ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗

後悔する孫権


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫権

 

酒乱君主孫権(そんけん)、呉の大黒柱と言われた孫権ですが、出ると負ける戦下手(いくさべた)

知られるように、独断専行(どくだんせんこう)した時は、大抵判断が間違う凡君臭(あふ)れる人です。

初期の呉の隆盛は、孫権が我を抑えて重臣の意見に従った事で達成されますが

流石に後半になると、元々強い我が出てきて、時々赤っ恥をかいています。

今回は、陸遜(りくそん)相手にドヤり、老害を(さら)したケースを紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!?

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相


陸遜の進言を一蹴する孫権

孫権

 

西暦226年、魏の初代皇帝文帝、曹丕(そうひ)が死去します。

それを知った孫権は、これを契機に魏が崩壊に向かうのではないかと期待し

陸遜に対して、魏の敵情を視察して意見を寄こすように命じます。

陸遜はしばらくして上表してきましたが、その内容は孫権の期待を裏切ります。

 

それによると、孫権の期待に反し曹叡(そうえい)は刑罰を緩くして税金を下げ、

役人は忠義で手堅い人だけを用いたので、魏の人民は、曹丕の時代よりも

曹叡に懐いているというものでした。

 

孫権は、曹丕の死を契機に魏の人々が続々と国境を越えて呉に押し寄せて

魏は崩壊するに違いないという甘い期待を持っていたので、

陸遜の上表が、すこぶる不満でした。

諸葛瑾

 

その不満を誰かに話したくなったのか、孫権は諸葛瑾(しょかつきん)を呼び出して、

陸遜への反論をぶちまけたのです。


曹叡が名君?冗談はよし子ちゃん

曹叡

 

そもそも、曹操(そうそう)の所業というのは、殺戮(さつりく)が少々過激で、それと人の骨肉を

離間させたことが欠点であって、諸将を統率するリーダーシップにおいては、

古来より曹操に並ぶ人間は(まれ)であったと言えよう。

 

その曹操に曹丕が及ばないのは、誰もが認める事であろう

曹丕は40近くなって曹操を継いでそうなのだから若輩の曹叡が

それに及ばないのは当たり前である、冗談はよし子ちゃんだ!

 

まず、孫権は、このようにブチまけてから自分の予想を話します。

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

曹叡が民に小恵を施すのは自分に自信がない表われ

孫権

 

第一に、曹叡が税を軽くさせて刑罰を緩くしているのが善政というのがオカシイ

これは曹丕が死んだばかりで、曹叡に求心力がなく民の心が離れる事を恐れて

あえて、本心を覆い隠して民に迎合しているだけだ。

 

そうしないと酷政に苦しむ人民が大挙して呉に雪崩(なだれ)込むからで真心ではない。

ただその場しのぎに過ぎず、そうして自分の心を安定させているのだ。

取り繕った表面だけを見て、それで魏が(まと)まっているなどとどうして言える?

陸遜は、魏の国情を深く探る事を怠っていると言えよう。


文人や宗室に頼り自分の政治が出来るものか!

陳羣

 

次に孫権の批判は、曹叡を補佐して、政治を行っている陳羣(ちんぐん)曹真(そうしん)

攻撃へと向かっていきます。

 

聴けば、曹叡は陳長文(ちんちょうぶん)曹子丹(そうしたん)を政治の補佐にしているという事だが、

陳羣などというのは、ただの文人集団のリーダーに過ぎず曹真は曹叡の宗室だ。

そんな連中でどうして、雄才虎略を駆使して猛者(もさ)揃いの諸将を抑えられよう。

 

よいか、国家というのは君主が強大な権力で群臣を押さえつけて、

その逞しい野望を抑えないと、たちまち君主を(うと)んじるものだ。

張耳(ちょうじ)陳余(ちんよ)は、お互いに刎頸(ふんけい)の交わりを結んでいたが、自分達の権勢が増すと

不和になり、最後にはお互いに傷つけあった。

 

これは、張耳と陳余ばかりにあるのではなく、世の(ことわり)というものだ。

世の中は、一人の君主が威令により欲望の多い群臣を上手く統御しないと

治まるものではないのだ。

 

どうやら、孫権、強力なリーダーシップなしに国を治めるのは、

不可能であると言いたいようです。


  

 

陳羣等が背かなかったのは曹操の力である

曹操

 

そもそも、陳羣のような文官が騒乱を起こさないで仕えているのは、

曹操が強力なリーダーシップで、その頭を押さえていたからである。

あの連中は、曹操を恐れて、小賢しい謀略を弄する事なく、

それで僅かな才能を魏の隆盛の為に使ったに過ぎない。

 

曹操の後を継いだ曹丕は、即位した時には、不惑の年に近かったし

昔から曹操のやり方を見て、そのやり方に習い恩恵を与えて懐柔(かいじゅう)した。

その為に引き続き陳羣等も叛く事が出来ず、渋々従ったのだろう。

 

しかし、曹叡のような若年ではそれは無理無理である。

あの幼少な君主は、部下の為に東奔西走(とうほんせいそう)しているのが実態だからだ。

やがて、軽んじられるようになり、部下のおべんちゃらに振り回され

君主の威信が低下すれば群臣たちは、それぞれ党派を造って

お互いに争うようになるだろう。

そのような状況では、魏が長久に栄えるなどとは言えまい?

 

どうあっても、曹叡にリーダーシップがないので、

魏の滅亡はカウントダウンだと孫権は言いたいようです。

 

孫権ドヤる!陸遜は計略に長けるが社会を見るに浅い

孫権

 

私が、このように断言するのは歴史の感覚に(さお)を差しているからだ。

古来より、刑罰と恩賞を与える権限がある人間が複数存在して、

天下が乱れなかった試しはないのである。

 

こうして国家は乱れ、強い者は弱きを虐げ弱きは国外に救いを求める。

かくして、国内は混乱して滅亡への道を歩む事になるのだ。

子瑜(しゆ)よ!君はただ耳をそばだてて、これを記憶に留めておくがいい。

陸遜は計略には長けているが、国家を観察する見識は浅い

 

ああ、言っちゃいました、聞いておけ諸葛瑾、証人になれよ。

今に魏が崩壊し、魏の人民が救いを求めて大挙して呉に押し寄せ、

陸遜の上表が間違いである事が明らかになるぞ、というわけですが

実際の魏は曹叡の時代にも着々と強化され、蜀の北伐も跳ね返し、

いよいよ、呉の太刀打ちできない強国へと成長していきます。

 

1800年を過ぎてみれば、孫権がドヤった分だけ、

かなりの赤っ恥な状況分析になってしまいました。

不見識は孫権の方だったのです。

 

孫権はどうして状況判断を誤ったのか?

孫権

 

もっともらしく誤った状況分析をして赤っ恥を晒した孫権ですが、

どうして判断を誤ったのでしょうか?

それは、呉と魏の政治体制が異なる事が大きな要因でした。

曹丕

 

魏は曹操が興した時代には、豪族連合の性質を残していましたが、

曹丕の時代になると官僚機構が整備され、君主と家臣の分限が厳密に

区別されるようになっていきます。

 

昇進や降格も君主の好き嫌いではなく法律に従って行われて行き

豪族は官僚化し、統治権は皇帝の所有物になりました。

もはや、曹叡は曹操や曹丕の時代のように、威光を振りかざさずとも

与えられた職務を淡々とこなせば、それで良くなったのです。

酒乱の孫権

 

逆に呉は、三国の中で一番豪族連合政権の色が濃い政権であり

君主はどこまでも強い存在でないといけませんでした。

孫権は生まれ落ちた呉の政治体制を普遍(ふへん)の物ととらえていたので

曹叡の政治がいかにも弱々しいものに映ったのですが、

実際は魏の君主権は呉とは比較にならない程に強かったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawauso

 

豪族の力が非常に強いという呉の特徴は、

孫呉の時代で終りではなく300年近く続く六朝時代(ろくちょうじだい)も共通していました。

西晋は江南に逃れて東晋になりますが、君主権が弱いのは、東晋、

宋、斉、梁、陳の政権に共通しており、華北の政権が

武力による興亡に終始するダイナミックなものであるのに対して、

六朝は政争によるクーデターによって、君主の首がすげ変わる形の

王朝交代が繰り返されます。

 

君主権は豪族に比較して制限され、リーダーシップよりも

豪族と協調し調停する能力が君主には求められましたが

代わりに大きな戦乱もなく、江南には六朝文化と呼ばれる

貴族文化が花開くようになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした理由

関連記事:孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孟達を討伐する司馬懿 孟達の死因は司馬懿を甘く見たからだった!その理由を考察
  2. 宦官 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?
  3. 剣を持って戦う徐庶 徐庶は史実ではちゃんと出世していた!やっぱり仕えるなら魏の方が良…
  4. 劉備と公孫瓚 逃げるが勝ち!劉備の逃亡人生を考察してみたよ
  5. 尹夫人と曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  6. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?
  7. 宋銭 お金と紙幣 これがお金の本質?劉巴が鋳造した直百五銖銭がズル過ぎる
  8. 袁術 皇帝に即位した袁術とは何者か?早すぎた改革者に迫る

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏延、姜維、王平、楊儀
  2. 馬超 vs 許褚
  3. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  4. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  5. 成廉、魏越、呂布
  6. 于禁
  7. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  8. 夏侯玄
  9. 気球 三国志
  10. 陸遜

おすすめ記事

  1. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは? 嬴政(始皇帝)
  2. 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上? 韓信と劉邦
  3. 三国志 Three Kingdomsの諸葛亮がいじわるすぎる! 魏延と孔明
  4. 【西夏】タングート族の末裔はどこにいる?北魏の末裔なの? タングート族
  5. キングダムネタバレ予想、史上最も可哀想なボスキャラロゾを追悼
  6. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法 関帝廟 関羽

三國志雑学

  1. 蔣琬(しょうえん)
  2. 三国志の計略と孔明
  3. 荀彧(はじめての三国志)
  4. 曹操に仕えることを検討する荀彧
  5. 宦官


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ダムを作っている蜀兵士
  2. 呉の孫堅
  3. 王昭儀
  4. 龐統と的盧
  5. 司馬懿
  6. おんな城主 直虎
  7. はじめての三国志 画像準備中
  8. 結婚を喜ぶ孫策

おすすめ記事

ヨイショをする曹操 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの? 藺相如(りんしょうじょ) 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3) 【ビッグニュース】朝まで三国志 2017 開催のお知らせ 袁術と孫策 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから? 馬にまたがって戦う明智光秀 明智光秀の手紙は分かりやすい?信長に褒められた内容とは? 幕末 大砲発射 【徳川家康は大砲マニア】難攻不落の大阪城は大砲で落ちたって本当? 夏侯淵 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介 フレディ・マーキュリーとはどんな人?QUEEN不滅のボーカリストの生涯

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP