曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

春の訪れとともに2018年のプロ野球も開幕が近づいてきました。

日本ハムファイターズのファンとしては、大谷選手のメジャー移籍は残念ですが、

何といっても怪物ルーキー・清宮選手のデビューが待ち遠しいですね。

 

今回は三国志&野球好きの方へ向けて、

曹操(そうそう)の配下で野球チームを作ったらについて検証していきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦!

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ


監督は曹操です

 

エースで四番を打てる実力の持ち主の曹操ですが、今回は監督に専念してもらいましょう。

采配はサプライズ多め、無名の若手もそのポテンシャルを見抜いて抜擢します。

意外にもコーチ陣の声にもしっかり耳を傾けますので、安定感もバッチリです。

 

 

ヘッドコーチはやっぱり荀彧 (じゅんいく)でしょうね。

曹操の短所もしっかりカバーし、チーム力をより向上してくれます。

困ったことを曹操に相談するのはプレッシャーが凄すぎですが、荀彧であれば気軽に頼れますね。


投手陣

 

野球の勝敗は、やはりピッチャーのできで決まるといっても過言ではありません。

重要ですね。先発の柱となるエース、

セットアッパーの中継ぎ、守護神となる抑えを選んでみましょう。

 

エースは司馬懿(しばい)。コントロール抜群で滅多なことでは崩れません。

スタミナも豊富で、完投もできます。

本格的左腕で、球速はMAX152km/h、

球種はフォーシーム、ツーシーム、緩急をつけるチェンジアップです。

 

セットアッパーは賈詡(かく)

どんな場面でも冷静なピッチングができるのが持ち味です。

右の横手投げで球速はMAX140km/hと速くはありませんが、

コントロールとキレのあるシンカーが武器です。

 

クローザーは郭嘉(かくか)

右の本格派。球速はMAX155km/h。

昔の江川投手のようにストレートとカーブだけで押さえ込みます。

曹操からもっとも信頼されている投手ですが、

スタミナ面でやや不安が残ります。故障も少し多めです。

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■

 

野手陣(上位打線)

 

一番・ライト・夏侯淵(かこうえん)

打率.342、本塁打25、打点85、盗塁45。

このチームの斬り込み隊長的な存在です。レーザービームの強肩も魅力ですね。

 

二番・セカンド・李典(りてん)。打率.268、本塁打0、打点38、盗塁18。

守備力が抜群で、バントなどの小技が得意です。

どんなタイプのピッチャーにも対応できます。

 

三番・レフト・張遼(ちょうりょう)。打率.348、本塁打42、打点121、盗塁15。

破壊力抜群の恐怖の三番バッターです。

他のチームからもっとも警戒されています。

 

四番・キャッチャー・夏侯惇(かこうとん)。打率.288、本塁打20、打点105、盗塁0。

打線の大黒柱的なベテラン選手。

経験豊富でキャッチャーとしてのリードもピカイチ。

チームメイトから信頼されています。

 

五番・ファースト・許褚(きょちょ)。打率.255、本塁打48、打点88、盗塁0。

とにかく速球に強く、長打力は抜群。


野手陣(下位打線)

 

六番・サード・徐晃(じょこう)。打率.315、本塁打16、打点77、盗塁8。

粘りの打撃で相手ピッチャーを苦しめます。出塁率はチームNO1。

 

七番・DH・典韋(てんい)。打率.240、本塁打36、打点72、盗塁0。

安定感はないのですが、当たるとどこまでも飛ばす長打力はチームNO1。

 

八番・ショート・張郃(ちょうこう)。打率.286、本塁打16、打点62、盗塁11。

頼れる八番。守備力もあり、レギューラーの座をずっと守り続けています。

 

九番・センター・楽進(がくしん)。打率.263、本塁打7、打点41、盗塁28。

死球をまったく恐れずボールに向かっていくタイプで、インコースを打つのが上手。


  

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

ちなみに若手の曹丕(そうひ)、ルーキーの鄧艾(とうがい)鍾会(しょうかい)、超ベテラン投手の程昱(ていいく)なども控えています。

どうでしょうかね。このチームであれば、最強を誇るソフトバンクホークスにも勝てそうです。

 

 

現在はFA宣言している関羽(かんう)に交渉中。

でも、いくらお金を積んでも関羽はチームを離れない様子です。

逆に司馬懿がFA宣言しそうで不穏な空気もあります。

 

ということで今回は曹操チームを構成してみました。

みなさんだったらどんな布陣で臨みますか?

ちょっと考えてみるのも面白いかもしれませんよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉

関連記事:曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■


 

関連記事

  1. 塩が途切れて白旗を挙げるイギリス海軍の帆船
  2. 呉の孫堅
  3. 蒋琬と姜維と王平
  4. 毛沢東(もうたくとう)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP