ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る

パワハラをする張飛


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張飛

 

三国志きっての暴れん坊で、制御できるのは義兄である劉備(りゅうび)関羽(かんう)ぐらいのもの、

というのが張飛(ちょうひ)のイメージではないでしょうか。

 

「酒で失敗する豪傑」の象徴でもありますね。あまり絡みたくない相手NO1かもしれません。

今回はそんな張飛の性格について考察していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張飛の身長は何センチ?2mを超える大柄な武将だったの?

関連記事:張飛の武勇って一万人と一緒だったってマジ!?


猪突猛進、イケイケの張飛

張飛

 

強い組織は、いろいろな個性的なメンバーがいて、それぞれが存在感を発揮して活躍しています。

リスクを警戒し、注意深く周囲の変化に気を配る者もいれば、

リスクを恐れず、自分の長所を活かしてどんどんプロジェクトを進めていくような、

行動力のある者もいるわけです。

 

その点において、張飛は劉備軍に勢いを与える役割があったのではないでしょうか。

小さな勢力が大きくなるためには、

リスクを恐れず先頭をガンガン進んでいくような存在が必要なのです。

 

猪突猛進は、計画性がない、臨機応変さがない、おバカ・・・・・・

というマイナスのイメージが強いですが、

時代を切り拓くパイオニアには必要な要素のひとつなのかもしれません。


暴走もありえる張飛

 

勢いだけでは、時には失敗もします。

徐州で曹操(そうそう)から独立した際には、張飛は偽情報を流して敵を攪乱し、劉岱(りゅうたい)を撃退しました。

その勢いで曹操の主力に夜襲をかけましたが、見事に見破られて大敗しています。

結果としてこれが三兄弟離散を招くことになります

 

さらに酒を呑むと張飛のイケイケ度はアップします。

下邳の留守を任された際には、禁酒の約束を破り、さらに地元の豪族に暴力を振るって、

呂布(りょふ)につけ入る隙を与えて徐州を奪われています。

 

しかしこれらのエピソードは字が翼徳とされる三国志演義の話であり、

字が益徳である三国志正史には酒で失敗して徐州を失ったとは記されていません。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

 

強烈なパワハラによって自滅

張飛

 

張飛の最後は、戦場ではありませんでした。

寝ていたところを部下に討たれたのです。理由は、張飛のパワハラです。

 

劉備は日ごろから、「刑罰で人を殺し過ぎる。兵を毎日鞭で打っている」

という張飛の行為を諫めていました。

この劉備の心配は的中してしまいます。

 

関羽の仇討ちで孫権(そんけん)の領土へ攻め込む準備をしている段階で、

張飛は恨まれた部下に殺されてしまうのです。

三国志でも最強ランクに位置する猛将だけに、張飛の死因はとても残念です。


戦場という特殊な環境

張飛

 

張飛のパワハラに関して肩を持つ気はありませんが、

現代の日本と違い、彼らが生活していた環境は、殺し殺される戦場です。

戦場で生き残れる強い兵を育てるためにも、張飛のような厳しいコーチは必要だったのかもしれません。

 

小さな勢力が、大きな勢力と対等に肩を並べるためには、

兵が精鋭でなければならず、リーダーが優しいだけでは、精鋭が育たないからです。

 

さらに劉備の仁徳を強調するためにも、適度な緊張感を保つためにも、

張飛が発するプレッシャーや暴力性は大切な役割を持っていたとも考えられます。

劉備の勢力が乱世のサバイバルを生き延びるうえでも、張飛の暴勇は鍵を握っていたのかもしれません。


  

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

三国志ライターろひもと理穂

 

劉璋(りゅうしょう)配下の勇将である厳顔(げんがん)を、策をもって撃破し、

漢中の戦いでは、曹操配下で戦上手な武将である張郃(ちょうこう)も酒を利用して破っています

(正史では酒は関係ないようですが)。

 

必要に応じては猪突猛進の猛将となり、

状況にあわせて用兵戦術も巧みにこなすことが、張飛はできたのです。

もしかすると全体のバランスに気をつかえる性格だったかもしれません。

 

ちなみに三国志演義の原典とされる「平話」での張飛はまさにバイオレンスの塊です。

権威や権力を暴力でぶち壊す点が、一般大衆に支持された張飛の姿でした。

 

張飛が既存の価値観を破壊し、劉備が創造する

そんな役割分担が義兄弟の内にはあったのかもしれませんね。

張飛は、劉備のために心を鬼にしてその役割を演じた可能性もあります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情

関連記事:張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 敗北する馬岱 馬岱の最期は?死のミステリーに迫る!
  2. 三国時代の船 楼船 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いら…
  3. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲 長坂の戦いの時、趙雲はどのくらい活躍した?二つの三国志を比較して…
  4. 悩む司馬炎 【司馬炎の晩年苦労話】子孫繁栄出来るかな?
  5. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  6. 孔明のテントがある野外のシーン 三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?
  7. オカルト小説を書いている曹丕 もしも曹丕が早死にしなかったら?イフ設定で三国時代がどう変わるか…
  8. 曹沖 曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明VS曹操
  2. 魏の曹操孟徳
  3. 曹操と夏侯惇
  4. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  5. 魏延
  6. 孔明
  7. 邪馬台国と魏の兵士

おすすめ記事

  1. 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた! 賈詡と曹操
  2. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀 陸遜
  3. 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの? 呉の孫権
  4. 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく解説 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  5. 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した
  6. 宦官とはどんな人たち?朝廷を牛耳った宦官の役割を紹介 宦官

三國志雑学

  1. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  2. 于吉、孫策
  3. 張遼・楽進・李典
  4. 徐晃
  5. ヨイショをする曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黒田官兵衛
  2. 曹仁
  3. 曹叡
  4. 孔融
  5. 董卓を倒す呂布

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・ 【大三国志 攻略4】Lv6の土地の頑強な反撃に遭い、2度も壊滅!攻略なるのか!? 【三国ブレイズ 攻略3】LRの武将が二人加入!メンバー選択に大苦戦 劉備と孫権 残念ながら本当です!三国志赤壁の手柄は99%呉のモノ 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】 チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? 劉備の黒歴史 劉備は黄巾の乱の時に何をしていたの?どうやって軍資金を調達したの? 敗北する桓騎 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP