郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

郭嘉

 

曹操(そうそう)には優れた軍師がいっぱいいます。

その中でも代表的な軍師と言えばやっぱり郭嘉(かくか)が一番手にあがると思いますが、

他にも優秀な軍師はいっぱいいます。

例えば曹操を殺す寸前まで追い詰めた賈詡(かく)は曹操軍の軍師の中でも

かなり優れている軍師だと言えるはずです。

そこで今回は郭嘉と賈詡一体どちらが最強の軍師なのか決めてみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない

関連記事:賈詡に学ぶベストな転職の方法


曹操に惜しまれた天才と前漢時代の陳平と言われた逸材

前漢時代の陳平と言われた逸材

 

郭嘉と賈詡がどのような人物なのか知らないと今回の比較記事を読んでも全く面白くないので、

ここでは郭嘉と賈詡がどのような人物なのかちょこっと紹介したいと思います。

郭嘉は曹操の軍師として仕え、彼のため適切なアドバイスを次々と行い、天才的な才能を発揮します。

しかし郭嘉は寿命に恵まれず若くして亡くなってしまいます。

 

曹操は郭嘉が亡くなると彼の才能を失った事を大いに悲しみ、彼の若すぎる死を嘆いたそうです。

では賈詡はどのような評価をされていたのでしょうか。

賈詡は若かりし頃、ある人から

「君は前漢時代の陳平(ちんぺい)張良(ちょうりょう)に匹敵するほどの人物になるだろう」

と評価を下されたこともありました。

 

そんな賈詡は曹操に士官する前、董卓(とうたく)李傕(りかく)張繍(ちょうしゅう)等の君主に仕え、自分の才能をフルで発揮。

そして曹操に仕えた賈詡は曹操・曹丕(そうひ)の二代に仕え、

いろいろな場面で状況をしっかりと判断したアドバイスを行っています。

 

郭嘉は曹操に惜しまれた天才郭嘉と前漢時代の名参謀陳平に匹敵するほどの才能を持った賈詡が

どのような人物なのか少し紹介しました。

ではここからは郭嘉と賈詡のどちらが秀でているのか比べてみたいと思います。


「天才的な予見力と閃き」と「的確なアドバイス」

郭嘉

 

郭嘉は「天才的な予見力を持った軍師と言えると思います。

郭嘉のどこら辺が天才的な閃きを持った軍師なのかを彼のエピソードを交えて紹介しましょう。

郭嘉は劉備(りゅうび)呂布(りょふ)に追われて逃げてきた時、曹操へ

「劉備は英傑となる人物です。必ずここで殺害するべきです。

もし生かしておけば、必ず我らにとって大いなる災いになります」と進言。

曹操は郭嘉の進言を取り上げずに劉備を歓迎します。

しかし郭嘉の予言は当たり、彼の死後劉備が強大な勢力となって曹操に敵対することになります。

郭嘉の予見力が天才的な領域に至っている事を表すエピソードだと

言えるでしょう。

賈ク

 

郭嘉が天才的な予見力を持った軍師なら

賈詡は「的確なアドバイスを行える」軍師と言えるでしょう。

賈詡のどの辺が的確にアドバイスを行えるのか彼の実績から紹介したいと思います。

賈詡は張繍の軍師として仕えていた時、

曹操と袁紹(えんしょう)の二大勢力が中華の覇者の地位をかけて大戦が勃発する所でした。

張繍は曹操よりも大きな勢力を持っている袁紹から使者がやってきて

「味方にならないか」と誘われます。

張繍は袁紹の使者に対して「わかった味方になる」と意見を述べようとした所、

軍師の張繍が発言を遮ります。

 

賈詡は袁紹の使者へ

「お前の味方になんかなるもんか。おととい来やがれ」と悪態をついて

袁紹の使者を追い返してしまいます。

張繍はびっくりして「どうして袁紹の使者を追い返してしまったのか。」と

賈詡に怒りながら説明を求めます。

 

すると賈詡はケロっとした顔で

「曹操の味方になったほうが有利だからです。

曹操は袁紹より弱いですが、彼の元には皇帝がいます。

更に弱いからこそ我らが降伏すれば、大切に扱ってくれるでしょう。

また曹操は天下統一を志にしている事から、我らと敵対した過去を水に流してくれるはずです。

これらの理由から袁紹なんかに味方するべきではないと考え発言しました」と張繍に語ります。

曹操のご機嫌を取る張繍

 

張繍は賈詡の進言を聞いて「わかった。曹操に味方しよう」と渋々決断し曹操へ降伏します。

その後賈詡の決断は見事に当たり、袁紹は曹操に敗北し滅亡することになります。

誰がどう見ても袁紹の方が曹操よりも強い勢力だったにも関わらず、

曹操の方が有利であると的確に状況を判断してアドバイスを行った賈詡の実績を紹介しました。

 

さてこの二人一体どちらが優れているのかこれだけで判断するのは難しいと思うので、

もう一つエピソードを紹介しましょう。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

戦術的なアドバイスと戦略的なアドバイス

郭嘉

 

郭嘉は主に戦術的なアドバイスに優れていた軍師と言えるでしょう。

そして賈詡は戦略的に優れていた軍師と言えます。

ここでは郭嘉の例を先に紹介したいと思います。

例えば烏桓討伐戦(うかんとうばつせん)の時です。

 

郭嘉は北方の烏桓に逃げ込んだ袁紹の息子達を討伐するため、烏桓討伐を曹操に進言。

曹操は郭嘉の進言を採用し、自ら兵を率いて烏桓討伐を行います。

郭嘉は曹操の領土の北端・(えき)まで来ると

張遼

 

「兵は神速を尊びます。輜重をここに置いて後からくる部隊にまかせ、

我らは全速で烏桓の本陣を攻撃すれば、

烏桓の防備が整う前に打ち破ることができます」と進言。

 

曹操は郭嘉の進言を受け入れて烏桓本陣へ攻撃を行い、見事に勝利を得ることに成功するのでした。

もしここで郭嘉の進言を曹操が採用しなければ、烏桓討伐に時間がかかることになり、

各地の群雄達が曹操不在の領土へ攻撃を仕掛ていたことでしょう。

 

そうなれば曹操勢力が大きく減り、違う群雄が三国志の一角を担っていたかもしれません。

これらを考えれば郭嘉が優れた戦術的なアドバイスを進言していたのかお分かりになると思います。

では次に「戦略的に優れていた」賈詡の逸話を紹介しましょう。


「戦略的に優れていた」進言とは

賈クと曹操

 

賈詡は戦略的に優れたアドバイスができる軍師と言えるでしょう。

例えば赤壁(せきへき)の戦いが始まる前、賈詡は曹操へ

 

「殿は袁紹の勢力を壊滅させ北方を手に入れ、

今劉表の息子達を降伏させて荊州を得ることに成功しています。

ここからは強大な軍事力を使うのではなく、まずは荊州を豊かにし、

荊州の軍事力をより強大にしながら、各地の土地にいる民衆へ恩恵を与えて領土を統治すれば、

戦うことなく江東を得ることが出来るでしょう」と進言します。

 

しかし曹操は賈詡の進言を採用することなく、軍事力を行使して江東を手に入れようとします。

しかし結果は赤壁の戦いで孫権(そんけん)率いる水軍にボロボロにされてしまい敗北してしまいます。

もしこの時賈詡の進言を聞いていれば赤壁の戦いが勃発することなく

江東を手にれることができたかもしれません。

これらの事を考えると賈詡は戦略的に秀でていた軍師だったと言えるのではないでしょうか。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

では郭嘉と賈詡いったいどちらが秀でているのでしょうか。

レンとしましては郭嘉と賈詡は甲乙つけがたく引き分けにしたいと思います。

本当にすいません。

 

でも郭嘉と賈詡は軍師としてのタイプが違い中々比較することができません。

郭嘉は戦術的な点や未来についての予見力では賈詡が劣っていると思います。

 

しかし戦略的な観点で物事を見てアドバイスする能力については

郭嘉よりも賈詡の方が優れていると思います。

そのため今回の軍師対決は引き分けにしたいと思います。

ジャッジメントが甘くて申し訳ないです。

 

参考文献 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』

関連記事:天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

関連記事

  1. 曹操
  2. 劉邦
  3. 陸遜
  4. 西遊記 孫悟空
  5. 呪われている太史慈

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP