呂布の生涯戦績を分かりやすく紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

野球をする呂布、孔明、劉備

 

「天下無双」の男。三国志でそう言われれば、やはり呂布(りょふ)の名前が一番に上がるでしょう。三国志演義では張飛(ちょうひ)関羽(かんう)劉備(りゅうび)の3英傑と同時に打ち合いをはじめ、数々の武勇伝が描かれています。

 

呂布のラストウォー 処刑される呂布

 

そんな呂布ならば、下邳(かひ)曹操(そうそう)に処刑されるまでに、それこそ無双の戦いぶりを繰り広げたのだろうと想像しますよね。しかし、数字を見るとちょっと意外な結果になっています。

 

この記事では、『三国志演義』での呂布と諸武将の戦績を紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「呂布 戦績」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?

関連記事:三国志は謀反の繰り返し!呂布の部下、臧覇とは?呂布配下のナンバー2


虎牢関の戦い(全6戦)

生卵を飲む呂布

董卓軍と反董卓連合軍の戦いのハイライト「虎牢関(ころうかん)の戦い」。呂布が圧倒的な強さを見せつけるシーンです。まず、最初に呂布に挑んだのは、槍の使い手、方悦(ほうえつ)です。

 

裏切った呂布

 

河内太守・王匡(おうきょう)の部将でしたが、呂布と5合交えてあっけなく打ち取られてしまいます。次の挑戦者は上党太守・張楊(ちょうよう)の配下の穆順(ぼくじゅん)。穆順は呂布の方天画戟(ほうてんがげき)に刃が届くこともなく、一撃で戦死します。

 

成廉、魏越、呂布

 

3人目の挑戦者は、北海国相・孔融(こうゆう)の武将で鉄槌の使い手、武安国(ぶあんこく)。ちょっと強そうな名前だけあって、10数合粘り、片腕を切られつつも死なずに自軍に帰ります。ここまでは『正史三国志』には登場しない、演技だけの武将たちです。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

4人目は反董卓連合の諸侯の1人、公孫瓚(こうそんさん)が登場します。しかし、数合交わしたところで、これはかなわんと敗走。そこへ、公孫瓚の客将として加わっていた劉備の義弟、張飛が名乗りをあげます。

 

五虎大将軍の張飛

 

無名に等しかった張飛は、呂布と50合あまり戦い続け、勝負はつきません。それでも形勢が不利だと見た、義兄弟の関羽と劉備がさらに参戦。3対1の勝負になってようやく呂布を虎牢関へと追い返したのでした。

 

呂布VS劉備三兄弟

 

ということで、虎牢関での呂布の戦績は、4勝1敗1分けです。勝率だけ見ると、圧倒的という感じではないですね。


兗州攻防戦(全2戦)

許チョ(許褚)

兗州(えんしゅう)をめぐる呂布と曹操との戦い。まず、曹操の護衛を務める許褚(きょちょ)が呂布との一騎打ちの相手になります。許褚は虎のような強さを持つことから、「虎痴(こち)」というあだ名で呼ばれていました。

 

夏侯惇と呂布

 

しかし、20合ほどやりあったところで、曹操がこのままでは負けると判断。そこで、曹操は夏侯惇(かこうとん)夏侯淵(かこうえん)李典(りてん)楽進(がくしん)典韋(てんい)の5人を追加投入します。

 

李典

 

6人が相手となっては、さすがの呂布も分が悪くなり、城に撤退しました。兗州攻防戦の戦績は1勝1敗。ただ、曹操の名だたる武将6人を相手しての1敗でした。


徐州攻防戦(全3戦)

劉備と曹操

 

呂布によって徐州を追い出された劉備は、曹操を頼って奪還を目指して戦った徐州攻防戦。ここでの第1戦は、同時期に呂布追討軍を出した袁術の部将、李豊が相手となりました。ところが数合ののちに、李豊は右腕を方天画戟で刺され、逃走。

 

張飛

 

次は再びの登場の張飛です。前回は押され気味だった張飛ですが、モチベーションが違ったのか、互角の勝負を展開します。結局、勝敗はつかず。

 

はじめてのプロ野球 関羽

 

そして最後の対戦相手は、関羽です。関羽も呂布と1対1の勝負で一歩も引かない戦いを見せ、引き分けとなりました。徐州の戦いでの呂布の戦績は、1勝2引き分け。呂布を何としても打ち取ろうという張飛や関羽に対し、追い詰められつつある呂布。

 

逆転した境遇を示唆しているようなシーンですね。


呂布の生涯戦績(全11戦)

桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち

 

三国志演義で呂布は、虎牢関、兗州、徐州の3つのラウンドで個人戦をしています。その全戦績は、6勝2敗3引き分けでした。イメージよりも地味な数字ですが、負けたのは相手が複数の時だけでした。しかも、強者ばかり。

 

引き分けになったのは、張飛と関羽との戦いです。呂布がいたころに彼と互角にやりあえたのは、この2人ぐらいしかいなかったということですね。ちなみに正史の三国志では、全体を通して一騎打ちの記述がありません。

 

郭汜

 

そのうちの1つが呂布と郭汜(かくし)の一騎打ちです。結果は呂布の一方的な勝利に終わっています。

 

三国志ライターたまっこの独り言

たまっこ f

 

張飛、関羽、劉備の3人を相手にしながら、完全に追い詰められるでもなく、軽やかに戦場を立ち去る呂布は、この虎牢関での戦いが人生のピークだったのかもしれません。横山光輝の『三国志』で、このシーンを初めて見た時の衝撃は忘れられません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布はロシア系だったの?呂布のイケメン説と生涯をわかりやすく解説

関連記事:華雄は呂布のせいで殺された?呂布に翻弄された猛将の真実

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

 

関連記事

  1. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  2. 孔明 司馬懿 名前はどこで
  3. 陳宮
  4. 周瑜
  5. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  6. 張飛と劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP