陸遜の功績とは?荊州奪取のキーマンである陸遜の出世街道も紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽

 

湖北省(こほくしょう)武漢(ぶかん)の西。荊州古城(けいしゅうこじょう)は水に囲まれた風情のある城です。

三国時代の荊州(けいしゅう)(しょく)の前線基地として、関羽(かんう)が治めていました。

その荊州を奪還した陸遜(りくそん)、いかにして軍神・関羽を打ち取ったのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
「陸遜 功績」
「陸遜 出世」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣

関連記事:甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王

 


 

荊州は蜀の前線基地

顔良と関羽

 

今では観光スポットとなっている荊州古城ですが、三国時代は蜀軍の前線基地でした。例えるなら大韓民国と朝鮮の間にある板門店(はんもんてん
)
のような位置づけです。

江東(えとう)孫権(そんけん)にしても、中原(ちゅうげん)を制する曹操(そうそう)からしても荊州は地理的に重要な場所でした。

 

劉備と孫権

 

孫権から見れば、西の蜀へ向かうには必ず荊州を通ります。一番分かりやすいルートです。

現在でも荊州と成都(せいと)の間は交通が不便です。当時の呉軍からすれば荊州を押さえられれば、蜀への足掛かりをつかむことができたのです。

 

司馬徽と曹操

 

北の曹操から見ると蜀へ回る最短ルートではありませんが、呉軍も蜀軍も見張ることのできる位置。

攻略の必要性は低いものの、スパイを放つにはうってつけのエリアだったのです。

 


 

関羽が建てた荊州古城

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

桃園の契り(とうえんのちぎり)を交わし、劉備(りゅうび)から絶大な信頼を得た関羽。人生の後半は劉備とは離れ、孤軍奮闘する姿が描かれます。

 

関羽は神様

 

荊州古城は関羽が建てたもので、現在もその姿を留めています。

古隆中(こりゅうちゅう
)
”と並ぶ湖北省(かほくしょう)の観光スポットなので機会があれば訪ねてみるといいでしょう。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将


 

陸遜、呂蒙に推薦される

呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜

 

呂蒙(りょもう)が軍師代理として推したのが「陸遜」(りくそん)」です。

当時、荊州を攻略するにあたって関羽に名前が知られていないことも決め手となりました。

敵と対決で相手の情報が全くないのが、軍師にとって最も不安な状況です。

 

呂蒙

 

腕っぷしがいいだの、頭が切れるといったインフォメーションがあれば、それをとっかかりに作戦を練ることが可能です。

軍師の呂蒙(りょもう)らしい推薦理由と言えるでしょう。

 

関連記事:陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実

関連記事:陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?


  

 

 

陸遜のメール

関羽に手紙を送る陸遜

 

手始めに陸遜は関羽へと手紙を送ります。これによって動静を探ろうという魂胆です。

陸遜の手紙を読んだ関羽は呉軍は大したことはない、警備緩めても大丈夫だろうと高を括ります。

 

陸遜

 

しかし、これが陸遜の計略の一つでした。豪胆な関羽を油断させることに成功したのです。

忠義に厚いが戦略家ではない関羽。無名の陸遜を侮ります。

 

呉軍のコスプレ

陸遜と孫権

 

陸遜の偵察情報を得た孫権と呂蒙はチャンスとばかりに荊州奪取を決意します。槍兵に白い服を着せ、商人になりすまし荊州へと潜入させるのです。

陸遜の手紙によって警備を緩めていた荊州はあっさり呉軍の手に落ちます。

 

朱然によって捕まる関羽

 

関羽の妻は捕らわれ、補給もままなりませんでした。しかし、関羽は呉軍の行いは非道であるとして、降参しませんでした。

 

陸遜、夷陵に陣を張る

三国志の騎馬兵

 

南下する途中で関羽は南郡が占領されたニュースを耳にします。そして、騎馬隊を率いて南郡に引き返すのです。

 

時を同じくして孫権は陸遜を宜都(ぎと)へと派遣します。途中、夷道などを占拠し、あの”夷陵”に陣を構えるのです。

 

敗れる関羽雲長

 

関羽の軍隊は途中、江陵が占領されたことを知るとわずかな部隊を率いて麥城へと撤退。朱然(しゅぜん
)
らによって退路を断たれた関羽は健安24年12月に命を落とすのです。

 

陸遜の出世階段

関羽を油断させる陸遜

 

時に名前が知られていないことは有利に働きます。なぜなら、敵兵を油断させることができるからです。しかし、陸遜の送った手紙の文面が関羽を油断させる内容でなくてはなりません。陸遜は自分の立場を客観的に観察して、利用したのです。これぞ軍師の鑑です。

 

陸遜

 

やがて、陸遜は荊州奪取の功績を称えられ、「鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)」に任命されます。

 

鎮西とは「西を鎮める」の意で、しばしば古代中国ではこうした二つ名のようなネーミングが用いられます。

他にも”鎮東将軍(ちんとう しょうぐん)”、”鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)”、”鎮北将軍(ちんほくしょうぐん)”があり、合わせて四鎮将軍(しちんしょうぐん)と呼ばれます。

 

三国志ライター 上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

陸遜が鎮西将軍のきっかけをつかんだ”荊州奪取”をテーマに執筆しました。

当時、呉軍の軍師は呂蒙がメインでしたが、めきめきと頭角を表し、陸遜は活躍の場を広げていきます。

 

陸遜

 

チャンスはそれを迅速につかんだ者に訪れるのです。

陸遜が関羽を油断させるような手紙を書くスキルがなければ、荊州が呉軍の手に渡ることはなかったでしょう。

 

参考文献:湖南省地図冊(中国語) (中国分省系列地図冊)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労

関連記事:【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

 

【動画】劉備玄徳が三国志の英雄になれた理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

 

関連記事

  1. 孔子と儒教
  2. 楽進
  3. 曹休
  4. 李カク(李傕)と郭汜
  5. 張飛にお酒はだめだよ


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP