費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

費禕

 

諸葛亮(しょかつりょう)蒋琬(しょうえん)に続いて(しょく)の政治を担った費禕(ひい)

呉との外交をそつなくこなし、多忙な中でもしっかり遊び、

いつも魏延(ぎえん)楊儀(ようぎ)のけんかを仲裁していたことで知られるナイスガイです。

 

しかし彼は本当にナイスガイなのでしょうか。

魏延と楊儀の顛末を見ると、費禕は親身になって人の相談に乗るような顔をしながら

他人の弱みを握って足をすくう食わせ者のようにも見えます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事: 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデタ

関連記事: 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?


魏延と楊儀のけんかを仲裁していた費禕

魏延と楊儀のけんか

 

正史三国志費禕伝に次のような記述があります。

 

軍師の魏延と長史の楊儀は互いに憎悪しており、同席して言い争いになるたびに

魏延は楊儀に刀をさしつけ、楊儀は涙を流すようなありさまであった。

費禕はいつも二人の席の間に割って入り(いさ)(さと)した。

諸葛亮が存命の間、魏延と楊儀がそれぞれ能力を発揮できたのは、

費禕の助力のおかげであった。

 

諸葛亮が存命の間は、費禕が二人の間をとりなしていたんですね。

諸葛亮の死去により、両者の対立は決定的なものになります。


魏延をだまして脱出

魏延をだまして脱出

 

諸葛亮は北伐の前線・五丈原で陣没しました。

そのさい、撤退(てったい)の総指揮を任されたのは楊儀です。

諸葛亮は、もし魏延が指示に従わなければ彼は放っておいて

楊儀たちだけで出発してしまえと言い遺していました。

さて、魏延が楊儀の言うことを聞くかどうか。

楊儀は費禕に様子を探りに行かせました。

軍が撤退することと、その総指揮を取るのは楊儀だということを費禕が伝えたところ、

魏延はこうに言いました。

 

丞相が亡くなられたとはいえ、まだこの私がいる。

丞相府の役人たちは帰還して葬式を行えばいい。

私は残って軍勢を率いて賊を伐つ。

一人の人間の死によって天下の大事を廃していいものか。

それに、この魏延ともあろう者が、楊儀ごときの使いっ走りとなり

しんがりを請け負うことなどできようか。

 

そして魏延は費禕と一緒に残る部隊の選定を行い、連名で諸将への命令を出しました。

魏延の勝手な命令書に自分もサインした費禕。

魏延の言うことにさようごもっともと調子を合わせていたのでしょう。

そして魏延に対してこう言いました。

 

私はいったん帰って楊長史を説得してきましょう。

長史は文官で軍事に(うと)いですから、きっとご命令に従うでしょう。

 

うまいことを言って魏延のもとからスタコラサ。

魏延は後悔して費禕を追いましたが、追いつくことはできませんでした。(魏延伝)

楊儀のもとに戻った費禕は、

魏延のやつこんな勝手なことを言ってましたぜと告げ口しました。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

楊儀が魏延を誅殺

楊儀が魏延を誅殺

 

楊儀は魏延が自分の指示に従う気がないことを知ると、

諸葛亮の遺命通りに魏延を放置して自分たちだけで撤退を開始しました。

前線に取り残されたことを知った魏延はカンカンに怒り、

楊儀の先回りをして撤退の通路を焼いてしまい、楊儀との対立姿勢をあらわにしました。

 

蜀の領内まで撤退した両陣営。魏延の部下たちは、楊儀側から

「丞相が亡くなられて亡骸も冷め切らないうちからどうしてこのような狼藉(ろうぜき)をはたらくのか」と

叱られると逃げ散ってしまい、魏延は楊儀側の武将・馬岱(ばたい)に斬られました。

魏延の首が届けられると、楊儀はそれを踏みつけながらこう言いました。

「ばかめが。もういちど悪さをできるものならやってみろ!」

そして、魏延の三族を皆殺しにしました。(魏延伝)

 

干されてすさむ楊儀

干されてすさむ楊儀

 

撤退の総指揮をとり、魏延を討ち、功績がきわめて大きいと考えていた楊儀は、

自分が諸葛亮の後継者になるべきだと考えていました。

ところが、後継者になったのは楊儀より年齢も実績も下の蒋琬。

楊儀は閑職の中軍師になっただけでした。

 

これに不満たらたらの楊儀。あからさまにイラついた態度をとり、

発言にも節度がなかったため、誰も彼も楊儀のことをシカトしました。(楊儀伝)


友だちづらして相談に乗る

友だちづらして相談に乗る費禕

 

誰にも相手にされず一人で荒れすさんでいた楊儀のところへ

費禕は訪問し、楊儀を慰めました。

楊儀は費禕に思う存分愚痴(ぐち)を言い、こんなことまで言いました。

 

丞相が亡くなった時、軍を挙げて魏延に味方していれば、

こんな落ち目にはならなかったものを。

(楊儀伝)

 

費禕は友だちのような顔をして、ウンウンと相づちをうちながら

感じよく聞いてあげていたに違いありません。

 

さんざん気持ちよく愚痴らせておいて、後で皇帝・劉禅(りゅうぜん)に楊儀の失言を密告しました。

楊儀はまもなく官位を剥がれて平民に落とされ、流刑に処されました。

流刑地からも誹謗文書を皇帝に送りつけ、その文言が過激であったため、

楊儀は逮捕され、そして自殺しました。


  

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

魏延にしても楊儀にしても、費禕が感じよくウンウンと頷いてくれるから

気を許してしまったのではないでしょうか。

費禕はそのようにして相手の懐に入り込み、そして相手にとって不利な材料を

そこから掴み取って相手を追い落とすような、そういう腹芸のできる人であったように思います。

 

費禕が悪人であったとは言いませんが、ちょっと気をつけたい相手ですね。

皆様の身の回りで、いつも厳しいことばかり言ってくるような人は、

たいした脅威ではないかもしれません。

本当に危険なのは、何をやっても受け容れてくれるような顔をしている人かもしれませんよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者

関連記事:【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  


 

関連記事

  1. 華陀と麻沸散
  2. 生徒に勉強を教える盧植
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 曹操と劉備

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • ちりくん
    • 2019年 7月 06日

    「7掛けの魯粛」が私の今までの費禕評でしたが、記事を読んで考えが変わりました♪
    こいつぁ怖ぇや。絶対敵にはしたくないし、かと言って親しくしてたら気づかないうちに寝首cut off
    うーん…同僚ならともかく、直近の上司が費禕なら迷わず転職サイトを開くしかなさそうですね

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP