献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期




献帝と董卓

はじめての三国志に住む歴史好きネコ・廉です。

前回献帝の青年期を紹介したにゃ。

今回は彼が成人になってどんな人生を歩んだか皆に教えてあげるにゃ。

 

前回記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期




曹操に擁立される

献帝と曹操

 

献帝は曹操(そうそう)に保護され、許へ移動し、平穏な暮らしを送る日々を手に入れました。

表面は曹操が必死に後漢王朝を安定させるため、群雄を討伐していくと共に様々な政策を実施していきます。

曹操は王朝内を安定させるとともに献帝の臣下達を減らしていき、自らの臣下を献帝の近くに置くことで王朝内の実権を彼が掌握していきます。

 

献帝

 

献帝は自分の臣下達が減っていく状況に不安を感じ、

曹操が宮中にきた際に「朕(ちん=皇帝が自分を呼ぶときの呼称)を大切に思うのなら、しっかりと補佐してほしい。

しかし、そうでないなら朕を退位させるがよい」と曹操に自らの意思を伝えます。

しかし曹操は献帝の言葉を聞くほど忠実な臣下ではありませんでした。

 

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

関連記事:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示




曹操暗殺計画は失敗

裏切りは許さぬ 曹操

 

献帝は曹操に後漢王朝の実権を奪われていく状況を憂慮しておりました。

そこで彼は一大計画を企画します。

その計画とは、曹操暗殺計画です。

献帝は董承(とうしょう)に「曹操を殺害せよ」と密勅を与えます。

董承は献帝から密勅をもらうと、協力者を探していきます。

しかし曹操暗殺に加担してくれる人物は中々見つかりませんでした。

そんな中董承は曹操の元に逃れてきた劉備(りゅうび)に目をつけます。

董承は劉備に接触し、曹操暗殺計画に協力してくれるよう説得します。

劉備は最初あまり協力的でありませんでした。

董承は劉備に協力してもらうため、献帝の密勅を見せて、必死に説得します。

劉備は董承の説得を受けて、曹操暗殺計画に加担する事を決意します。

ですが劉備は曹操暗殺計画を実行する数日前に、曹操から袁術討伐を命じられ、許から離れてしまいます。

 

実行犯だけではなく献帝の奥さん達も処刑

曹操018

 

董承は、軍事力を持つ劉備が暗殺計画に加担できなくなったが、朝廷の臣である王子服や呉碩(ごせき)ら朝廷の臣下を集め、曹操暗殺計画を決行。しかし彼らの計画は失敗に終わります。事前に計画の内容を知っていた曹操は彼ら計画を事前に知ることができたため、董承をはじめとする暗殺計画の実行者を捕え、処刑します。

曹操は実行犯を処刑するだけではなく、献帝の奥さんである董貴人や伏皇后も殺されてしまいます。

献帝は後漢王朝の権力を手に入れるために計画した曹操暗殺計画は大失敗に終わります。

今回の事件以降、後漢王朝は形骸化(けいがいか)し、曹操が後漢王朝を実質的に運営していくことになります。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 陸遜
  2. 孔明
  3. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  4. はじめての変

    中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?

    今やパソコンやスマホでも一発変換される貂蝉…

  5. 孫策に攻撃される黄祖
  6. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP