ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫晧は司馬炎に玉璽を渡していたのか?消えた玉璽と玉璽肯定・否定論

玉璽


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

玉璽

 

呉(222年~280年)の天紀4年(280年)に呉の最後の皇帝孫晧(そんこう)は西晋(280年~316年)の初代皇帝司馬炎(しばえん)に降伏しました。この時、孫晧司馬炎にあるものを差し出します。それは皇帝の印鑑でした。

 

玉璽を見つけた孫堅

 

普通に考えたら、それは呉の基盤を築いた孫堅(そんけん)洛陽(らくよう)で見つけたものでしょう。しかし、どうやら素直に頷けない説があるようです。残念ながら正史『三国志』の著者の陳寿(ちんじゅ)は何も語っていません。そこで今回は裴松之(はいしょうし)が残した史料をもとに解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:古代中国の玉器と印鑑の使用用途は?宋代にも玉璽はあった?

関連記事:鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!


孫堅が見つけた玉璽とは?

正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう)

 

呉の韋昭(いしょう
)
が執筆した『呉書』という書物によると初平元年(190年)に孫堅董卓(とうたく)討伐のために挙兵して洛陽を目指します。やがて到着した孫堅は荒れ果てた洛陽を修復していました。その時、南の井戸から五色の光が出ているという報告が届きました。

 

金色で爪が五本ある竜

 

不思議に思って探索してみると中から5匹の竜を飾りが付いた印鑑が出ます。それは中平6年(189年)の袁紹たちによる宦官討伐により朝廷から失われた「伝国の玉璽」でした。


複数あった皇帝の印鑑

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

「伝国の玉璽」とは何でしょうか?

 

サッカーボールを蹴る劉邦

 

『志林』という書物によると、伝国の玉璽は秦の始皇帝(しこうてい)が造らせたものであり、秦滅亡後は漢(前202年~後220年)の劉邦(りゅうほう)が受け取って、それが歴代の皇帝に継承されていったようです。ただし、それとは別に仕事用の印鑑も存在していました。

 

それは「天子の六璽」と呼ばれるものです。天子の六璽は「皇帝之璽」・「皇帝行璽」・「皇帝信璽」・「天子之璽」・「天子行璽」・「天子信璽」であり文書によって分けていました。


消えた玉璽と玉璽肯定・否定論

建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓

 

西晋の太康年間(280年~289年)に孫皓は降伏の証明として司馬炎に印鑑を差し出します。ところが、出されたのはなんと「天子の六璽」だけであり、孫堅が洛陽で見つけたはずの玉璽はありません。驚いたことに司馬炎も何もツッコミをしません。

 

陳寿(晋)

 

上記の話が記載されている『江表伝』の著者の虞溥は玉璽が無かったことから、孫堅が洛陽の井戸で玉璽を拾ったことを否定しています。正史『三国志』の著者である陳寿もこの件に触れていないことから、信じていないと考えられています。

 

ところが、先ほど紹介した『志林』の著者の虞喜は「玉璽を差し出さなかったからといって、孫堅の話を全否定するのは違うと思いますよ」とコメントしています。また虞喜は明言はしなかったのですが、孫晧は玉璽を大切に隠し持っており、代々子孫に伝えていると考えているようです。

 

裴松之(歴史作家)

 

裴松之もやはり、否定論者でありますが深い考察をしています。

 

「孫堅は後漢(25年~220年)のために挙兵したのに、その玉璽を持ち帰って公表もしないのは忠義の士というよりも、王朝に対して二心を抱く人物になってしまう。伝国の玉璽が呉に伝わったという話は、逆に孫堅の美徳を傷つけることになる」

 

また、裴松之は例え玉璽を差し出した話が本当だったとしても、皇帝を辞めて一般人となった孫晧が秘蔵してよいほど玉璽は安い品ではないと結論を出していました。裴松之の言っていることは確かに的を得ており納得出来ます。

 

韋昭(いしょう)

 

現在、孫堅が見つけた伝国の玉璽の話は『呉書』の執筆者の韋昭が国に箔を付けるために捏造したものと考察されています。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

玉璽について調べていたら、横山光輝氏の『三国志』の玉璽がガチャで登場していたことが発覚しました。色は金・銅・翡翠の3種類。「劉備」「関羽」「張飛」「曹操」「諸葛亮」の5人の絵を押すことが可能です。

 

お値段は1回に300円。最近のガチャは高いですね。昔は100円か200円程度だったのに・・・・・・個人的に気に入っているのは諸葛亮の「馬鹿者」と叫ぶシーンですね。馬謖が街亭の戦いの敗戦の軍法会議で諸葛亮に言い訳するシーンというのを覚えています。

 

筆者の三国志に対する愛情が深いことが改めて再確認されました。

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-13_bnr3

 

はじめての三国志」ではコメント欄を解放しています。孫堅・玉璽や呉の武将について言いたいことがある人は、コメントをドンドン送ってください。お待ちしています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫策の最強の武器なんと・・・・言葉とハンコ(玉璽)

関連記事:洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 曹丕 大都市西安の碑林博物館をよかミカンが見学したよ
  2. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  3. 竹林の七賢 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく…
  4. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓 孫休は死後どうして孫皓を呉の皇帝に選んだの?
  5. 劉備に褒められる趙雲 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められる…
  6. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ 諸葛均(しょかつきん)とはどんな人?諸葛孔明の弟に迫る!
  7. 山頂に陣を敷いた馬謖 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  8. 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 趙雲
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. キングダム
  4. 坂本龍馬(幕末時代)
  5. 三国志時代のひざまくら
  6. 西夏の服飾(女性)
  7. ボロボロになった馬超
  8. 龐統

おすすめ記事

  1. 明智光秀の母が謀反の切っ掛けになった?本能寺の変の引き金になった母 燃える本能寺
  2. 諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介 城の前を掃除する孔明
  3. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3) 藺相如(りんしょうじょ)
  4. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係 孔明もコペルニクスに似ていた
  5. 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  6. 陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由 陸遜

三國志雑学

  1. ネズミで人生を変えた李斯
  2. 曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮
  3. 西郷隆盛(ゆるキャラ)
  4. 韓信vs孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  2. 孟獲キャッチコピー
  3. 最弱武将と対峙する張飛
  4. 袁家をイジメる董卓
  5. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  6. 関羽を油断させる陸遜
  7. 麋竺と劉備
  8. 剣を持って戦う徐庶
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

井伊直政 明智光秀が愛用した鎧は鎧紅糸縅品小札二枚胴具足とは? 黄忠 厳顔 張郃 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな! 華陀と麻沸散 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた! 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた結果 魏の曹操孟徳 曹操へ祖父曹騰から与えられた人脈遺産とは? 太史慈 【激動の太史慈の生涯】死亡する時は皇帝になりたかった!? 海江田信義の性格は直情的?西郷どんで登場する海江田信義について語ろう! 西郷従道 幕末 西郷慎吾(従道)はどんな人?大器だが能天気な西郷どんの弟

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP