黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝

この記事の所要時間: 353




秦宜禄

 

曹操(そうそう)の側室の杜夫人(とふじん)は、最初は秦宜禄(しんぎろく)の妻でした。

秦宜禄が出張先で袁術(えんじゅつ)によって無理矢理ほかの女性と結婚させられてしまい、

留守宅できょとんとしていた時に戦乱によって曹操の捕虜になりました。

 

関羽(かんう)は係争地にいた杜氏にかねてから目を付けており、

自分の妻にしたいと曹操にお願いしていましたが、

曹操は杜氏を関羽にやるのが惜しくなり自分の側室にしてしまいました(※)。

 

袁術関羽も曹操も勝手すぎますね。杜氏の人生をなんだと思ってるんでしょうか。

しかしこんなのはまだ序の口。三国志のお話には、もっとひどい女さらいの話があるのです!

※正史三国志明帝紀の注に引く『魏氏春秋』より

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?

関連記事:なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理

 

 

出会いがしらに嫁ゲット――張飛

張飛

 

正史三国志夏侯淵(かこうえんでん)の注に引用されている『魏略(ぎりゃく)』にこんな話があります。

 

建安五年(西暦200年)、夏侯覇のいとこで十三、四歳の女子が

地元で(まき)採りをしていたところ、張飛(ちょうひ)に捕まった。

張飛はその子が良家の娘であることを知り、自分の妻とした。

娘が生まれ、劉禅(りゅうぜん)の皇后となった。

 

「張飛に捕まった」の部分、原文では「為張飛所得(張飛の得る所となる)」となっています。

薪採り中の十代前半の女の子をいきなりゲットしちゃう張飛。

そして良家の娘と知り、「うほっ、逆玉の輿!」とばかりに嫁にしてしまう張飛。

さらに、生まれた子供を皇后にしたてて外戚におさまるなんて、張飛もなかなか隅に置けませんね。

 

 

ノリで花嫁泥棒――曹操と袁紹

曹操と袁紹

 

世説新語(せせつしんご)仮譎(かけつ)第二十七にこんな話があります。

 

曹操は若い頃いつも袁紹(えんしょう)とつるんでやんちゃをしていた。

よそで結婚式があるのを見かけ、その家の庭に侵入し、夜になるとこう叫んだ。

「どろぼうだ!」

会場にいた人々が様子を見に出てきたところで曹操は室内に入り、

刀を抜いて新婦を脅し、袁紹と一緒に新婦を連れ出した。

道を誤って(いばら)の中に落ち、袁紹が動けなくなると、曹操は大声でこう叫んだ。

「どろぼうはここにいるぞ!」

この声にあわてた勢いで袁紹は荊を抜け出すことができ、二人とも逃げおおせた。

 

 

たまたま見かけた結婚式に忍び込んで花嫁泥棒をするなんて、

どんだけ無軌道なんですか。ぷんすかぷんすか。

 

(過去記事「世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)」のように

もとから新婦と面識があったという設定なら理解できますが)

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

美人姉妹を舟で誘拐――孫策周瑜

孫策と周瑜

 

北方謙三(きたかたけんぞう)さんの小説『三国志』には、孫策(そんさく)周瑜(しゅうゆ)

街でたまたま見かけて気に入った

大喬(だいきょう)小喬(しょうきょう)の姉妹を舟で誘拐(ゆうかい)して妻にする話があります。

なぜそんなことになったかというと、家柄ではなく男として

彼女たちに選んでもらいたかったからのようです。

周瑜はこう言っています。

周瑜

 

「俺は、孫家の当主と重臣が、姉妹を嫁に貰いに来た、などというかたちはいやだな。

孫郎(そんろう)(孫家の若者)と言えば、(なび)かぬ女はいないだろうが」

そして結論「(さら)おう」

 

「なんだと?」と問い返す孫策に、周瑜はこう答えました。

周瑜

 

「気持は、あとでわかって貰えばいい。とにかく、青と黄色を攫ってしまうのだ」

青と黄色というのは、以前孫策たちが姉妹を見た時に姉妹が着ていた服の色です。

その時孫策は「俺は、青い着物を着た方だ」と言っていました。

ワイルドですね。定食屋で「俺はカツカレーだ」とでも言うような調子です。

黒山賊

 

姉妹を攫うことに決めた二人は十人のならず者を金で雇い、

自分たちは川岸に付けた舟の上でスタンバイ。ならず者たちに姉妹を襲わせて、

「道は危ない。舟のほうが安全です。こちらに移りなさい」と姉妹に呼びかけ、

彼女たちが乗り込んだところで舟を出し、逃げ出せない状況の中で求婚しました。

孫策

 

こうして出来事だけを抜き出してしまうとヒャッハーな感じがしますが、

小説をちゃんと読めば孫策たちのいちずさが伝わってくるエピソードであります。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

北方謙三さんの『三国志』は現代の小説ですからさておき、

『魏略』と『世説新語』は魏晋南北朝(ぎしんなんぼくちょう)時代の書物ですから、

三国志の時代には女さらいということは珍しくなかったのかな、と思わされますね。

後漢末は流民も多かったですから、どこで誰がどんなことになっていても

「ま、乱世だし」で片付けられていたのかもしれません。

 

なにげない日常を過ごしている女性の目の前に、ある日突然男が現われて

「あんたをさらいに来た」っていうシチュエーションって、どうなんでしょうかね?

日常に飽き飽きしていたら喜んでさらわれるかもしれませんが、

そこそこ満足して過ごしている場合には、それを邪魔されたら迷惑なんじゃないでしょうか。

また、さらいに来た男性が好みに合えばいいですが、

全然好みじゃない感じの男性だったら悲劇です。

龐統

 

テレビで女性向け恋愛ゲームのコマーシャルなんかを見るたびに、

もしもこの相手が全然好みじゃない男性だったら自分はどう感じるかな、と想像してみることは、

悪趣味な私の数少ない趣味の一つです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった2

関連記事:三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  2. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事…
  3. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣…
  4. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  5. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  6. 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  7. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今…
  8. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦
  2. 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?
  3. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる
  4. 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?
  5. 三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは
  6. 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介 ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの? 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの? 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相 キングダムネタバレ569話「エンポ爺出撃!」レビュー解説 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説

おすすめ記事

  1. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  2. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!
  3. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  4. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる
  5. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生
  6. 【3000文字でわかる】!禁門の変(蛤御門の変)をすっきり解説
  7. 【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム
  8. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP