白馬の戦いの場所はどこだった?色々な意味で広い官渡の戦いin白馬の戦い


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

官渡の戦い 騎馬兵

 

官渡の戦い(かんとのたたかい)曹操(そうそう)袁紹(えんしょう)の戦いであり、二人の三国志の英雄存在のぶつかり合いであり、運命を定めたと言ってもいい戦いです。

 

藏覇(臧覇)と曹操と袁紹

 

しかしこの戦いは色々な意味で非常に広く、いくつもの「戦い」が繰り広げられているので良く読んでいかないと今はどこで何が戦っているんだ…?ともなりかねません。そこで今回は官渡の戦いの一つとも言われる前哨戦、白馬の戦い(はくばのたたかい)の場所やどんな戦いだったのか詳しく解説していきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「白馬の戦い 場所」
「官渡の戦い 前哨戦」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?

関連記事:官渡の戦いのMVPは荀彧ではなく郭嘉に与えるべき理由【ビジネス三国志】

 


 

まずは「白馬」って場所がどこなのか?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

三国時代の白馬の戦いが行われたのは、白馬県(はくばけん)と呼ばれる場所です。他の戦いと同じく、戦った場所の名前が付けられている戦いですね。

 

しかしこの白馬という場所は今ではありません。現在は名前が変えられ、滑県(かつけん)と呼ばれている位置が三国時代でいう白馬の辺りに該当します。因みに地名で言うと中華人民共和国河南省安陽市(あんようし
)
に位置する県で、位置的な説明をすると北部は黄河(こうが)の下流域にあります。

 

朝まで三国志 袁紹

 

三国志でもここで曹操は中原(ちゅうげん)を支配していた、袁紹は河北(かほく)を支配していた、とあります。この中原とは黄河と長江の間にある地域、河北とは黄河より北を表します。つまり白馬の戦いは黄河を挟んでの戦いという訳です。

 

武器・農業器具を制作する張裔

 

現代ではこの白馬県が合った辺りは農業区となっていて、しいたけなどの栽培が盛んです。酪農なども盛んな土地であり、中国の食産業を支えている地区となっているのですね。

 


 

白馬の戦い以前から重なっていく不安要素…

曹操VS袁紹

 

さて白馬の戦いが始まる以前から、曹操と袁紹の戦いは避けられないものとなってきていました。曹操が勢力を伸ばして北上する以上、北にいる袁紹の存在は目障りとなってくるでしょう。

 

董承と曹操

 

しかしこの時、曹操は呂布(りょふ)劉備(りゅうび)董承(とうしょう)やらとの戦いでいっぱいいっぱい!

 

袁紹を説得しようとする田豊

 

今こそ曹操討つべし!と袁紹の軍師、田豊(でんほう)が進言するも袁紹は三男・袁尚(えんしょう)が病気だからと却下。その後、地盤を安定させた曹操との戦いになると当然ながら曹操が攻めてきます。

 

袁紹を説得しようとする沮授

 

田豊は沮授(そじゅ
)
と共に持久戦をしましょう、と進言するけれどこれを却下。必死に持久戦を進言した田豊は投獄されます。

 

袁紹にお茶を渡す顔良

 

この頃の袁紹軍は、何と言ってもとにかく配下たちが対立しあっていてまとまりがないように感じられます。決して全員が無能ではないのですが…その無能ではないけれどまとまりがない配下をまとめられなかった袁紹に、段々と暗雲が立ち込めていくのもこの頃からです。


 

二枚看板を失っても勢いの衰えない袁紹軍であったが…

漢の顔良(がんりょう)

 

さてここで白馬の戦いが始まります。白馬の戦いの袁紹軍の戦法は猛将として有名だった顔良(がんりょう)

 

顔良を討ち取る関羽

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)ではここで関羽(かんう)が大活躍して一太刀で顔良を切り倒してしまうシーンですが、一説には顔良はこの時に劉備から「関羽がいたら説得してきて!」と頼まれていて戦う気がなかったにも関わらず、関羽が全く話を聞かずに倒してしまった…という話もあります。

 

顔良と関羽

 

真偽は置いておきますが、顔良は討ち取られ、後に顔良と同じく猛将だった文醜(ぶんしゅう
)
も曹操軍に討ち取られてしまいます。曹操軍は士気を上げ、袁紹軍は軍の二枚看板を失いますが、実際にはまだまだ袁紹軍は強大。

 

荀彧に手紙を書く曹操

 

曹操軍を追い詰めていき、ついに官渡砦にまで追い込みます。曹操はこの時に兵糧が付きかけているために降伏さえも考えますが…ここで運命が変わります。

 

曹操を励ます荀彧

 

この運命が変わったのこそ、官渡の戦いです。


  

 

「食料」が袁紹軍の明暗を分けた!

許攸 兵糧のありか教えますひひひ

 

袁紹軍から寝返った許攸(きょゆう
)
によって曹操は袁紹軍の兵糧庫の存在を知り、焼き払います。このことがきっかけになって袁紹軍は配送。

 

食糧庫を焼かれて慌てる袁紹軍

 

つまり兵糧の存在こそがこの運命を決めたと言ってもいいでしょう。さてこの時点で白馬の場所は関係なくなっているのですが、現在の白馬県があった辺りは中国の食を支える農業、酪農地区。

 

兵糧不足に苦しむ袁紹

 

つまり中国の食を支えている場所になっているのです…そしてこの「食」が曹操と袁紹の明暗を分けたと考えると意味深に感じてしまうのは…筆者だけでしょうか?

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

と、最後にちょっと妄想、こじつけをしてしまいましたが白馬の戦いとは官渡の戦いの前哨戦、その場所は当時の曹操と袁紹の陣地の境目、黄河の下流地域。まとめるとこのようになります。

 

袁紹と曹操

 

官渡の戦いは有名ですが、その中には色んな戦いや思惑なども絡み合っているので、ぜひもう一度三国志を見直してみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた!

関連記事:【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 

 

関連記事

  1. 韓信vs孔明
  2. 賈詡(賈ク)
  3. 司馬懿を欲しがってた曹操
  4. 七星剣
  5. 曹操丞相えらいねんで!




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP