呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?



司馬懿

 

諸葛孔明(しょかつこうめい)のライバルとして描かれ、中華を統一した晋の礎を作り上げた司馬懿(しばい)

司馬懿には諸葛孔明よりも恐ろしい人がいました。

 

それは司馬懿の奥さんです。

司馬懿は奥さんには頭が上がらず、諸葛孔明よりも恐ろしいと言われた恐妻家だったのです。

でも見方を変えれば夫を支えた賢母とも言える司馬懿の奥さん。

司馬懿の奥さんの本当の姿は一体どっちなんでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!

関連記事: 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった

 

 

司馬懿の奥さんはいったい誰!?

 

諸葛孔明と互角の戦いをした司馬懿の奥さんとはいったい誰なのでしょうか。

司馬懿の奥さんは張春華(ちょうしゅんか)という女性です

 

張春華は司馬師(しばし)司馬昭(しばしょう)を生んだ女性で、司馬懿とは10歳も年が離れています。

父の張氏(ちょう し)は役人として働き、母の山氏(さんし)はなんと竹林の七賢の一人・山濤(さんとう)です。

母が頭が良かったのか。それとも父に勉学を教えてもらったのか分かりませんが、

名士・司馬家に嫁いでいる所を見るとかなり頭のいい女性だったと言えるでしょう

 

 

司馬懿をビビらせた驚異の鬼嫁!!

曹操と司馬懿

 

張春華はこうして司馬家の八達の一人・司馬仲達(しばちゅうたつ)に嫁ぎます。

そんなある日、司馬懿の元に曹操(そうそう)からの使者がやってきて、仕えるよう招聘を受けます。

しかし司馬懿は仮病を使って曹操の士官の話を断り、出仕しませんでした。

 

司馬懿は曹操からの誘いを断って、天気のいい日にカビの生えてきた本を干そうと庭に出ます。

天気が良かったのも束の間、突然空は曇り始め、雨が降ってきます。

司馬懿は急いで干していた本を中に入れます。

 

この司馬懿の行動を彼の家の下女がたまたま目撃。

張春華はこの光景を発見し、もし夫が元気で家で過ごしているなどと下女が外で話して、

その話が曹操に知れればどうなるかわからないと考えとんでもない行動に移ります。

張春華が起こした行動は下女を殺害して口封じをするのでした。

 

いくら夫を守るためとはいえやりすぎなような気がしますが、

夫の為ならどんな事でも手に染めてしまう張春華。

見方を変えれば、夫に尽くしている最高の奥さんとも言えなくないですが・・・・。

レンは張春華の行動がやりすぎなような気がしてなりません。

 

さてこれをこの光景を知った司馬懿の心情は記載されていません、

しかし張春華の行動を見た司馬懿は彼女を恐ろしく感じたと思います。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

司馬懿vs張春華!!勝ったのはどっち!?

司馬懿

 

司馬懿は官職が上がっていくと側室を持つようになり、張春華と接する時間が少なっていきます。

そんなあるとき司馬懿は病にかかって臥せってしまいます。

張春華は司馬懿が病にかかった事を知るとすぐに彼の家に行き、お見舞いをします。

 

すると司馬懿は張春華へ

「ババア何しに来た。お前の醜い顔なんて見たくねーんだ」

ととんでもない悪口を吐き出します。

 

張春華は司馬懿の悪態に耐え切れず食べ物を絶って、自殺を図ります。

ここまでは司馬懿の勝利と言えるでしょう。

しかしここから張春華の巻き返しが始まるのです

 

張春華の逆襲!!

司馬懿と司馬師

 

司馬師司馬昭の二人は張春華が食べ物を絶って自殺を図っていると知って、

司馬懿に仲直りするようにお願いします。

司馬懿は二人の息子にお願いされ、張春華に謝罪して許してもらいます。

 

自らの死をちらつかせて、ふたりの息子を動かし、司馬懿に頭を下げさせる張春華。

そして奥さんに完全敗北した司馬懿

張春華はさすが司馬懿の奥さんだけあって策謀に長けていたのかもしれません。

 

張春華に敗亡した司馬懿はやられっぱなしじゃ済まなかったのか、

張春華の家を出る時

「ババア。俺が謝ったのはふたりの息子に言われたからだ。」

と捨て台詞を吐いて家を出たそうです。

司馬懿の負けず嫌いな面を見れてちょっとほっこりしてしまうのはレンだけでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

恐ろしい逸話を持つ張春華。

しかし張春華が司馬懿のためにやったことを考えれば、旦那に尽くしたいい奥さんのように思え、

恐妻家と言われるような奥さんじゃないような気がするのはレンだけでしょうか。

 

みなさんは張春華が鬼嫁だと思いますか。

それとも旦那に尽くしすぎた超良妻でしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

関連記事:【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ!

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 朱然と陸遜 朱然って夷陵の戦いでどんな活躍をしたの?
  2. 司馬昭 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  3. 曹操に降伏する教祖・張魯 張魯の配下には以外にも優秀な人材がいた!!
  4. 劉雄鳴は三国志の仙人 劉雄鳴とはどんな人?仙人だけど世渡りが下手な関中軍閥
  5. 残忍な曹丕 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  6. 孫権が暴露!蜀は孔明の国だった
  7. 呉夫人 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  8. 孔明 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 横井小楠
  2. 赤壁の戦い 曹操
  3. 梁興と馬騰
  4. 庶民、村人の家
  5. 劉備 ゆるキャラ
  6. 残忍な曹丕
  7. 曹操に憧れる荀彧
  8. 凌統

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立 kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ
  2. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい) 悪来と呼ばれた典韋
  3. 武田信玄はエピソード豊富な戦国武将だった理由 真田丸 武田信玄
  4. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう) 曹休
  5. 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい) 張済
  6. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その11「導きの先」 三国夢幻演義バナー 龍の少年

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の趙雲
  2. 魏と国号を決める曹丕
  3. 劉備に褒められる趙雲
  4. 周瑜の魅力
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 諸葛瑾
  2. 撃剣を使う曹丕
  3. 李牧
  4. 孫権 弔い出陣
  5. 龐統
  6. 西園寺公望

おすすめ記事

島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄はどんな業績を残したの?内政面や戦の業績を分かりやすく紹介 真田丸 武田信玄 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの? 于禁と曹操 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑 キングダムネタバレ573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 渤海国とはどんな国?謎の王国・渤海国の建国までを分かりやすく解説 袁術 袁紹 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった 孔子と儒教 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP