ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう

費禕




費禕

 

諸葛亮(しょかつりょう)蒋琬(しょうえん)に続いて(しょく)の政治を担った費禕(ひい)

呉との外交をそつなくこなし、多忙な中でもしっかり遊び、

いつも魏延(ぎえん)楊儀(ようぎ)のけんかを仲裁していたことで知られるナイスガイです。

 

しかし彼は本当にナイスガイなのでしょうか。

魏延楊儀の顛末を見ると、費禕は親身になって人の相談に乗るような顔をしながら

他人の弱みを握って足をすくう食わせ者のようにも見えます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事: 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデタ

関連記事: 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?

 

 

魏延楊儀のけんかを仲裁していた費禕

魏延と楊儀のけんか

 

正史三国志費禕伝に次のような記述があります。

 

軍師の魏延と長史の楊儀は互いに憎悪しており、同席して言い争いになるたびに

魏延は楊儀に刀をさしつけ、楊儀は涙を流すようなありさまであった。

費禕はいつも二人の席の間に割って入り(いさ)(さと)した。

諸葛亮が存命の間、魏延と楊儀がそれぞれ能力を発揮できたのは、

費禕の助力のおかげであった。

 

諸葛亮が存命の間は、費禕が二人の間をとりなしていたんですね。

諸葛亮の死去により、両者の対立は決定的なものになります。

 

 

魏延をだまして脱出

魏延をだまして脱出

 

諸葛亮は北伐の前線・五丈原で陣没しました。

そのさい、撤退(てったい)の総指揮を任されたのは楊儀です。

諸葛亮は、もし魏延が指示に従わなければ彼は放っておいて

楊儀たちだけで出発してしまえと言い遺していました。

さて、魏延が楊儀の言うことを聞くかどうか。

楊儀は費禕に様子を探りに行かせました。

軍が撤退することと、その総指揮を取るのは楊儀だということを費禕が伝えたところ、

魏延はこうに言いました。

 

丞相が亡くなられたとはいえ、まだこの私がいる。

丞相府の役人たちは帰還して葬式を行えばいい。

私は残って軍勢を率いて賊を伐つ。

一人の人間の死によって天下の大事を廃していいものか。

それに、この魏延ともあろう者が、楊儀ごときの使いっ走りとなり

しんがりを請け負うことなどできようか。

 

そして魏延は費禕と一緒に残る部隊の選定を行い、連名で諸将への命令を出しました。

魏延の勝手な命令書に自分もサインした費禕。

魏延の言うことにさようごもっともと調子を合わせていたのでしょう。

そして魏延に対してこう言いました。

 

私はいったん帰って楊長史を説得してきましょう。

長史は文官で軍事に(うと)いですから、きっとご命令に従うでしょう。

 

うまいことを言って魏延のもとからスタコラサ。

魏延は後悔して費禕を追いましたが、追いつくことはできませんでした。(魏延伝)

楊儀のもとに戻った費禕は、

魏延のやつこんな勝手なことを言ってましたぜと告げ口しました。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

楊儀が魏延を誅殺

楊儀が魏延を誅殺

 

楊儀は魏延が自分の指示に従う気がないことを知ると、

諸葛亮の遺命通りに魏延を放置して自分たちだけで撤退を開始しました。

前線に取り残されたことを知った魏延はカンカンに怒り、

楊儀の先回りをして撤退の通路を焼いてしまい、楊儀との対立姿勢をあらわにしました。

 

蜀の領内まで撤退した両陣営。魏延の部下たちは、楊儀側から

丞相が亡くなられて亡骸も冷め切らないうちからどうしてこのような狼藉(ろうぜき)をはたらくのか」と

叱られると逃げ散ってしまい、魏延は楊儀側の武将・馬岱(ばたい)に斬られました。

魏延の首が届けられると、楊儀はそれを踏みつけながらこう言いました。

「ばかめが。もういちど悪さをできるものならやってみろ!」

そして、魏延の三族を皆殺しにしました。(魏延伝)

 

干されてすさむ楊儀

干されてすさむ楊儀

 

撤退の総指揮をとり、魏延を討ち、功績がきわめて大きいと考えていた楊儀は、

自分が諸葛亮の後継者になるべきだと考えていました。

ところが、後継者になったのは楊儀より年齢も実績も下の蒋琬

楊儀は閑職の中軍師になっただけでした。

 

これに不満たらたらの楊儀。あからさまにイラついた態度をとり、

発言にも節度がなかったため、誰も彼も楊儀のことをシカトしました。(楊儀伝)

 

友だちづらして相談に乗る

友だちづらして相談に乗る費禕

 

誰にも相手にされず一人で荒れすさんでいた楊儀のところへ

費禕は訪問し、楊儀を慰めました。

楊儀は費禕に思う存分愚痴(ぐち)を言い、こんなことまで言いました。

 

丞相が亡くなった時、軍を挙げて魏延に味方していれば、

こんな落ち目にはならなかったものを。

(楊儀伝)

 

費禕は友だちのような顔をして、ウンウンと相づちをうちながら

感じよく聞いてあげていたに違いありません。

 

さんざん気持ちよく愚痴らせておいて、後で皇帝・劉禅(りゅうぜん)に楊儀の失言を密告しました。

楊儀はまもなく官位を剥がれて平民に落とされ、流刑に処されました。

流刑地からも誹謗文書を皇帝に送りつけ、その文言が過激であったため、

楊儀は逮捕され、そして自殺しました。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

魏延にしても楊儀にしても、費禕が感じよくウンウンと頷いてくれるから

気を許してしまったのではないでしょうか。

費禕はそのようにして相手の懐に入り込み、そして相手にとって不利な材料を

そこから掴み取って相手を追い落とすような、そういう腹芸のできる人であったように思います。

 

費禕が悪人であったとは言いませんが、ちょっと気をつけたい相手ですね。

皆様の身の回りで、いつも厳しいことばかり言ってくるような人は、

たいした脅威ではないかもしれません。

本当に危険なのは、何をやっても受け容れてくれるような顔をしている人かもしれませんよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者

関連記事:【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 兵士 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  2. 于禁と曹操 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  3. 大喬と小喬 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  4. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…
  5. 騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事…
  6. ホウ徳 龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった
  7. 郭嘉の本 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  8. 曹操 女性の敵? 鄒氏 【宛城の戦い】背後にあった女性(鄒氏)の謎と想像の考察

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • ちりくん

    「7掛けの魯粛」が私の今までの費禕評でしたが、記事を読んで考えが変わりました♪
    こいつぁ怖ぇや。絶対敵にはしたくないし、かと言って親しくしてたら気づかないうちに寝首cut off
    うーん…同僚ならともかく、直近の上司が費禕なら迷わず転職サイトを開くしかなさそうですね

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 何儀(かぎ)
  2. 関羽
  3. 曹昂(曹昴)
  4. 関羽の一騎当千
  5. 対立する西郷隆盛と大久保利通

おすすめ記事

  1. 【魏皇帝】曹丕は有能なのに「イマイチ」だと扱い始めたのは誰? 典論を掘る曹丕
  2. 呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは? 疫病が流行った村
  3. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致 孔明と魯粛
  4. 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生 魯粛
  5. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん
  6. キングダム580話最新ネタバレ予想vol2鄴攻めは尻切れトンボ? キングダム

三國志雑学

  1. 徐晃と許チョと曹操
  2. 荀彧
  3. 司馬懿を欲しがってた曹操
  4. 魏延の謀反を察する孫権
  5. 周瑜 死


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 公孫サン(公孫瓚)
  2. 蜀の厳顔
  3. 董卓
  4. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  5. 劉禅と董允
  6. 袁紹と曹操
  7. 劉璋(りゅうしょう)
  8. 韓非子を読む劉禅

おすすめ記事

劉備 食客 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 曹操 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話 袁術祭り 袁術祭り開催日程のお知らせ 桃園の誓012 涙なしには語れない桃園の結義 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた! 張コウ 張郃 張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!? 三国志 武器 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP