呂布特集
姜維特集


はじめての三国志

menu

はじめての魏

王戎とはどんな人?ケチだけど最高位の官職にまで上り詰めた節約家

どケチだった王戎


南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)

 

三国志の時代には名将と呼ばれる将軍や名軍師として活躍した人物だけでなく、色々な人が登場します。今回紹介する王戎(おうじゅう
)
は三国時代から晋の時代にかけて登場し、最高位の権力を手に入れた人です。

 

王戎

 

王戎は上記だけを見れば一見何の変哲もない有能な政治家だと思われますが、実はチョード級の変人でドけちな人だったのです。

 

自称・皇帝
当記事は、
「王戎 人物像」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?

関連記事:【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀?

 


 

神青年で情の厚い名家出身の人

諸葛瑾

 

王戎は徐州琅邪郡出身の人です。この徐州琅邪郡からは蜀の丞相諸葛孔明(しょかつこうめい)や、ロバのように顔の長いと孫権(そんけん)に悪口を言われた諸葛瑾(しょかつきん)など諸葛家の人々の出生地として知られています。また王戎はキングダムで活躍している王翦(おうせん)王賁(おうせん)親子の子孫で、徐州琅邪郡の王氏は名族として名声を得ていました。

 

この徐州琅邪郡の王氏からは王戎の他に東晋の政治家として有名な王導や、書家として名声を得た王羲之(おうぎし
)
など多くの優秀な人材を輩出しています。この徐州琅邪郡・王氏の一員である王戎は名族に相応しい優れた人でした。

 

曹叡

 

王戎は青年時代とっても優秀な人物で、魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)に認められていたため、周りから「神童」として尊敬されていました。

 


 

魏王朝へ就職する王戎

魏王朝に就職せず詩をつくる王戎

 

王戎は曹叡に褒められながらも魏王朝に就職しませんでした。王戎は魏王朝に就職しないで何をしていたのでしょうか。

 

竹林の七賢

 

王戎は友人として慕っていた阮籍(げんせき
)
と一緒に詩を作ったり、酒を飲んで楽しんでいたそうです。

 

司馬昭

 

その後王戎は時の権力者・司馬昭(しばしょう)から招かれたため、魏王朝へ就職。魏王朝に仕えた王戎は河東太守や荊州刺史を歴任します。王戎は晋王朝の時代になると孫呉討伐戦に従軍して、晋王朝に平定された江東の人々の恨みを減らすため、施しを与え政治をしやすいようにしていたそうです。

 

三国志を統一した司馬炎

 

司馬炎(しばえん)は孫呉討伐戦で功績を残した王戎へ侯の位を与えます。このように王戎は司馬昭司馬炎から信頼された事で要職を歴任することになりますが、政務にはほとんど興味を持っていなかったそうで、積極的に行政や国の政治にかかわる事をしなかったそうです。


 

HENJIN・王戎!!

どケチだった王戎

 

王戎は晋王朝で要職に就いた事で、お金持ちだったはずなのにチョーがつくほどドケチで変人でした。王戎がドケチだったエピソードがいっぱい残っていますので、いくつか紹介したいと思います。

 

王戎は甥っ子が結婚すると聞いて、一張羅の着物を用意して甥っ子へプレゼント。甥っ子は王戎からプレゼントされた着物を着て結婚式へ赴きます。王戎は結婚式が終わった後、甥っ子へ「こないだプレゼントした着物だけど、お金いつ払ってくれんの??」と常識のある人間なら絶対に言わない発言をサラッと甥っ子へ向けて言ってのけます。

 

甥っ子は王戎の発言を聞いて絶句していたそうです。また王戎は晋王朝の重職に就いていた裴頠へ娘を嫁がせますが、娘へいっぱいお金を渡して嫁がせます。他にも王戎は家に生えていたスモモを売ってお金を作っていました。

 

王戎はスモモを買った人が家でスモモを植えて増やさないようにするため、スモモの種に穴をあけて販売していました。王戎は上記で紹介したエピソードの他にもドケチエピソードがいっぱいあります。晋王朝の重職を歴任していた王戎はお金に困っていなかったにもかかわらず、とってもドケチでだったため、変人と見られていました。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

王戎はドケチで変人でしたが孝行者でした。王戎は父親が亡くなったと知り、官職を辞職して郷里へ帰郷します。

 

王戎は父の喪に服するため、何も食べずに幾日も過ごしていた為、みるみるうちにやせ細っていったそうです。そのため同僚から「死孝」と呼ばれ、晋の皇帝・司馬炎からも王戎がやせ細っている様子を聞いて、心配して薬を送るほど激しく喪に服していたそうです。

 

変人でドケチな王戎ですが、親に対してはしっかりと親孝行する孝子でした。

 

■参考文献 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:本当に詩人?シニカルすぎる曹植の史実

関連記事:韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!…
  2. 賈詡 ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  3. 曹丕と曹操 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  4. 現実主義曹操 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  5. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  6. 魏と国号を決める曹丕 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?
  7. 魏 星座大好きな幼少期の管輅 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師
  8. 裏切りは許さぬ 曹操 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 北条早雲
  2. 袁術と劉繇
  3. 苛ついている曹操
  4. 関羽を捕縛する馬忠
  5. 龐統と的盧
  6. 日射病で失神する金栗四三 いだてん
  7. 袁紹VS公孫瓚
  8. 三国志ライター黒田レン

おすすめ記事

  1. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家
  2. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢 劉焉
  3. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた 張飛と本多忠勝
  4. 趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの?
  5. 橋本左内の子孫はバラエティ豊かだった!
  6. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術 于禁、曹操、青州兵

三國志雑学

  1. 南蛮
  2. 趙雲と毛利勝永
  3. 呉の孫権


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!07 蔡瑁、劉備
  2. 韓信vs孔明
  3. 若い頃の曹操について語る袁準
  4. 火縄銃を気に入る織田信長
  5. 車に乗る諸葛亮
  6. 霊帝

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】 三国志一の策謀家、袁術の伝説 劉備に褒められる趙雲 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの? 岳飛(南宋の軍人) 岳飛とはどんな人?「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄が熱い HMR隊長 石川克世 いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】 五斗米道(はじめての三国志) もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの? 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 諸葛亮が自らと比した楽毅。楽毅と違い悲劇の最期を迎えた人物 インスタグラムはじめました。

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP