張飛と龐統の関係性が面白い!アル中がアル中に説教!?


龐統

 

龐統(ほうとう)劉備(りゅうび)の軍師です。実力は諸葛亮(しょかつりょう)と同レベルであり、諸葛亮が「伏龍(ふくりゅう)」と呼ばれるのに対して、龐統は「鳳雛(ほうすう)」です。

 

龐統

 

小説『三国志演義(さんごくしえんぎ)』では龐統が劉備の陣営に加わる話が、非常にユーモアに描かれています。今回はその話を紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「張飛 龐統」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孔明・龐統・徐庶の三人がいたら劉備軍はどうなる!?【if三国志】

関連記事:「龐統と法正」蜀の最強軍師を決めてみた!?

 


 

龐統 孫権の怒りを買う

周瑜

 

建安15年(210年)に呉(222年~280年)の周瑜(しゅうゆ)が亡くなりました。

 

魯粛

 

孫権(そんけん)魯粛(ろしゅく)を周瑜の後継者にしますが、「待ってください」と魯粛。

 

「私よりも実力のある人物を紹介します」と魯粛は辞退。

 

ただ、やりたくないのが見え見え・・・・・・というわけで、魯粛の推薦で現れたのが龐統でした。

 

龐統

 

ところが、この時の龐統はボロボロの汚い服で孫権の前に登場します。まるでホームレス同然。

口調もぶっきらぼうだし、おまけに顔はブサイク・・・・・・

 

「晃、男は顔じゃなく心だ!」

 

人は見た目が9割というのが分かっていない読者の皆様もいるようですけど、先を行きましょう。美男子の周瑜と天と地の差なので孫権は、龐統を追い出しました。追い出された龐統はどこに行くのでしょうか。

 


 

龐統 劉備をガッカリさせる

龐統

 

龐統は次に荊州の劉備に会いにきました。劉備は有名な龐統が来たと聞くと驚いて、すぐに出迎えの準備開始。まるで芸能人に対しての待遇と一緒です。ところが会ってみると、劉備の気持ちは孫権と一緒でした。

 

「ええー、これがあの有名な龐統?ただの汚いオッサンじゃん!」

 

孔明

 

諸葛亮に「こいつどうしようか?」と相談したかったが、運悪くこの時は彼がいなかった。だが諸葛亮の友人である龐統を、勝手に追い返すわけにはいかない。

 

「龐統先生には、耒陽県(らいようけん)の県令の職が余っていますけど、いかがですか?」と劉備は尋ねます。

龐統は「田舎仕事ですか?気楽でいいですね」とOKサインをしてくれます。というわけで、龐統は耒陽県に赴任しました。


 

張飛 龐統を説教する

ゆるキャラ龐統

 

ところが、着任するも龐統は仕事をするどころか酒を飲んで全く働きません。毎日、訴訟が山のようにたまっていきます。とうとう耒陽県の民から、劉備のもとに訴えがきました。

 

ブチギレる劉備

 

聞いた劉備は激怒。

 

「あのオヤジ、仕事をなんだと思っている!」

 

五虎大将軍の張飛

 

そこで張飛(ちょうひ)孫乾(そんけん)の2人に命じて、耒陽県の監察を命じた。張飛と孫乾が行くと確かに龐統は働いておらず、酒ばかり飲んでいました。

それどころか龐統は張飛を見つけると「お前が有名な張飛か。一杯やろう!」と酒に誘う始末。

 

大声を出す張飛

 

怒った張飛は「貴様、酒ばかり飲みやがって!」と大説教を開始。

 

アル中がアル中に説教・・・・・・今日の張飛はどうしたのだろうか?きっと、道端の悪いキノコを食べたに違いありません。まあ、冗談はここまでにしておいて、張飛に何を言われようと龐統は平気な顔。

 

「たまった訴訟なら、明日には片付けてやるよ」と龐統は軽く約束しました。


  

 

 

龐統 劉備の軍師になる

張飛の男気人生

 

翌日、張飛と孫乾が起きてみると龐統は真面目に働いていました。民の訴訟を聞いて1件1件、丁寧に片付けていました。傍聴している張飛と孫乾はあまりにも、見事な裁判だったので納得しました。

 

とうとう夕方には全ての訴訟を終わらせました。感服した張飛は平服して「今までの無礼は許してください」と謝罪します。

 

帰った張飛は劉備に全てを報告します。

 

「人は見かけによらないものだな・・・・・・」と劉備はため息をつきました。

 

するとちょうどそこへ、用事を終えた諸葛亮が帰ってきます。劉備が今までのことを話すと諸葛亮は、「龐統は満足した職に就けなかったら、働かずに酒ばかり飲むのです。劉備殿もこれに懲りて、彼を大切に扱ってください」反省した劉備は龐統を召喚して副軍師に任命しました。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が小説『三国志演義』の龐統の話でした。実はこの話の元ネタとなった人物が1人います。

 

蒋琬(しょうえん)

 

それは蒋琬(しょうえん)です。彼は小役人時代に泥酔して仕事を全くしませんでした。劉備は処罰するつもりでしたが諸葛亮は「彼は国家を背負う人材だから、こんな田舎の官職で満足する人間ではない」と言ったことから助かった話があります。

 

おそらく、『三国志演義』の著者が蒋琬の話と龐統の話を合体させて、ユーモアにしたのだろうと筆者は推測しています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:「連環の計を見破った以上、龐統よりも徐庶のほうが上じゃね?」という一人の高校生の暴言に答えよう

関連記事:龐統はどんな性格をしていたの?希代の怠け者であり曹操を騙した軍師

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

関連記事

  1. 馬超と韓遂
  2. 2つの持論を展開する費禕
  3. 竹林の七賢
  4. 袁安
  5. 徐庶

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP