よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹と田豊の仁義なきバトル物語

この記事の所要時間: 250




袁紹

 

袁紹(えんしょう)は名門であったこともあり多くの有能な人材をいっぱい部下にしていました。

例えば顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう)は勇猛果敢な勇将で彼らの名前は他国にまで響いていました。

 

また文官では沮授(そじゅ)は軍師として有能で曹操(そうそう)も彼には一目置いている人物でした。

このように多くの人材を手に入れていた袁紹ですが、仲の悪い部下がいます。

 

その部下の名前は田豊(でんほう)といいます。

袁紹田豊はいつもバトルを繰り広げていたそうです。

今回はこの二人の仁義無きバトル物語を紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

関連記事:田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣

 

 

第一回戦!!袁紹を助けるために行動した田豊に激怒した袁紹

田豊に激怒した袁紹

 

袁紹は河北を統一するため幽州の公孫瓚(こうそんさん)と激しい戦いを繰り広げていました。

そしてついに袁紹は公孫瓚の軍勢と一大決戦を行います。

 

公孫瓚の騎馬隊は強力でいつもこの騎馬隊に苦戦していましたが、

袁紹は盾を用いた弓隊と歩兵部隊を用いて騎馬隊を蹴散らすことに成功。

 

公孫瓚は自慢の騎馬隊が撃破されてしまったため、撤退していくのでした。

袁紹は公孫瓚軍が撤退していったことで戦に勝ったと思い込んでいるところへ、

公孫瓚の騎馬隊が突撃してきます。

 

この時袁紹の本陣には数百の軍勢しかいなくて、危機的状況へ陥ってしまい、

袁紹も敵兵からの弓で軽症を追ってしまうのでした。

 

田豊はこの時袁紹の本陣にいたため、彼を救うために盾の後ろへ袁紹の身を避難させます。

君主が危機的状況に追い込まれているので田豊がとった行動に何一つとして悪いところがありません。

 

しかし袁紹は田豊の行動にブチ切れ、

てめー何しやがる!!武人は戦場で討たれる事を覚悟しているのだ。

こんな盾の後ろに隠すなど余計なお世話だ!!

 

と言って騎馬隊を打ち払うべく盾の外へ出て軍勢を指揮するのでした。

田豊は戦の最中だったので文句を言いませんでしたが、

腹の中では袁紹に怒っていたと思います。

 

 

第二回戦最大のチャンスを逃した袁紹にブチ切れた田豊

袁紹にブチ切れた田豊

 

第二回戦は曹操を討ち滅ぼす最大のチャンスを袁紹が逃したことに田豊が激怒してしまいます。

どうしてこうなったのか。

 

曹操劉備(りゅうび)が反乱を起こしたため、彼を討伐するべく自分で軍勢を率いて劉備討伐へ向かいます。

この時袁紹と曹操は敵対関係にあり、

二つの勢力が密接しているところではいつ戦がおきてもおかしくない状況でした。

 

そんな時に曹操自ら軍勢を率いて本拠地を後にしてしまいます。

田豊はこの曹操の行動を知るとすぐに袁紹へ

今曹操の勢力へ攻撃を仕掛ければ、簡単に曹操を滅ぼすことができますぞ!!

と力強く説得を行います。

 

しかし袁紹は田豊の意見を聞いて「いや今回はやめておこう」と却下。

田豊は「なぜこのチャンスを生かさないのです」と袁紹へ詰め寄ります。

 

すると袁紹は

だってさ。子供が風邪引いてるから心配なんだよ

と答えるのでした。

 

田豊はこの言葉を聴いて袁紹の元を去ると後で杖を地面にたたきつけて

「くそが!!最大のチャンスを生かさないなんて」

と言って激怒したそうです。

 

袁紹はこの田豊の行動を聞くといやな顔をしていたそうです。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

仁義無き戦い決着

田豊

 

袁紹は曹操を討ち破るため大軍を引き連れて南下することに決めます。

田豊はこの決定がされた時「持久戦で曹操と戦うべきです」と袁紹へアドバイス。

 

袁紹は田豊の言葉を聞くと激怒し

こいつは兵の士気を下げるような言葉をはいた。すぐに牢屋へぶち込め!!

と命令を出した後、軍勢を率いて出陣していきます。

 

田豊はその後官渡の戦いで敗北した袁紹の命令によって殺害されてしまうのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁紹と田豊はどうしてこんなに険悪なのでしょうか。

その理由はレンの推測ですが、生理的にそりが合わなかったのかもしれません。

 

田豊が袁紹に仕官した当初から険悪であったわけでなく、

袁紹が少しづつ田豊のアドバイスが気に食わなくなり、

最後は最悪な結末を迎えてしまったのではないでしょうか。

 

参考文献 【ちくま学芸文庫 正史三国志魏書】など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?

関連記事:郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  2. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  3. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  4. 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳
  5. お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術
  6. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  7. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  8. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 大久保利通の死後、子供たちはどうなったの?八男一女を紹介
  2. 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家
  3. kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」
  4. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  5. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  6. 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった! 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!! 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの? 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの? キーワードは劉備の最期一文字に託された陳寿の思い 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

おすすめ記事

  1. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス
  2. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介!
  3. 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した
  4. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  5. 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?
  6. 西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想
  7. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  8. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP