポレオンと曹操
  2. 龐統
  3. 胡亥
  4. 幕末 魏呉蜀 書物


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 星彩
  2. 君主論24 曹操
  3. 亡くなる上杉謙信
  4. 一騎打ちをする太史慈と孫策

おすすめ記事

孔明のテントがある野外のシーン 三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ? 劉備、孫権、魯粛 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなったの? 関羽に無視される孫権 樊城の戦いの始まり、その原因は関羽に合ったって本当? 織田信長 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を攻略する織田家 武田二十四将(馬場信春)をメイン 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介 酔いつぶれる劉備玄徳 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主? 陸遜 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み出る陸遜 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年10月28日〜11月5日)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP