ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬超の一騎打ちの強さは正史と三国志演義じゃ全然違う?

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超


蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

馬超(きんばちょう)」で知られる涼州の人気者・馬超(ばちょう)

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

三国志好きならほとんどの方が知っていて、知名度の高い武将ですが、正史三国志(せいしさんごくし)三国志演義(さんごくしえんぎ)ですと全然強さが違う人物として描かれています。馬超の強さが正史と演義二つの物語ではどのように差異があるのかを紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「馬超 一騎打ち」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超には帝位につくチャンスはあった?ムチャとは承知で一度マジメに検証させてください!

関連記事:馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由

 


 

戦は強い馬超

曹操を絶対殺すマンとしてなった馬超

 

馬超は曹操に反乱を起こして敗北してしまいますが、他の戦いではかなり強い武将でした。馬超は曹操の要請を受けて、袁紹(えんしょう)の配下・高幹(こうかん)と郭援討伐戦へ出陣し、大勝利をおさめています。

 

蜀 武運を誇る馬超

 

また馬超は曹操軍に敗北後、異民族達から人気を得ていたこともあり、彼らを味方につけて曹操軍の敗北から立ち直り、勢いを盛り返して関中一帯を再び支配下へ。この時曹操の配下・楊阜(ようふ
)
は「馬超は前漢王朝の名称として知られる黥布(げいふ)韓信(かんしん)に匹敵する名将です。

 

馬超 vs 許褚

 

ここで全軍を撤退させるのはよくありません。しっかりと防備を施すか、馬超を討伐してから、引き返すほうがいいでしょう」と馬超の強さを前漢王朝高祖・劉邦(りゅうほう)の元で活躍した名将を例に挙げて、注意を促しています。

 

これら上記で紹介した通り、馬超は戦に強い人物でしたが、個人的な武勇も強い人だったのでしょうか。

 


 

正史三国志では弱い馬超?

馬超

 

馬超は一騎打ちでどの程度の実力を持った人物だったのか。ここでは正史三国志を参考にしながら、紹介したいと思います。

 

馬騰

 

馬超は若かりし頃、父・馬騰(ばとう)と一緒に韓遂(かんすい
)
と戦ったことがありました。

 

馬超と韓遂

 

この時馬超は韓遂の武将・閻行(えんこう
)
とぶつかります。馬超は自分の腕前に自信があったのか、閻行へ一騎打ちを行いますが、閻行の実力を完全に甘く見ていました。閻行は馬超が矛を振りかざしてぶつかってくると、馬超の矛が振りかざされる前に馬超へ矛を突き刺しますが、矛の柄が折れてしまいます。

 

馬超は刺された後、閻行が折れた矛の柄で馬超の首筋を何度も叩き付けられて、危うく命を落としそうになりますが、命何とか逃げることに成功。また馬超は曹操軍と潼関で対峙した際、韓遂と一緒に曹操と会見する機会がありました。

 

許チョと曹操

 

馬超は曹操と会見すると曹操を襲って殺害しようと考えていましたが、曹操の護衛隊長・許褚に睨み付けられてしまい、何もできずに会見を終えてしまいます。このことから馬超は正史三国志において、一騎打ちを得意とする武将ではなく、むしろ苦手にしていた人だったことがお分かりになったと思います。


 

三国志演義の馬超は正史の100倍強い!

水滸伝って何? 書類や本

 

正史三国志は「史書」であり、読み物としてはなかなか難しい書籍です。翻訳している正史三国志もかなり難しく、読んでいたら眠くなってしまいますが、三国志演義は娯楽を強調した読み物ですので、日本人にも分かり易い読み物となっています。

 

そして三国志演義に登場する馬超はとっても強く描かれており、一騎打ちのシーンは迫力満点で、読者もワクワクするはずなので興味がある方はぜひ一読してみては。さて話がずれてしまいましたで、話を元に戻して、三国志演義に描かれている馬超の強さを紹介していきます。

 

許褚 三国正史 食べる

 

馬超は韓遂と連合し、曹操へ反旗を翻し決戦。この時馬超は曹操の親衛隊隊長・許褚と一騎打ちを繰り広げます。この時両者の実力が拮抗していることもあり、中々決着がつきませんでした。

 

このことから馬超と許褚が同じくらいの武勇を持っていたことがお分かりになったと思います。更に馬超は劉備に仕える前、張飛とも一騎打ちを繰り広げ、決着がつかず、「三国志 Three Kingdoms」では夜通し、戦っているシーンが迫力満点です。

 

このように三国志演義の馬超は張飛・許褚と同レベルの武勇を持った武将で、正史三国志とは武勇において全然違う評価をされている人でした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は正史三国志と三国志演義に登場する馬超の武勇について紹介しました。

 

赤兎馬にまたがる呂布

 

馬超のほかにも多くの武将が三国志に登場しますが、正史三国志と三国志演義では全然違う評価を受けている武将がたくさんいます。例えば呂布は三国志演義ですと劉備関羽張飛の三人と一騎打ちをして互角の戦いを繰り広げていますが、正史三国志ではこのような描写は一切かかれていません。

 

このように三国志演義だけではなく、正史三国志も知っているとより三国志を深く知ることができると思いますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

■参考文献 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超は許チョにビビって何にもできなかった!?一騎打ちもウソ?

関連記事:馬超がかっこいい!入蜀後の功績が少ない理由は血筋の良さが五虎将軍随一だから?

 

【曹操を二度追い詰めた錦馬超を徹底考察】
馬超特集

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 韓信vs孔明 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  2. 劉璋にアドバイスをする張松 劉璋が張魯に勝てなかったのは劉璋が弱虫だからではない?
  3. 蜀の姜維 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長…
  4. 魏王の曹操 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じ…
  5. 司馬懿 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  6. 蜀の皇帝に即位した劉備 劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由?
  7. 劉備と曹操 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説…
  8. 司馬懿と曹爽 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志に出てくる海賊達 張伯路
  2. 夏侯覇の妻は誰?
  3. はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 五虎大将軍の趙雲
  5. 皇帝いっぱい
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. 司馬懿

おすすめ記事

  1. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  2. 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  4. 曹家の文才「三曹七子」って何? 曹丕と曹植
  5. もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? 劉備
  6. 榎本武揚とはどんな人?榎本武揚が建国した蝦夷共和国など紹介 榎本武揚

三國志雑学

  1. 酔っ払う関羽
  2. 司馬懿と公孫淵
  3. 司馬朗と曹操
  4. 韓信と劉邦


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 諸葛恪の栄光と破滅
  3. 肉を食べる曹操
  4. 承諾する曹操
  5. 華佗(華陀)と病人
  6. 幕末刀剣マニアの坂本龍馬
  7. 曹操&袁紹花嫁泥棒

おすすめ記事

郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者 諦める公孫サン(公孫瓚) みじめな最期を遂げた公孫瓚が袁紹に勝利するためのシナリオとは? 【キングダムネタバレ】合併号予想愛の戦士バジオウ死す!? キングダムネタバレ予想 バジオウが戦死する6つの理由 曹休 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦 典韋 月刊はじめての三国志2019年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 曹操のもとで才能を発揮する鍾繇(しょうよう) 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP