よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想




 

さて、大人気春秋戦国時代漫画、キングダムのネタバレレビューを行いましょう。

前回は、右翼の戦場に中央の李牧(りぼく)から、かつて趙の三大天、

藺相如(りんそうじょ)の武を務めた猛将、堯雲(ぎょううん)の率いる

1万人が出現した所で終わりになっていました。

そうなると、今回はいかに堯雲が強いかをPRする「煽り回」になりそうですが、

どんな話になっているのか、さっそくレビューしてみましょう。

 

※注意:この記事はキングダム541話、ネタバレが含まれています。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:【ネタバレ注意】キングダム540話 消耗戦 レビュー&今後予想




キングダム541話ネタバレレビュー 塩殿が堯雲を熱く語る

 

堯雲の援軍で意気上がる趙軍ですが、

そこで、無名の塩(えん)という部隊長が、堯雲について熱く語っています。

それによると、堯雲の軍勢の核は、2000の騎兵であり「雷雲」と命名された

藺相如の時代からの生え抜きの軍勢であるようです。

つまり、王賁(おうほん)と亜光(あこう)を苦しめるのは、

この堯雲直属の雷雲騎兵という事ですね。

 

そして、塩殿の口から、かつての趙の三大天、藺相如の突然の最期が語られます。

キングダムにおいては、藺相如は実力絶頂の時に若くして病死のようです。

それまで元気だったものが突然に死去したので、趙では、藺相如を幻の三大天と、

呼んでいるようです。

 

もちろん取り残された、部下、堯雲の悲しみは深く、邯鄲中の人間が、

堯雲の慟哭を聴いた程でした。




キングダム541話ネタバレレビュー 藺家十傑、続々殉死!

 

まあ、藺相如という人は、相当に部下に慕われた人のようで、

堯雲や趙峩龍(ちょう・がりゅう)だけでなく藺家十傑という豪傑がいたようですが、

藺相如の死でショックを受け、自ら激戦に身を投じて、次々と戦死したそうで

残ったのは趙峩龍と堯雲の二人だけという壮絶な有様になってしまった模様・・

 

おいおい、じゃあ、趙峩龍と堯雲は、藺相如の事より自分の命が大事だと

思っていたって事?と思いそうですが、それは違っていました。

 

実は、藺相如の臨終に間に合ったのは、趙峩龍と堯雲の二人だけで、

その時に、二人は藺相如に預言を託されて、決して後を追ってはならんと

釘を刺されたのだそうです。

 

キングダム541話ネタバレレビュー 堯雲と趙峩龍

 

さて、塩殿の塩解説が続く間に、堯雲と趙峩龍が邂逅しました。

以下は、二人の渋い会話です。

 

堯雲「こうも早く呼ばれるとは予想外だ」

 

趙峩龍「ふっ、俺も予想外だった」

 

堯雲「お前に予想外があるのか?峩龍」

 

趙峩龍「王賁という若き将がそれだ」

 

堯雲「俺は亜光と思ってきたが、それだけではないと」

 

趙峩龍「格はまだ遥かに亜光が上だ

だが間違いなく、いずれ王賁が追い越す、

それが三年後か、明日、今日の話しかも知れぬ」

 

どうやら、趙峩龍は、王賁をかなり買っているようで、

さらに何か言いたそうですが、堯雲はそれを制します。

 

堯雲「まあいい、相手の事より、まずは己の事だ」

 

こうして、堯雲は本気の戦争は十数年ぶりという、

戦いに突入するのです。

 

キングダム 541話ネタバレレビュー 藺相如の預言

 

秦軍の右翼に突撃する寸前、堯雲は趙峩龍に告げます。

 

「気づいておるか峩龍、、この地こそ、偉大なる主が、

最期に我等に預言された朱海平原だ」

 

趙峩龍は堯雲にその事を告げられ不覚にも涙を流します。

年齢の分、随分涙腺が緩んでいるようです。

 

さあ、堯雲、矛を押し立てて、

最強の雷雲騎兵隊と共に秦軍の右翼に激突します。

さすがの突破力、秦軍の前衛が砕け散っていきます。

まるでガラスのような砕け散り方と言っていいでしょう。

 

ここで臨終間際の藺相如と二人の様子が描かれます。

 

藺相如「夢を見た、お前達二人が、朱き地に勇ましく立ち

大いに敵を屠っておったわ、フフッ・・

二人には、まだ戦場が残っている、故に、絶対に後を

追ってはならん、よいな」

 

趙峩龍・堯雲「はっ!」

 

そういう事なんですね、藺相如の遺言とは、未来に朱海平原で、

堯雲と趙峩龍が敵と戦い、平原を朱に染めるという意味なのです。

だから、二人は命令の通り、殉死をせずに生き残った。

そして、藺相如の預言は成就した、そういう事でした。

 

キングダム(春秋戦国時代)ウォッチャーkawausoの独り言

 

ここで、このような預言が出されて、朱海平原が激戦となると

前置きされたからには、ここ朱海平原が、堯雲と趙峩龍、最期の地になりそうです。

藺相如は、ここで堯雲と趙峩龍が生き残ると予言したわけではないので・・

だからこそ、自分達の天命が終わるまでは死ぬなと諭したのでしょう。

つまりは、王賁(おうほん)や蒙恬のような新しい才能と入れ替るように、

堯雲や趙峩龍は没していく、その節目の戦いとして朱海平原が、

設定されているのではないかと思います。

 

もっとも、それまでには、多くの秦のモブ兵やモブ武将が、

バタバタ死んでいくとは思いますけどね。

 

次回記事:【ネタバレ注意】キングダム542話 楔 レビュー&今後予想

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?

関連記事:これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  2. キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌
  3. キングダム582話最新ネタバレ「最後の夜」レビュー記事
  4. キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー…
  5. キングダム 531話 ネタバレ予想:必殺の別働隊
  6. 【ネタバレ注意】キングダム542話 楔 レビュー&今後予想
  7. キングダム ネタバレ予想537話「王賁の覚醒」
  8. 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染み…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫武(ゆるキャラ)

おすすめ記事

  1. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない荀彧の甥
  2. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  3. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  4. 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始!
  5. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)

三國志雑学

  1. 兵戸制
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周倉
  2. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  3. 篤姫

おすすめ記事

中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった! 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな? 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄? 策士・参謀・軍師の役割の違いって何? キーワードは劉備の最期一文字に託された陳寿の思い 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの? インスタグラムはじめました。 馬に乗って戦う若き織田信長 明智光秀は悪人だったのか?

おすすめ記事

  1. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳 劉備 関平
  2. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱
  3. みにおん三国志とはどんなアプリゲーム?
  4. キングダムネタバレ予想、史上最も可哀想なボスキャラロゾを追悼
  5. kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」
  6. 三国時代のトレンドファッションは? 大喬と小喬
  7. 井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議
  8. 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP