法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ!




 

お酒に酔っ払ったり麻薬に酔っ払ったりしながら、役にも立たない

老荘思想(ろうそうしそう)のわけわかんない話ばっかりして

仕事もすぐやめちゃったりするしょうもないオッサン七人組。

竹林七賢(ちくりんしちけん)といえば、そんなイメージですよね?

しかし、彼らは酔いたくて酔っていたわけじゃないのです。

そこには涙なくして語れない、やむにやまれぬ事情が!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説




竹林七賢(ちくりんしちけん)のメンバー

 

よかミカンの偏見に満ちたメンバー紹介。

合格者は5名、失格者は2名です。合格と失格の違いを見つけてね!

ヒント:竹林七賢は司馬懿(しばい)曹爽(そうそう)と仲悪く

なり始めた頃から活動を開始したよ!

 

【合格者】

1.嵆康(けいこう)

メンバーのリーダー格。曹操(そうそう)のひ孫を妻とする。

鍾会(しょうかい)が嵆康の悪口を司馬昭(しばしょう)に

吹き込み、役立たず&高慢の罪状により死刑にされる。

 

2.阮籍(げんせき)

メンバーのリーダー格。司馬懿(しばい)や曹丕(そうひ)と

仲良しな蒋済(しょうさい)からお仕事のオファーがあった時に

断ろうとしたり、引き受けても病気といってすぐやめたりした。

儒者(じゅしゃ)を見るとホラー映画「リング」の貞子(さだこ)みたいな目つきで

露骨に嫌な顔をしたことで有名(「白眼視(はくがんし)」という言葉の語源)。

 

3、阮咸(げんかん)

阮籍の甥っ子

 

4、劉伶(りゅうれい)

お酒大好き、お酒のことしか考えてません、というポーズで乱世を乗り切った人

 

5、王戎(おうじゅう)

老荘の道を究めようとしていたけど竹林七賢の仲間が

つぎつぎと処刑されたのでビビッてドケチ道に転換して、

お金大好き、お金のことしか考えてません、というポーズで乱世を乗り切った人。

 

【失格者】

6、向秀(しょうしゅう)

嵆康たちがブラブラしてるのに向秀はガリ勉してたから嵆康たちにバカにされた。

嵆康たちが役立たず&高慢の罪状により処刑されるとビビッて就職した。

司馬昭に「君には隠者の志があると聞いていたが、なぜここにいるのかな?」と

からかわれ、「隠者は気難しいだけで聖王の心に及びません。敬慕するに足りましょうか」

と答えた。こりゃ竹林七賢の自己否定ですな。

 

7、山濤(さんとう)

司馬懿の妻・張春華(ちょうしゅんか)の甥っ子。

司馬氏の派閥に属しており、嵆康を朝廷に推薦したら

「與山巨源絶交書」(山巨源(さんきょげん)に与える絶交書)を突き付けられた。

リーダーに絶交されるレベルの失格者。




竹林七賢の資格とは?

 

合格者と失格者の違い。それは、政治から徹底的に逃げたかどうかです。

その政治というのは、司馬懿曹爽と仲悪くなって、司馬氏の派閥が

曹氏の派閥を一人また一人と抹殺していった時期の政治です。

つまり、竹林七賢は反・司馬懿派の政治結社なのです。

表向きは老荘思想の研究サークルという体裁をとっていたので、

司馬懿と仲良しの山濤も老荘思想つながりで一応仲間に入れて

もらっていたけれど、政治の話を持ち出したとたんにリーダーに絶交されております。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

なんで老荘思想(ろうそうしそう)なの?

 

司馬懿をやっつけるんなら、普通に「悪徳独裁者の一党支配にNO!

司馬氏の手から自由を取り戻そう!」って叫んでいればよさそうな

もんなのに、どうして老荘思想なのか。

そもそも、竹林七賢の老荘思想というのは、曹操(そうそう)が猫っかわいがりしていた

何晏(かあん)という人(ナルシストで有名)が始めた老荘思想研究

「玄学」がルーツです。

何晏曹操に我が子同然にかわいがられていたもので、

曹操の長男の曹丕(そうひ)とめっちゃ仲悪かったんですね。

その曹丕は司馬懿と仲良しで、司馬懿は儒者だったもので、

それと対立する何晏は儒者に対立する老荘思想を標榜したわけです。

三国時代の儒者と老荘の争いというのは、哲学論争じゃありません。

政治の争いなのです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

さて、この政治争い、結局は司馬氏一党の勝利、

竹林七賢は息を潜めて世をやりすごすこととなります。

阮籍の有名な詠懐詩(えいかいし)其(その)三十三にある

次の詩句も、彼らの生きた時代に思いを致しながら読むと、

ひとしお沁みますぜ……。

 

   終身(しゅうしん)薄冰(はくひょう)を履(ふ)む

誰か知らん我が心の焦(こが)るるを

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語

関連記事:黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった!

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 関羽に手紙を送る陸遜 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ…
  2. 解煩督 呉 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…
  3. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?
  4. ゆるい許褚 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  5. ネズミで人生を変えた李斯 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  6. 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  7. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの?
  8. 張飛の男気人生 張飛の身長は何センチ?2mを超える大柄な武将だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 親バカな諸葛孔明
  3. 曹植は軟弱ではなかった
  4. 鮑三娘(関索の妻)
  5. 気球 三国志
  6. 孔明 vs 司馬懿
  7. 凌統
  8. 蜀の魏延

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  2. 袁紹が得意とした坑道戦とは? 袁紹モグラ作戦
  3. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部 はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 李儒と三国志
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/21】
  6. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式

三國志雑学

  1. 献帝
  2. 于禁を虐める曹丕
  3. 蜀の姜維
  4. 三国志ライター黒田レン
  5. 城の前を掃除する孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  2. 京劇の格好をした関羽
  3. キングダム
  4. 呪われている太史慈
  5. 腐れ儒者気質な孔融

おすすめ記事

趙雲と劉備が初めて出会うシーン 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた 楚の旗と兵士 戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置したよ! 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣 司馬懿 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか? 曹操と郭嘉 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの? 篤姫 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ! キングダム53巻 キングダム593話最新ネタバレ「趙峩龍本陣」レビュー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP