キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?

この記事の所要時間: 451

 




 

正史三国志の注にひかれている『益部耆旧雑記(えきぶききゅうざっき)』によれば、

(しょく)の丞相・諸葛亮(しょかつりょう)が対魏遠征中に病気になり症状が重くなった時

首都の成都から李福(りふく)が勅使として派遣されました。

 

そのとき、李福は諸葛亮亡き後に政治を担うべき人物は誰であるかを諸葛亮にたずねます。

諸葛亮が答えた後継者は蒋琬(しょうえん)。その次は費禕(ひい)。その次は、と李福がたずねると、

諸葛亮は返事をしませんでした。

三人目の後継者候補を挙げなかった諸葛亮。どうして質問に答えなかったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?

関連記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

 

 

『益部耆旧雑記』の記述

 

『益部耆旧雑記』の記述を整理してみましょう。

諸葛亮が重病であることを知った皇帝・劉禅(りゅうぜん)は、李福を勅使として派遣し、

お見舞いかたがた国家の大計について諮問してくるよう命じました。

 

諸葛亮に会った李福は、皇帝の言葉を伝え、諸葛亮のことづてを聞き、成都へ引き返します。

帰路について数日経ったところで、まだ聞かなければならないことがあったと気付き、

急いで諸葛亮のところへ馳せ戻ります。すると諸葛亮はこう言いました。

 

「あなたが戻って来た理由は分かっています。

先日の会見で足りないところがあるとは思っていたのですが、

戻ってこられたら決断するつもりでした。

あなたの質問への答えは、公琰(こうえん)蒋琬のあざな)です。」

 

質問されてもいないうちから答えを言ってますぜ。

なんですかね、この鬼謀神算(きぼうしんさん)ぶりは。ちょっと話を盛ってやしませんかね。

(盛ってなくて事実こんな人だったらちょっぴり嫌味……?)

 

李福 「閣下の百年の後を考えた場合、誰に大事を託すべきか、

先日お聞きしそびれましたので戻って来ました。蒋琬の後は誰に任せるべきでしょうか?」

諸葛亮 「文偉(ぶんい)費禕のあざな)が継ぐとよいでしょう」

 

李福はさらにその次は誰がよいかをたずねましたが、諸葛亮は答えませんでした。

 

 

三国志演義の記述

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)では、李福は諸葛亮との一回目の会話を終えて帰路についてから、

数時間後に戻ってきています(『益部耆旧雑記』では数日後でした)。

さっき会った時にはふつうに会話できた諸葛亮が、

わずかの間に容態が急変して意識不明になっているので李福はびっくり。

後継者候補を聞きそびれたと思って泣きわめきます。

しばらくすると諸葛亮は目を覚ましました。

 

「あなたが戻って来た理由は分かっています」

「天子の御命により丞相の百年の後の大事を誰に任せるべきかを

お聞きしなければならなかったのに、粗忽(そこつ)にて聞きそびれたため戻って来たのです」

「私の死後に大事を任せるのは蒋公琰(しょうこうえん)がよろしい」

「公琰の後は誰が継ぐべきでしょうか」

費文偉(ひぶんい)がよいでしょう」

「文偉の後は誰が継ぐべきでしょうか」

 

諸葛亮は答ません。諸将が近寄ってみると、諸葛亮はすでに亡くなっていました。

この文脈だと、話している途中に亡くなってしまったために

三人目の後継者候補を言えなかったみたいに見えますね。

三国志演義毛宗崗(もうそうこう)本にはこんな評が入っています。

 

費禕之后、漢祚亦終矣。先生所以不答。

(費禕が亡くなった後は漢が滅びるから先生は答えなかったのである)

 

いやいやまさか。全知全能の神でもあるまいに。

費禕が253年に暗殺されて蜀が263年に滅びることまで

予知したうえで李福の質問に答えなかったなんて、ありえへん。

30年後のことなんて誰にも分かりませんて。(演義の諸葛亮なら分かるのかな……)

 

北伐の真実に迫る

北伐  

三人目の後継者候補を答えなかった理由

 

三国志演義だと亡くなってしまったから口がきけなくなっただけの沈黙のように見えますが、

『益部耆旧雑記』の記述では勅使が戻るまで数日という悠長さであり、

諸葛亮の容態はさほどせっぱつまっておらず充分しゃべれたけど

その質問には答えたくないから黙っていたのだというふうに見えます。

 

意図的に口を閉ざしていたのだとすれば、それはどういう理由からでしょうか。

普通に考えて、蒋琬や費禕に後を託せばその先は彼らがうまくやってくれるだろうという

信頼感があったんじゃないでしょうかね。

その先までも亡き自分がコントロールし続けようとするよりも、

その時代を生きる彼らに臨機応変(りんきおうへん)にやってもらうほうが現実的だと考えたのではないでしょうか。

 

正史三国志費禕伝の記述によれば、諸葛亮が南征から帰還した際、

ほとんどの人は年齢・官位ともに費禕より上であったそうですから、

費禕はずいぶん若いです。まだまだ何十年も働けます。

いくらあっしが鬼謀神算の諸葛亮でも何十年後の費禕の後までは分かりませんや。

(ましてや費禕がさあこれからという時に暗殺されることなど知るよしもなし)

 

諸葛亮の頭の中に後継者候補はあったのか

 

諸葛亮は返事をしませんでしたが、頭の中に後継者候補の名前はあったのでしょうか。

何人かは期待できる若手の名前が頭にあったかもしれませんね。

正史三国志で「蒋琬費禕姜維伝」というのがあるのを見てしまうと、

姜維(きょうい)が三人目の候補者かしらと思ってしまいがちですが、

費禕のあとに頼りになりそうな人が姜維たった一人だけだったということもないでしょう……。

(姜維はのちに費禕と組んで北伐を行っていますけれども)

 

三人目の候補者名なんて明かせない

 

もしもはっきりと三人目の候補者名が頭にあったとしたら、

なぜそれを言わなかったのでしょうか。

それは、若い費禕の後を継ぐような人物なら

今はまだくちばしの黄色いペーペーだからだろうと思います。

 

これからどう転ぶか分かりませんし、いま名前を出してしまうと、

なんとか彼をつぶして自分がその座についてやろうと企む先輩が彼をいじめるかもしれません。

そういう圧力を跳ね返せるほどの年齢と地位と実績は、彼にはまだないのです。

いずれ彼にと思っていても、そっと黙って大事にしてあげないといけません。

 

後継者なんて言う気なかった

 

諸葛亮は李福との一回目の会見の時に、いつか後継者候補を聞かれるかもしれんな~と

思いながら自分からはその話題に触れず帰らせてしまっています。

おそらく、諸葛亮は聞かれなければずっと黙っていたかったのだろうと思います。

 

正史三国志蒋琬伝によれば、諸葛亮はとっくの昔に皇帝への密奏で

「私に不幸があった場合には後のことは蒋琬にお任せ下さい」と伝えてありますので、

諸葛亮としてはそれで充分だと考えていたのでしょう。

自分の次は蒋琬。後のことは彼がうまくやるサ。

自分がいなくなった後の先々までコントロールしようとは思っていなかったのです。

 

李福の質問に、二人目まではいやいや答えましたが、三人目の後継者を言わなかったのは

まっとうな対応であったと思います。

 

異常なまでの依存体質

 

諸葛亮の対応は常識的なものであったと思います。

丞相の次の次の次まで聞いてしまう李福が異常ですね。

諸葛亮亡き後は誰に媚びを売るべきか知りたかったのでしょうか。

 

自分が官僚生活を終えるまでずっと諸葛亮のオススメ人材に

従っていけるというメドが立たなければ不安だったのでしょうか。

未来を自分の手で切り拓くという気概が感じられませんね。

 

李福が就いていた尚書僕射(しょうしょぼくや)という官職は

九品官人法に換算すれば三品官に相当する高官ですから、

蒋琬の次は俺が!ぐらいの勢いで意気揚々と成都に帰って行ってもよさそうなものなのに。

諸葛亮の独裁政治によってすっかり依存体質ができあがってしまっていたのでしょうか。

 

これが李福一人だったらいいですが、

もし蜀の官僚の多くがそのような考え方でいたとすれば、

このあと三十年足らずで蜀が滅亡したのも自然な成り行きなのかなという気がいたします。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

丞相の次の次の次まで聞こうとする李福像は『益部耆旧雑記』に書かれているものですが、

用件を聞く前に回答を言うという諸葛亮の鬼謀神算すぎて嘘くさい描写を見ると、

『益部耆旧雑記』の信憑性(しんぴょうせい)を疑いたくなってしまいます。

 

『益部耆旧雑記』は正史三国志の著者である陳寿(ちんじゅ)の作だそうなので、

嘘っぱちだとも言いにくいのですが……。

李福の依存体質もなんだかおかしいし、嘘であってくれるほうがすっきりしますなぁ……。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!

関連記事: 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム
  2. 曹操には弱点はないの?
  3. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  4. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  5. 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介
  6. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  7. 袁紹と田豊の仁義なきバトル物語
  8. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは
  2. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!
  3. 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?
  4. 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ
  5. 【キングダム540話】休載祭りリターン!今度は壁が大活躍?
  6. 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 佐久間象山は天才?実際の所を検証 よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!? 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える 【お知らせ】「耳で聞いて覚える三国志」の朗読を再開しました

おすすめ記事

  1. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事!
  2. 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?
  3. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  4. 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操
  5. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた
  6. 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点
  7. 【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの?
  8. お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP