キングダム
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説

この記事の所要時間: 354




よかミカン

 

曹操(そうそう)といえば漢の皇帝をないがしろにした悪者、

諸葛亮(しょかつりょう)といえば先君の恩を忘れず二代目に忠誠を尽くした名臣。

このように正反対のイメージで描かれがちな二人ですが、言動をたどっていくと、

案外そっくりなお二人なのではないかと思えてきます。

諸葛亮は、曹操になりたかったのかもしれませんよ!

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:【出師の表】本当は全く泣けない実用文だった!

関連記事:【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!

 

 

共通点1:ゴリゴリの法治主義者

曹操

 

徳によるゆるやかな統治が理想とされていた後漢の時代、

曹操は徳ではなく法によって世の中を治めようとしました。

正史三国志武帝紀に、袁紹(えんしょう)がかつて支配していた土地を

曹操が統治するようになった時の施策が書かれています。

 

それによれば、曹操は勢力のある人が勝手に土地や財貨を

自分のものにするのを規制する法律を制定し、市民に喜ばれたとあります。

徳による統治なら、細かいことは土地の有徳な人士に仕切らせるはずですが、

曹操はそのやり方を否定して法治を採ったのです。

諸葛亮

 

曹操と同様に、諸葛亮も法治主義者として知られています。

正史三国志諸葛亮伝の末尾にある陳寿の上奏文では、

諸葛亮の政治についてこのように述べています。

 

法令は厳明で、信賞必罰(しんしょうひつばつ)であり、

悪事がなければ罰せず、善事がなければ顕彰(けんしょう)しなかった。

このため官吏はずるいことを受け入れず、人々はみずから(はげ)み、

道に落ちている物を拾う者はなく、強者が弱者を侵害することもなく、

粛然(しゅくぜん)たる教化がいきわたった。

 

 

共通点2:廉潔で質素

曹操

 

曹操も諸葛亮も、賄賂(わいろ)とは無縁な廉潔(れんけつ)な人物でした。

暮らしぶりも質素で、曹操は家族にお香の使用を禁止していますし(『太平御覧(たいへいぎょらん)』香部一の香)

諸葛亮は自分の家族の生活は桑八百株・やせ田一五(けい)で足りているので

余分なものは持たないと言っています(諸葛亮伝にある劉禅(りゅうぜん)への上奏文)。

 

諸葛亮

 

自分の死後のことについては、二人とも、墓の中にはお宝の類を入れないようにして

普通の服装で埋葬しろと指示しています(武帝紀および諸葛亮伝)。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

共通点3:皇帝の威光を利用しながら丞相として権勢をふるう

献帝に提案する曹操

 

曹操は天下十三州のうちの九州を支配下におさめ、丞相(じょうしょう)として政治を切り回していましたが、

自ら皇帝にはならず、漢の皇帝をトップに戴いていました。

実権は自分が握っているのですが、皇帝に位を降りるよう迫ることはしなかったのです。

劉禅と諸葛亮

 

諸葛亮も蜀の二代目皇帝・劉禅の代には蜀の丞相として政治を一手に握っており、

皇帝・劉禅は諸葛亮の言いなりでした。

既存の権威を盾にとって自ら権勢を振るうというやり方も、曹操と諸葛亮の共通点です。

 

いろいろ似ている二人

孔明と曹操

 

両者のやり方を見ていると、非常に価値観が似通った二人なのではないかなと思えてきます。

曹操は諸葛亮より26歳年上ですから、諸葛亮は曹操のやり方を参考にしたのかもしれませんね。

天下をブイブイ言わせている曹操を見て、いいな~、おいらもあんなふうにやってみよっかな、と。

 

諸葛亮が勝ち組の曹操の配下にならずに流れ者の劉備(りゅうび)を操縦して天下に覇を唱えさせることを

選んだのは、自分が曹操のようになりたかったからかもしれませんよ!?

いや、俺ならもっとうまくやる、ぐらい考えていたかもしれません!

 

似ている二人の評価が正反対なのはなぜ?

曹操

 

皇帝をないがしろにして権勢を振るったのは曹操も諸葛亮も同じなのに、

どうして曹操は悪者扱いをされ、諸葛亮は忠臣と言われてきたのでしょうか。

それは、曹操が王朝交替(おうちょうこうたい)に成功し、諸葛亮は失敗したためです。

 

曹操は自分では皇帝になりませんでしたが、息子が皇帝になれるよう下準備を進め、

息子の代での王朝交替を成功に導いています。

曹氏が漢の皇帝を戴いたまま王朝交替できなければ忠臣として讃えられたことでしょうが、

成功してしまったために逆臣となったのです。

(曹操を悪者とする見方は君主への絶対的な忠誠が強調された宋の時代に定着しました)

 

諸葛亮は曹操になりたかったのか

諸葛亮

 

曹操と似通った政治手法を用い、丞相として権力を握った諸葛亮。

曹操のように王朝交替をしたいと考えていたのでしょうか。

これを考える時に参考になるのが、李厳(りげん)との手紙のやりとりです。

 

正史三国志李厳伝に付けられている裴松之(はいしょうし)(ちゅう)によれば、

李厳が諸葛亮に皇帝のシンボルアイテムである九錫(きゅうしゃく)を受け王になるようすすめた手紙が

『諸葛亮集』に載っていたそうです。

 

九錫を受け王になる、というのは、曹操が息子を皇帝にするための準備として

曹操自身がやったことですが、それと同じことを諸葛亮にやれと、李厳は勧めているわけです。

それに対して諸葛亮はこう返事したそうです。

 

現在、賊の討伐の成果は上がっておらず、知遇に報いることもできていないのに、

九錫を受けて安穏(あんのん)と高貴の位につくことは、義にはずれます。

もし魏を滅ぼし曹叡を斬って、天子を漢の本来の都である洛陽(らくよう)に戻すことができたらなら、

みんなと一緒に昇進し、十の特別待遇でも受けましょう。九ぐらいなら当たり前に受け取ります。

諸葛亮

 

魏を滅ぼし曹叡(そうえい)(魏の明帝)を斬り洛陽を奪還(だっかん)したら

九錫は受けてもいい、という返事ですね。

もしもこれが実現したら、諸葛亮も曹操と同じことになっていたことでしょう。

諸葛亮が自らすすんでこうしたいと言ったわけではありませんが、

 

李厳がそれを勧めたということは、

蜀にはそれを諸葛亮に勧めるような空気があったということであり、

諸葛亮の返事からすると、諸葛亮もまんざらでもなかったのです。

 

ブラック三国志ライター よかミカンの独り言

ブラック三国志ライター よかミカンの独り言

 

以上から、《諸葛亮は曹操になりたかった説》、私が勝手に認定いたします。

全く科学的手順をふんでいない妄想(もうそう)記事ですが、三国志を目先を変えて読みたい方には

楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

諸葛亮は忠臣だという先入観があって見れば忠臣に見えますが、

そのイメージは簒奪(さんだつ)ができなかったという結果から付けられたものであるかもしれません。

いろいろ疑いながら読んだら三国志はもっと盛り上がるんじゃないかなーと思う

ブラック三国志ライターの独り言でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事:【告知】三国志の裏を知りたい人集まれ!よかミカンのブラック三国志入門

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を…
  2. 【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃
  3. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  4. 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な…
  5. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  6. 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地?
  7. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?
  8. 蜀漢のスーパー戦隊・五虎大将軍は後付け設定だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  2. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!
  3. 諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?
  4. 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?
  5. 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ!
  6. 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの? 張遼はどんな最後を迎えた?張遼の死因と年齢を解説 あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!? 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの? 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

おすすめ記事

  1. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  2. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?
  3. どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実
  4. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事
  5. 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説
  6. 【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ?
  7. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  8. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP