もしも、三国志の蜀に採用されたら働きたい?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明退治を妄想する朶思大王

 

三国志(さんごくし)』にまつわる作品に触れていると、

「もしもこうだったら…」

「あぁだったら…」

といつの間にか想像を膨らませていることはありませんか?

 

法正、劉璋、劉備

 

そして、数々の妄想を繰り広げているうちに

「もしもこの国で自分が働くことになったら…」

ということを思い浮かべたという人もいるでしょう。

 

妄想ではあるけれども、きっとあなたはその国で大活躍していたのではありませんか?

しかし、果たして実際にその国に採用されたとして、あなたは妄想通り活躍することができるでしょうか…?

 

蜀の姜維

 

今回は

「もしも(しょく)で採用されたらあなたは働きたい…?」

をお届けします。

 

自称・皇帝
当記事は、
「蜀 採用」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら?

関連記事:もし曹操が劉備と入れ替わったらどうなる?【三国志もしもシリーズ】

 


 

主君の劉備はでもでもだっての困ったちゃん

三国志の主人公の劉備

 

蜀の主君は知る人ぞ知る劉備(りゅうび)です。劉備は人徳厚く主君としてはもってこいの人物!

 

劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟

 

その徳で多くの人の心をつかみ、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)諸葛亮(しょかつりょう)趙雲(ちょううん)…その他諸々、様々な名称を部下として迎え入れてきました。

 

劉備 危機一髪

 

劉備の徳の高さは後世においても評され、『三国志演義(さんごくしえんぎ)』では主役に抜擢されています。

 

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

そんな劉備(りゅうび)の有名なエピソードといえば、二回り以上年下の諸葛亮(しょかつりょう)三顧の礼(さんこのれい)をもって迎えたことでしょう。

 

劉備にアドバイスをする法正

 

そんな劉備が治める国である蜀で採用してもらえたら、きっと自分も劉備に才を見出され、活躍の場を与えてもらえるはず…!と思うのは時期尚早。

 

劉備

 

もし仮に劉備によって才を見出してもらえたとしても、活躍できるかはまた別の話です。

 

三国志の主人公・劉備

 

なぜなら劉備は途轍(とてつ
)
もなく「でもでもだってちゃん」。

 

せっかく良い提案をしても

「でもでも…」「だって…」といつまでもうじうじうじうじ…。

 

全く話がまとまりません。

 

龐統

 

成都(せいと)攻略の際には、鳳雛(ほうすう)と称された龐統(ほうとう)もあえて上策・中策・下策の3つの策を提案して見せるほど。

 

龐統

 

まぁ、劉備(りゅうび)は中策をとるわけですが…。

 

陳登と劉備

 

でもでもだってちゃんな主君・劉備の元で手腕を発揮するには、聞き分けの良くない子どもをうまく転がすお母さん的スキルが必要になるでしょうね。

 


 

下手に仕事ができたら大変…嫉妬の炎をたぎらせるお局、関羽・張飛

曹操にキレて劉備を贔屓する張松

 

うまいこと主君・劉備に気に入られたとしても、今度は迫りくる炎に気を付けなければなりません。ジリジリと迫るその炎の正体は…嫉妬。

 

張飛に殺される秦宜禄

 

ふと気づくとデスクの衝立の隙間から関羽(かんう)張飛(ちょうひ)がお局よろしくあなたを睨みつけているかもしれません…。

 

張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

 

兄貴ラブな関羽(かんう)・張飛は三顧の礼(さんこのれい)で迎えられた諸葛亮(しょかつりょう)に対し、あからさまに嫉妬の炎を燃やしていたことで有名です

 

五虎大将軍の黄忠

 

特に関羽に至っては漢中王(かんちゅうおう)となった劉備が黄忠(こうちゅう)を後将軍に抜擢しようとした際、諸葛亮に「関羽が納得しないでしょう」と嫉妬の心配をされてしまう始末。

 

激怒する関羽

 

蜀でうまくやっていくためには関羽と張飛の嫉妬をうまくかわさなければなりません。なかなかどうして、神経がすり減りそうですね…。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志


 

人によっては嬉しいかも…?キレ者だけれど仕事を抱え込む諸葛亮

孔明

 

でもでも、蜀には皆の希望の光・諸葛亮(しょかつりょう)という人がいる…!そう思う人もいるでしょう。

 

魏延からの提案を却下する孔明

 

ただ、この諸葛亮という人は部下に仕事を振ることを一切しません。

 

過労死する諸葛孔明

 

主君・劉備の死後は特に自分ですべてを抱え込み、過労によって死ぬという結構残念な人物です。

 

孔明もコペルニクスに似ていた

 

部下にも「その仕事はあなたがしなければならないことですか?」と言われてしまうほど細かい雑務まで自分で全部やってしまおうとしてしまいます。

 

馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明

 

人によっては「諸葛亮がやってくれるから仕事せずに済むわ~、ラッキー!」なんて思うかもしれませんが、まっとうな感覚を持っている人であれば、

「自分は信用に足らないのか?」と不安と不満を抱えることになるでしょう。

 

城の前を掃除する孔明

 

真のリーダーは仕事を割り振るのがうまいなんて言われますし、諸葛亮にはリーダーの器が無かったのかもしれません…。

 

兵どもの夢を一瞬で忘れ去る劉禅坊ちゃま

亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲

 

劉備亡き後、諸葛亮や姜維(きょうい)が頑張ってなんとか三国統一を目指します。

 

鍾会

 

しかし、その夢は司馬昭(しばしょう)に派遣された鄧艾(とうがい)鍾会(しょうかい)らによって無残にも潰えてしまうことに…。

 

降伏する劉禅

 

劉備の忘れ形見である劉禅(りゅうぜん)は自分の身体を縛り上げて棺を担いで()に降伏。結果、劉禅は安楽公として幽州(ゆうしゅう
)
安楽県(あんらくけん)に封ぜられて命拾いします。

 

司馬昭

 

その上、司馬昭に招待された宴会で蜀の音楽が演奏された際、蜀の旧臣が涙を流す中一人ヘラヘラ。

司馬昭が蜀を思い出すかと尋ねれば、「いえいえ、ここは楽しく蜀を思い出すことはない」と平然と答える劉禅…。

 

孔明と劉備、関羽、張飛

 

父・劉備と劉備のために命をかけて戦った臣下たちの夢は…!?

その臣下たちの中には命を賭して劉禅を救った趙雲(ちょううん)もいたのに…!?

 

劉禅

 

あなたはこんな劉禅坊ちゃまに仕えたいですか…?


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)』において蜀は正義の国として描かれていますが、この国で働くのはなかなか大変そうですね。

私は三顧の礼(さんこのれい)を受けたとしても蜀では働きたくないです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延を考察!もしも劉備が赤壁の戦いで負けていたらどうなっていた?

関連記事:夷陵の戦いで勝つには?呉に対してどうするべきだったのか?

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

【動画】姜維が魏に残っていたら蜀はどうなった?

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 劉璋(りゅうしょう)
  2. 赤兎馬にまたがる呂布
  3. 五斗米道(はじめての三国志)
  4. 楊儀と魏延
  5. 実は頭がイイ賢い張飛
  6. 于禁と兵士


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP