よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志平話

三国志平話が面白いのにすたれた理由




桃園三兄弟の劉備と張飛と関羽

 

三国志平話は、中国四大奇書(よんだいきしょ)の一つの「三国志演義(さんごくしえんぎ)」よりも前に刊行された三国志物語本です。

そこに記されているエピソードは三国志演義にもたくさん採用されており、三国志演義の元ネタになっていることは明らかですが、

三国志演義が大いに流行してずっと読み継がれてきたのに対し、三国志平話のほうはすっかりすたれてしまいました。

 

三国志平話は三国志演義よりも登場人物が生き生きとしており、たいへん魅力的な本なのですが、どうしてすたれてしまったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事: ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

関連記事:【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん

 

 

三国志平話の魅力とすたれっぷり

周瑜を取られて嫉妬する小喬

小喬

 

三国志平話には、三国志演義より優れている点があります。それは登場人物が一人一人魅力的であることです

例えば、三国志演義では女性の登場人物が感情をあらわにするシーンはあまりありませんが、三国志平話では諸葛亮(しょかつりょう)周瑜(しゅうゆ)を戦いに駆り立てようと

するのを見て周瑜の妻の小喬(しょうきょう)が怒るシーンや、孫権(そんけん)の妹が兄にとっての邪魔者である劉備(りゅうび)を暗殺しようとしながら劉備の魅力にぽーっとなって

暗殺を思いとどまるシーンがあり、登場人物に感情移入できるようになっています。

 

三国志演義では忠臣で天才で隙がないため可愛げに欠ける諸葛亮も、三国志平話では戸惑ったり口ごもったりするシーンがあり、人間らしく面白みがあ

ります。

 

このように、一面では三国志演義をしのぐ面白さのある三国志平話ですが、本場中国では三国志演義に淘汰され絶滅してしまい、現存している版本は

日本に渡ってきたものです。

(本場では無価値だと思われても日本では舶来ものだから大事にされたのでしょう)

 

 

すたれた理由1: 時代考証がめちゃくちゃ

関羽

 

三国志平話がすたれた大きな原因として考えられるのは、時代考証がめちゃくちゃすぎることです

 

年号もめちゃくちゃ、出来事もめちゃくちゃ。

ざっくりとしたところではいちおう三国志の流れに沿っていますが、史実に忠実であることは重視されておらず、三国志の人物や時代を利用して面白い

お話ができればそれでよいというような書かれ方をされています。

地名や人名には当て字が多く、地理的な知識もめちゃくちゃです。

 

群雄がいちいち「王」を名乗っていたり、劉備が水滸伝の宋江(そうこう)のようなアウトロー集団の親玉で朝廷に懐柔されたりと、世界観は三国時代ではなく

宋の時代のようになっています。

 

そこらへんを、歴史書を参照しながら三国時代に寄せて書いた三国志演義と比べてしまうと、三国志平話は子供の落書きのように見えてしまって、

人々から顧みられなくなるのももっともかなという感じがいたします。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

すたれた理由2: ストーリー性に欠ける

閻魔大王

 

三国志平話は、漢の建国の功臣でありながら建国後に殺された彭越(ほうえつ)韓信(かんしん)英布(えいふ)が劉備・曹操(そうそう)孫権に生まれ変わって人生をやり直す(?)

ところから始まり、漢王朝の後裔を名乗る劉淵(りゅうえん)が漢を再興する(?)というハッピーエンド(?)のストーリーです。

 

いちおう、無理くりストーリーはありますが、人間ドラマとか歴史ドラマとかいう感じではなく、形式だけでつじつまをあわせた感じで、

読後感が「???……キョトン」となります。

 

一方、三国志演義は、劉備・関羽(かんう)張飛(ちょうひ)が世の中をよくしたいという情熱だけで裸一貫で挙兵して、成功と挫折を繰り返しながら勢力を増し、

ライバルと戦いながら天下の三分の一を手に入れ、最後には自分たちもライバルもみな滅んでしまうという、盛り上げて泣かせて締めるストーリーで

す。

ドラマ的な盛り上がり方は申し分なく、この点でも三国志平話は勝ち目がありません。

 

すたれた理由3: 思想がない

呂布

呂布

 

三国志平話には思想がありません

三国志の舞台で、三国志の人物がダイナミックにわちゃわちゃ動いているのを楽しむだけの作品です。

ひたすら日常ドタバタコメディに終始して唐突に終わるギャク漫画のような印象で、読んでいる間は楽しいのですが、終わったあとに

「なんの話を読んでいたんだか? はにゃ?」となってしまいます。

 

一方、三国志演義は「演義(義を演ずる)」というだけあり、儒教思想で一本筋が通っています。

関羽の義、諸葛亮の忠、劉備の仁。こういう儒教っぽいところを見せつけられるので、儒教=インテリというイメージのあった前近代の人たちは

読んだあとに「読んだー!」という充実感を覚えることができたはずです。

 

曹操、逆賊、悪い奴、という価値観を身体に刻み込めば、自分も儒教的な意味での正義の味方になりきることができます。

読んでもなんにも残らない三国志平話よりウケたのは当然です。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

ライトノベルの書き方が紹介されているウェブサイトを参照すると、キャラが動いているだけじゃなくてカタルシスやテーマがないといけない

というようなことが言われているのですが、三国志平話には断片的なカタルシスしかなく、テーマは皆無です。

キャラクターが魅力的でも、それだけではやはり生き残れなかったのでしょう。

 

しかし、三国志演義を見慣れた目から見ると、三国志平話の自由な書きっぷりにはとても魅力を感じます。

思想的に自由なので、どの登場人物のことも悪く書く必要がないところが素敵です。

 

三国志演義で忠臣の諸葛亮をすごい人にみせるために魯粛(ろしゅく)が道化のようになってしまっていたり義の人・関羽を神々しくするために呂蒙(りょもう)が呪い殺され

たりするのを見ると、とても残念な気がするのです。

 

なんの縛りもなく、読者の興味のおもむくままに魅力的な登場人物を描いた三国志平話。

ご興味のある方は、ぜひお読みになってみて下さい!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事:【三国志平話】張遼が軍師で諸葛亮が剣客に!

関連記事:【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【三国志平話】ひどい!劉備が恩人の趙雲を裏切って逃走
  2. 【三国志平話】三顧の礼の諸葛亮が仙人で居留守
  3. 曹操を逃す関羽 【三国志平話】関羽が昔の恩義で曹操を見逃す名シーンがない!?
  4. 【三国志平話】諸葛亮が鬼謀神算じゃなくて親しみやすい
  5. 【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆?
  6. 【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人…
  7. 関羽と周倉 ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徳川家康をボコボコにする武田信玄

おすすめ記事

  1. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行
  2. 邪馬台国最後の王ニギハヤヒの野望!カムヤマト(神武天皇)は操られた?
  3. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  4. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか? 劉備勝ちまくり!仮想三国志
  5. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  6. 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの? 趙雲子龍

三國志雑学

  1. 関羽 関索
  2. 逃げる劉備追う曹操
  3. 城銅雀台
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜に憧れる袁術
  2. 魏延の謀反を察する孫権
  3. 太平道 黄巾賊

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介 燃える本能寺 【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親? 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介 袁家をイジメる董卓 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!? キングダム休載スペシャルリアルな秦軍の実態を解説 株式会社三国志で働く劉備と孔明 あの子が欲しい♪三国時代のヘッドハンテング事情

おすすめ記事

  1. 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い 関羽に惚れる曹操
  2. 【最終回 幻想少女】ここまで攻略プレイした感想を正直にお伝えします
  3. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!
  4. 小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?
  5. 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの?
  6. 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!! 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  7. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル
  8. 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる? 孔子と儒教

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP