三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介

関羽に手紙を送る陸遜




関羽

 

219年、漢中を制圧した劉備(りゅうび)は漢中王を名乗ります。

さらに孟達(もうたつ)と劉封(りゅうほう)に上庸を攻め取らせました。

 

そして荊州を統治する関羽(かんう)を北進させ、魏領に攻め込ませたのです。

 

于禁(うきん)、龐徳(ほうとく)を倒して捕虜とし、

曹仁(そうじん)が守る樊城を囲んだ関羽でしたが、ここで思わぬ敵が出現します。

背後に襲い掛かったのは、江東の支配者である孫権(そんけん)でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る

関連記事:陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解説

 

 

魯粛の死により方針転換

魯粛が亡くなり悲しむ孫権と孔明

 

曹操(そうそう)を共通の敵とし協力し合うために、

劉備孫権の架け橋となっていたのは魯粛(ろしゅく)でした。

しかし、その魯粛が217年に病没すると、

後任の呂蒙(りょもう)は曹操と戦うことの無益さを孫権に説き、

関羽を倒して荊州を制圧することを進言します。

 

孫権はその提案を認め、曹操と手を組み、標的を関羽に絞ったのです。

劉備や関羽は、孫権のこの方針転換に気づきませんでした。

 

 

関羽の油断を誘う作戦

陸遜

 

関羽は、樊城攻略のために出陣した際に、

兵力の一部を公安と南郡に割いて、孫権に備えます。

 

ここで呂蒙は孫権に書簡を送り、

「病弱な呂蒙は治療のために建業に戻す」と指示を出すことを求めます。

そして呂蒙重病の噂を流し、その帰還を指示した文書が関羽に届くようにしました。

 

さらに建業に戻った呂蒙は、陸遜(りくそん)から荊州制圧の助言を受けます。

呂蒙は陸遜と話をし、その器量を認め、

孫権から呂蒙の後任として誰を陸口に派遣すべきか問われた際に、陸遜を推薦したのです。

 

まだ無名にちかい陸遜であれば、関羽はさらに油断すると考えたのでした。

陸遜は偏将軍・右都督に任命され、呂蒙と交代します。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

関羽に送った陸遜の書簡

関羽に送った陸遜の書簡

 

後任の陸遜は、魯粛以上に関羽に下手に出ます。

陸口に着任するや、関羽にへりくだった書簡を送ったのです。

 

書簡には、「関羽は偉大な将軍であり、

傍に身を置くことができて光栄である」ということや、

 

「曹操はずるがしこいやつなので、軽視せず、完全勝利を目指してほしい」、

「私は一介の書生にすぎず、このような大役に手探りの状態で、

見当違いのことをしていても見捨てないでほしい」という内容が書かれていました。

 

これを読んだ関羽はすっかり気を許してしまい、

守備兵を樊城攻略に割いてしまったのです

 

呂蒙と陸遜が先鋒となる

呂蒙と陸遜が先鋒となる

 

陸遜はそんな関羽の状況をすべて孫権に報告しており、

関羽を生け捕る策のポイントまで進言しています。

 

孫権は呂蒙と陸遜に先鋒を命じました。

精鋭の兵を大型船の船腹にひそませ、櫓をこがせる兵には白衣の服装で商人に化けさせました。

 

この策が功を奏します。

関羽は川岸に見張り所を設置していましたが、呂蒙らの接近に気づくことができなかったのです。

 

戦わずして、関羽の留守を任されていた武将である士仁(しじん)と麋芳(びほう)は投降しました。

さらに呂蒙は南郡の住民を保護する命令を下します。

部下が民家から笠をひとつ取り上げたことも許さずに処刑しました。

 

関羽は孫権の裏切りを信じられず、使者を何度も南郡の呂蒙のもとに出しましたが、

使者は家族たちが以前よりも厚遇されていることを確認し、

それを関羽の陣営の兵たちに伝えたため、兵たちは敵愾心を失いました。

 

かくして孤立無援となった関羽は、朱然潘璋に退路を断たれて捕らわれたのです。

 

三国志ライターろひもとの独り言

三国志ライターろひもとの独り言

 

こうして孫権は荊州南部を制圧。呂蒙は南郡太守に任命され、孱陵侯に封じられます。

陸遜は撫辺将軍に任命され、華亭侯に封じられました。

 

三国志では最強ランクに名を連ねる関羽に対し、

陸遜は油断させ、さらに兵站を断つことで、動きを封じたのです。

 

この辺りの陸遜の演技力は、

曹爽(そうそう)を油断させて葬った司馬懿(しばい)の演技力に対抗できるものです。

三国志界のアカデミー賞があったら、主演男優賞は陸遜か司馬懿が取るに違いないでしょう。

 

しかし、ここで孫権が劉備を裏切っていなければ、

関羽が曹操をどこまで押し込めたのか、三国志ファンとしては気になるところですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力

関連記事:陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 城銅雀台 まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ
  2. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武…
  3. 五虎大将軍の趙雲 三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介!
  4. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  5. 濡須口の戦いって何?どうして何度も戦争になるの
  6. 諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗
  7. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察
  8. 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 織田信長
  3. 曹叡

おすすめ記事

  1. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  2. 【三国ブレイズ 攻略3】LRの武将が二人加入!メンバー選択に大苦戦
  3. 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女
  4. はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介
  6. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

三國志雑学

  1. 夏侯惇
  2. 甘露寺 十字紋石
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明 司馬懿 陸遜
  2. 徳川家定
  3. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何? 諸葛孔明019 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義 三国志の英雄(魏 呉 蜀) 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介 週刊ビジネス三国志vo1サービスは出し惜しみするな キングダム556話「王翦の守り」ネタバレ&レビュー 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!! 劉備に足りないもの 三国志 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP