キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹が負けた原因はオトモダチ軍閥だったから?官渡の戦いを考察

曹操にコテンパにされる袁紹


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

官渡の戦い 騎馬兵

 

後漢(ごかん)(25年~220年)の建安5年(200年)に袁紹(えんしょう)はライバルの曹操(そうそう)と天下の覇権をめぐって戦いました。有名な「官渡の戦い」です。

 

激しい戦いの結果、袁紹は敗北して撤退に追い込まれ、2年後の建安7年(202年)にこの世を去りました。ところで袁紹の敗因は何だったのでしょうか?

今回は正史『三国志』から袁紹の敗因を検証します。

 

※記事中の歴史上の人物のセリフは、現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「袁紹 敗因」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹の勢力拡大ペースがなかなかすごい件!もう少しで『四国志』になっていた?

関連記事:もしも公孫瓚と袁紹が協力して曹操に挑んだら勝てるか?【if三国志】

 


 

実際、負けるはずがなかった袁紹

袁紹

 

実は袁紹は曹操より圧倒的に有利でした。

 

「だからお前はどうして、みんなが知っていることをわざわざ言うんだ!」

 

読者の皆様の怒りは、ごもっとも。袁紹が曹操より有利だったのは有名な話です。しかし、ここで改めて整理させてください。まず袁紹は汝南郡では屈指の家柄の人物。袁紹の出身の汝南郡には、多くの「門生」・「故吏」がいました。

 

「門生」は特定の一族のもとで儒教を学んだ人々であり、「故吏」は特定の一族が直々に呼び寄せた部下です。

 

戦争をせずに宴会ばかりしている韓馥

 

袁紹から冀州を奪われた韓馥(かんふく)も、かつては袁紹の故吏です。彼らはただの知識人ではなく、武力で曹操に対抗する連中でもあり曹操をかなり苦しめました。

 

袁紹を説得しようとする沮授

 

さらに、袁紹のもとには郭図(かくと)辛評(しんぴょう)などの預州潁川郡出身の名士、沮授(そじゅ)田豊(でんぽう)などの冀州出身の名士もいます。みんな秀才で名高い人です。

 

公孫瓚を倒した袁紹

 

兵も黄巾賊の残党や公孫瓚(こうそんさん)の討伐で手に入れた精鋭ばかり。つまり、改めて整理すると袁紹は本当に負けるはずがなかったのです。

 


 

敗因(1)帝になる機会を逃す

袁紹

 

官渡の戦いの前年の建安4年(199年)に、袁紹の部下の耿包(こうほう)が「漢王朝は終わっている。天に従い袁一族が皇帝になるべし」と袁紹にアドバイスします。

 

袁紹は「マジすか!?」とちょっと乗り気になって会議にかけますが、部下のほとんどが漢王朝の擁護論者でした。というよりも部下は従弟の袁術(えんじゅつ)が失敗しているので、それで止めたと筆者は推測しています。

 

「耿包の言っていることはヤバイですよ。とりあえず殺しておきましょう」と部下から提案されたので、袁紹も「そだねー」とカーリング女子みたいに相づちを返しました。

 

こうして耿包は刑場の露と消えました。袁紹は帝になる機会を失ったのが敗因の1つです。


 

敗因(2)オトモダチ軍閥だったから

 

袁紹の欠点に関して元・部下の荀彧(じゅんいく)が証言しています。証言の内容が長いので今回は省きますが簡単にまとめますと以下の通りです。

 

(1)曹操と違って唯才主義の人事を行わない

(2)決断力に欠けている

(3)議論倒れの名士を集めて話にならない

 

しかし荀彧の内容はマイナスに方面の見方。プラスに見ると以下の3点にまとめられます。

 

(1)名士の意見と広く聞く

(2)儒教に従う

(3)名士の名声を尊重

 

これは現代の社会だったら非常によい話です。特に社員の意見をしっかりと聞き入れる理想の社長として袁紹はやっていけるはずです。ただし、袁紹が生きた時代は乱世。1人1人の話をゆったりと儒教なんかに従って聞いている暇はありません。

 

袁紹にお茶を渡す顔良

 

それなのに袁紹はゆったりと儒教的名士の相手をしました。要するに袁紹自身が部下である名士と同じ価値観・立場にいたのです。

主君が部下と同質になるのは非常に危険なことであり、権力の確立すら危うくなります。

 

つまり、袁紹軍は俗に言う「オトモダチ軍閥」!

その結果が、官渡の戦いの敗北と後の部下の後継者争い招いたのです。


  

 

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

今回は袁紹の敗因について解説しました。袁紹は君主権力の確立が出来なかったとはいえ、公孫瓚を倒したところまでは認めなければいけないと思います。

そこは褒めておきましょう。

 

 

※参考文献

・宮川尚志『六朝史研究 政治・社会篇』(平楽寺書店 1964年)

・山口久和『「三国志の」迷宮 儒教への反抗 有徳の仮面』(文春新書 1999年)

・渡邉義浩『「三国志」の政治と思想 史実の英雄たち』(講談社選書メチエ 2012年)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:白馬の戦い前から分かれていた曹操と袁紹の明暗!その原因とも思える田豊と逢紀の人柄

関連記事:袁紹の死因はメンタルの弱さにあった?河北の支配者・袁紹の死因を考察

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う…
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 諸葛亮が自らと比した楽毅。楽毅と違い悲劇の最期を迎えた人物
  3. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  4. 黄巾賊 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  5. 韓信 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  6. ボロボロになった馬超 馬超は許チョにビビって何にもできなかった!?一騎打ちもウソ?
  7. 黄巾賊を撃退する太史慈 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、…
  8. 司馬徽 蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 史進(水滸伝)
  2. 袁胤(えんいん)
  3. 寧宗
  4. 孔明君のジャングル探検
  5. ロバ顔の諸葛瑾
  6. 袁術が皇帝になることを辞めさせようとする閻象
  7. 板垣退助
  8. 陸遜

おすすめ記事

  1. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  2. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る 孔明と姜維
  3. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?
  4. 五代友厚は大阪再生の立役者だった! 幕末 帝国議会
  5. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明 ボロボロになった馬超
  6. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー 孟獲キャッチコピー

三國志雑学

  1. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  2. 関羽
  3. 馬良と孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 陳宮
  3. 袁術
  4. 眠る董卓
  5. 曹操から逃げ回る劉備

おすすめ記事

陳羣 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】 馬超と韓遂 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る! 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話 曹操の頭痛の原因は関羽? 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの? 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生 何儀(かぎ) 何儀とはどんな人?黄巾の残党軍を率いて各地で暴れまわった黄巾賊

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP