法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は

 

 

 

中国の歴史では、弁舌に長けた者が自身の理論を以て他者を説く、

といった逸話が数多くあります。

その中でも、三国時代では蜀の秦宓(しんふく)と呉の張温(ちょうおん)の舌戦は

正史に残され演義にも記載されているという有名なエピソードです。

今回は、蜀の秦宓(しんふく)と呉の張温(ちょうおん)が繰り広げた問答をご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

関連記事:【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーション

 

 

秦宓と張温

 

秦宓 子勅(しんふく しちょく)は、蜀の学士です。

当時、魏や呉との戦いで、劉備(りゅうび)が没し、

孔明(こうめい)は魏に対抗するため呉と再び手を結ぼうと考えました。

蜀の使者、鄧芝(とうし)は呉の王、孫権(そんけん)を説得し、

関羽(かんう)のことで亀裂ができた蜀と呉の関係をとりなしました。

孫権(そんけん)は返礼のために、張温 恵恕(ちょうおん けいじょ)を遣わし、

誼を結んでくるように命じました。

 

蜀に着くと終始へりくだる蜀の面々に対して、

張温(ちょうおん)は横柄な態度をとるようになります。

そんなある時、彼の送迎の酒宴の席に秦宓(しんふく)が訪れます。

 

 

問答のお題:天とはどんなもの?

photo credit: Crepuscular Rays via photopin (license)

 

秦宓(しんふく)は学士として、「上は天分、下は地理に至るまであらゆることを学んだ」

といいました。張温(ちょうおん)は、これを鼻で笑います。

張温(ちょうおん)「これは大言を吐かれますな。

されば、”天”について御伺いしたい、天に頭はありますか?」

 

秦宓(しんふく)「ございます」

張温(ちょうおん)「どの方角に?」

秦宓(しんふく)「西にございます。『詩経』に『乃ち眷(かえり)み西に顧みて』

なる句があるため、頭は西でございます。」

 

秦宓(しんふく)は、書物の内容を引用して、答えました。

 

現代人がこれを聞くと、

「そもそも、そんな書物の内容が正しいの?

まず、本の内容が事実と合致するか示さなきゃいけなくない?」

 

とか、反論したくなりますが、ここでは著名な書物に書かれていること、

すなわち「誰もが知っているべき事実」で反論したことに意義があります。

著名な書は周知の事実とみなされます。

現代でいえば、ある種の言葉遊びというか諧謔のようなものです。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

問:天とは具体的にどんなもの?

 

張温(ちょうおん)の質問は続きます。

 

張温(ちょうおん)「天に耳はありますか?」

秦宓(しんふく)「ございます。『詩経』に『鶴九皐(奥深い穴)に鳴きて、

声天に聞こゆ』とございます。耳がなければ、聞くに聞けません。」

 

張温(ちょうおん)「天に足はありますか?」

 

秦宓(しんふく)「ございます。『詩経』に『天歩艱難なるに』とございます。

艱難な歩みとあれば、足がなくては歩けません。」

 

張温(ちょうおん)は次々と問い、秦宓(しんふく)は流暢に返答します。

 

秦宓の意図とは・・・

 

ここまでをまとめると、秦宓(しんふく)の知る”天”には

「頭」と「耳」と「足」があるようです。なんだかナゾナゾ見たいですね。

 

張温(ちょうおん)の意地悪質問は続きます。

 

張温(ちょうおん)「では、天に姓はありますか?」

秦宓(しんふく)「もちろん、ございます。」

張温(ちょうおん)「ほう、それは初耳だ。何という姓でござるのかな。」

秦宓(しんふく)「劉でございます。」

張温(ちょうおん)「なぜそうと分かります?」

秦宓(しんふく)「天子の姓が劉でござるゆえ、分かるではございませんか?」

 

後漢の帝、献帝(けんてい)の姓名は、劉協(りゅうきょう)でした。つまり帝の姓は『劉』でした。

となると、劉備(りゅうび)も天と同姓ということとなります。

この流れでいえば、現状で劉備(りゅうび)の血筋を持つ劉禅(りゅうぜん)こそが

『天』という流れになってしまいます。

 

張温(ちょうおん)がそれを感じ取ると、

 

張温(ちょうおん)「この益州は西の方角だが、日は東から生まれるものでござる

(日は東呉から昇るので、呉こそ天に近しいという意味)。」

 

秦宓(しんふく)「日は東から生まれるとは言え、

西に没するのでござる(天下は最終的に、西蜀に帰するという意味)。」

 

秦宓(しんふく)の返答は終始、立板に水を流すが如く流暢で、

満座の者は悉く舌を巻いていました。

遂には張温(ちょうおん)は口を噤んでしまいました。

 

決着

 

押し黙る張温(ちょうおん)に、今度は秦宓(しんふく)が尋ねました。

 

秦宓(しんふく)「昔、混沌が分れ、陰陽が二分され軽く澄んだものは浮かんで天となり、

重く濁ったものは下に凝り固まって地となったそうです。

書物には『共工氏(古代中国神話に登場する神)が戦いに敗れ頭を不周山に打ち付け、

天の柱が折れ、地の一方が欠けて天は西北に傾き、地は東南に没した』と書かれています。

天は軽く浮かんでいるのに何故西北に傾くのであろうか?

軽く澄んだもの以外のものとは、どんな物でござろうか?」

 

なぜ西北は上に、つまりは天に傾くのか?と問うことで、

秦宓(しんふく)は蜀を持ち上げています。

張温(ちょうおん)は返答に詰まり席から滑り下りました。

 

弁舌戦の後

 

さて、これまで横柄な態度をとっていた張温(ちょうおん)でしたが、

彼はへりくだる蜀の者達と誼を結ぶことにやや不安を感じていたのでした。

弱い奴を味方にしても嬉しくないですよね。

ところが、彼は問答後、こう言いました。

 

張温(ちょうおん)「蜀の俊傑の多さに感心し蜀と誼を結ぶ不安が一気に解消しました。」

 

一連の流れから、孔明(こうめい)は張温(ちょうおん)に恥を掻かせてはならないと思い、

 

孔明(こうめい)「貴公は国家を安んずるに大計を承知のお方、

口先の遊戯にかかずらうことはござりますまい。」

 

と取りなしたので、張温(ちょうおん)はその言葉の意味に気付き礼を述べました。

孔明(こうめい)は再び鄧芝(とうし)を答礼の使者として

張温(ちょうおん)と同道するように命じました。

これより呉と蜀は末永く誼を結ぶこととなりました。

 

三国志ライターF Mの独り言

 

秦宓(しんふく)が繰り広げた問答は史実の内容そのままであり、

三国志演義でもそのまま採用されています。

三国時代の、魏、呉、蜀がにらみ合う状態では、他の国をうまく利用しなければならず、

特に勢力的に魏に劣る蜀は呉を味方につけなければ対抗できなかったでしょう。

そうした意味では、秦宓(しんふく)の弁舌は国家間の力関係をも揺るがすほどのモノだったと言えます。

それほどの弁論術であったからこそ、秦宓(しんふく)の問答は史実に刻み込まれたのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?

関連記事:【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記

 

 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 成廉、魏越、呂布 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  2. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編
  3. 宦官 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  4. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件
  5. 劉備の黒歴史 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…
  6. 赤壁の戦いで敗北する曹操 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ
  7. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  8. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2
  2. 曹丕
  3. キングダム52巻
  4. 陸遜
  5. おんな城主 直虎
  6. 劉璋にアドバイスをする張松
  7. 燃える本能寺

おすすめ記事

  1. 戦国策【趙策】人の支持を得て力を万倍とせよの巻 趙の旗
  2. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖 孔明
  3. 大隈重信とはどんな人?早稲田大学の創設者の人生を年表で紹介 大隈重信
  4. キングダム584話ネタバレ予想「王賁は本当に死ぬのか?」大予想 キングダム52巻
  5. 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?
  6. 諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗 孔明

三國志雑学

  1. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  2. 不満が溜まる魏延
  3. 劉備と曹操
  4. 三国志の主人公の劉備
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  3. 法正と劉備
  4. キングダム52巻

おすすめ記事

袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード 孫尚香 孫尚香ってどんな人?孔明に曹操、孫権と並び評された人物 【キングダム526話】馬南慈の体験した地獄の雁門とは? 孔明 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存? 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る! 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 呂布の英雄石像 【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話 関興と張苞 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP