キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓ってどんな政治をしたの?残虐行為だけじゃない!知識人登用に熱心だった董卓

楊彪を司空に任命させる董卓




董卓

 

董卓(とうたく)後漢(ごかん)(生年不明~192年)の群雄の1人です。元々、涼州(りょうしゅう
)
を治める地方官の1人に過ぎませんが、後漢第12代皇帝の霊帝(れいてい)が亡くなったことを契機に、首都の洛陽(らくよう)に訪れて政治の実権を握ります。

 

呂布に暗殺される董卓

 

非常に暴虐な行為が多かったので民は苦しめられました。しかし、最期は養子の呂布(りょふ)と仲違いをしてしまい殺されました。ところで、董卓(とうたく)はどのような政治を行っていたのでしょうか。

 

董卓

 

もちろん、恐怖政治を行っていたのは有名な話ですが、その詳細な内容は分かっていません。

そこで今回は董卓(とうたく)が行っていた政治について紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「董卓 政治」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した!

関連記事:董卓の名言を見れば董卓の真の姿が分かる!?

 

 

元祖・ブラック企業 董卓軍団

異民族に好かれる董卓

 

董卓が洛陽(らくよう)に来た当時、連れてきた部下はわずか3000程度でした。他の諸侯に比べると、ちっぽけな数でした。

 

兵士

 

董卓はどうしても数を多く見せたかったのです。そこで董卓が思いついて提案したのが、恐るべきことでした。まず、夜になったら兵士を洛陽から出して遠くに行かせます。朝になるまで兵士たちは、どこか適当に歩きます。

 

兵士 朝まで三国志

 

朝になったら「董卓様の援軍の到着だ!!」と大声で洛陽に入場します。これを毎日繰り返します。洛陽の人々は董卓軍団は多くいると錯覚しました。ところが、董卓軍団の兵士は参りました。夜に意味なく歩かされているので、昼夜逆転が起きています。董卓の兵士は疲れて朝には眠り込んでいたようです。

 

元祖・ブラック企業です。

 

 

スカウト作戦

丁原(ていげん)

 

しかし、こんなアホな作戦がいつまでも通用するほど世の中は甘くありません。いつまで経過しても、兵士の数は変わりません。そんな時に、董卓の前に1人の男が現れました。男は幷州(へいしゅう
)
刺史(しし)丁原(ていげん)と言います。

 

成廉、魏越、呂布

 

丁原(ていげん)董卓(とうたく)よりも多くて強い兵士を連れていました。しかも、これが強そうな男が率いていました。男は呂布と言って丁原の養子でした。董卓は丁原の軍団と呂布が欲しいと思いました。

 

呂布に殺害される丁原(ていげん)

 

あの2つさえ奪えば無敵である。そこで呂布を説得して、丁原を殺させて軍団も奪ってしまいました。また、呂布には褒美を与えて義理の親子の契りを結びました。

 

名士の登用

楊彪を司空に任命させる董卓

 

董卓最大の政策は、なんと言っても名士の登用です。名士(めいし
)
というのは、後漢~三国時代(220年~280年)にかけての独特な用語です。

 

袁家をイジメる董卓

 

簡単に言えば、知識人階級と思っていただければ結構です。信じられないかもしれませんが董卓は、こういった人物の登用に熱心でした。

三国志演義(さんごくしえんぎ)』では董卓の残虐行為にばかり目が行くので、どうしても彼の功績に目が届くことはありません。

 

陳羣

 

董卓は当時の一流の名士である陳羣(ちんぐん)の父の陳紀(ちんき)荀彧(じゅんいく)の伯父の荀爽(じゅんそう)を抜擢していきました。もっとも、この政策は董卓独自の政策ではありません。

 

董卓の要請を断り切れず冀州牧に就任する韓馥

 

後漢~三国時代は名士を自身の支配地に取り込んで政治を安定させることが当たり前の時代だったのです。董卓も暴虐な本心を抑えて、名士の登用を必死に行って自己の基盤を築いていました。

 

董卓に一括する男 蔡邕

蔡京(水滸伝)

 

董卓が登用した名士の中で後漢随一と呼ばれた学者がいます。名前は蔡邕(さいよう)と言います。博学(はくがく
)
で文章に優れており、数学・天文・音楽にも精通しており、歴史書の『東観漢紀(とうかんかんき)』も編纂しました。

 

ちなみに、董卓は蔡邕(さいゆう)の言うことは絶対に聞いていたようです。このような逸話が残っています。董卓は「尚父(しょうほ)」という称号を望みました。

 

釣りをする太公望

 

尚父は太公望(たいこうぼう)武王(ぶおう)からもらった称号であり、「父の代わり」という意味です。董卓は皇帝の父の代わりとして尚父が欲しかったのです。しかし蔡邕から厳重注意を受けたので、この計画はすぐに頓挫しました。

 

董卓に面と向かって言えるレベルだったので蔡邕がいかに凄い男だったのか分かります。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が董卓の行った政策に関しての記事でした。

 

王允

 

蔡邕は董卓暗殺後、暗殺実行犯の王允(おういん)と呂布に仕えなかったことから、王允の手により殺されました。

 

李カク、郭汜、王允

 

ちなみに、王允蔡邕(さいよう)を殺したことにより、他の名士からも人望を失い最期は董卓の残党により殺される結末になっています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは?

関連記事:袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

【動画】400年も続いた漢王朝が2回も滅んだ理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由
  2. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  3. 諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?
  4. 海上での戦い 劉備と曹操 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  5. 王政君お怒り!玉磁なげる 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  6. 不満が溜まる魏延 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛
  7. 袁尚と対立する袁譚 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  8. 【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  3. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  4. 亡くなる張飛将軍
  5. キングダム54巻amazon
  6. 陸遜
  7. 出世した韓遂

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの? 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  2. 「月刊はじめての三国志5月号」4月25日(木)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達
  4. 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ
  5. 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  6. 三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?

三國志雑学

  1. 徐庶
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 曹操丞相えらいねんで!
  4. 顔良と文醜
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. はてなマークな劉備と袁術
  3. 関羽を討ち取る陸遜
  4. キングダム52巻

おすすめ記事

キングダム キングダム596話ネタバレ雑学「大将軍」という地位は本当にあるの? よかミカンさん はじめての三国志ライター 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい 太史慈 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介 陸遜 陸遜の優れた計略とは?劉備は陸遜に殺されたの? 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家 上杉謙信 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介 これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP