江戸時代の三国志人気は現代以上だった!?当時はなんで人気だったの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

小説にマンガ、ドラマ、映画とさまざまなメディアのテーマになっている三国志。『三国志演義』をベースにしたコンテンツは今も次々と誕生しています。でも実は、すでに江戸時代に「三国志ブーム」があったというのをご存じですか?

 

私たち日本人と三国志との長い付き合いの始まりを紹介しましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「三国志演義 江戸時代」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超の一騎打ちの強さは正史と三国志演義じゃ全然違う?

関連記事:【三国志演義】赤壁の戦いではどうして孫権より周瑜の出番が多いの?


『三国志演義』到来

羅貫中

 

1300年代の後半に羅貫中(らかんちゅう)によって作られたとされる『三国志演義』。日本にはいつごろやってきたのでしょうか。江戸時代の漢学者林羅山(はやしらざん)の所有する漢書の目録の中に、『西遊記』などと並んで『三国志演義』の文字があります。

 

羅貫中と関羽

 

林羅山は1583年から1653年に生きていた人物なので、江戸時代初期にはすでに『三国志演義』は日本にあったんですね。ただ、これは「輸入盤」の原書なので、中国語のまま。『通俗三国志』として日本語版に翻訳されたのは1692年。「湖南文山」という人が隠居後に訳したものです。


江戸時代の各種エンターテイメントで大人気

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

翻訳された三国志はたちまち江戸の庶民の間で人気を博します。有名浮世絵師が絵を描いた絵入りの『三国志演義』が刊行され、それを日本風にアレンジした洒落本も数多く出回りました。また歌舞伎や浄瑠璃などの演劇の項目になっています。歌舞伎では五丈原(ごじょうげん)の戦いが演じられたという記録が残っています。


中国ブームに沸いていた江戸時代

江戸城

 

どうして三国志がそれほど人気だったのかという背景の1つに、中国ブームが挙げられます。鎖国が始まり、外国の文化がシャットアウトされた江戸時代。そんな中、出島での貿易が許されていたのがオランダと中国でした。外国の文化に触れられる機会が極端に減ってしまった中で、お隣の中国の書籍に対する需要が一気に高まったのでした。

 

辮髪(べんぱつ)

 

現代の日本人が英語を趣味やスキルアップに学んでいるように、江戸時代には中国語を勉強する人が増えていました。そして私たちが海外の映画や小説に興味を持つように、当時の人たちは中国の文化に以前より関心を抱くようになりました。

 

西遊記

 

その結果、『三国志演義』を始め、『水滸伝』や『西遊記』などの中国小説が庶民の間で流行したのでした。壮大な中国大陸を舞台にした小説に、人々は魅了されたことでしょう。

 

邪馬台国と卑弥呼軍

 

しかも三国志の時代の日本はまだ卑弥呼のいた弥生時代でした。そのころに数十万という兵士がぶつかり合い壮絶な一騎打ちを行い、陰謀や策略が渦巻いていた世界。きっと江戸の人たちを熱狂させたことでしょう。


「演義」ならではの人気の理由

曹操と劉備

 

そうした中国ブームの下地があったので、三国志も人気になったのでしょうが、もうひとつ『三国志演義』ならではの理由もあったようです。それは、正史の『三国志』と『三国志演義』の違い。正史の『三国志』は曹操(そうそう)が主役なのに対して、『三国志演義』の主役は劉備(りゅうび)であることです。

 

曹操から逃げ回る劉備

 

日の出の勢いで中国大陸の半分を支配してしまった曹操に比べ、貧困の身から放浪を続け、ようやく蜀という国を持つ劉備。一般市民としてはどちらの方に感情移入しやすいかは明らかですよね。おまけに劉備は仁徳を備えた篤い庶民の味方。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

関羽(かんう)張飛(ちょうひ)との義兄弟の契りもポイントが高かったのでしょう。漢王朝の末裔(まつえい)というのも日本人にはぐっとくるところかもしれません。正史とはちょっと違うキャラクターの劉備だったからこそ、日本人の共感を呼んだのかもしれませんね。

 

三国志ライターたまっこの独り言

たまっこ f

 

なんとなく現代になって日本のに定着したように思える三国志ですが、実は400年以上も前に先輩方がいらっしゃったんですね。そして彼らにも同じようにお気に入りの武将やシーンがあったのだろうと想像するとなんだかにやけてきてしまいます。

 

参考文献

「日本人と『三国志演義』–江戸時代を中心として」 関西大学中国文学会紀要 井上泰山

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志演義』での張飛の活躍にアカデミー賞レベルの演技あり!?

関連記事:三国志演義に記されたあり得ない脚色「槽を食む三頭の馬」

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 

関連記事

  1. 孔明インタビュー
  2. 不合格になる張角
  3. 劉備と孫権
  4. 赤壁の戦い
  5. 張角は歴史の表舞台に登場
  6. 劉備の黒歴史

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 1月 21日

    土方歳三と近藤勇が関羽のファンなのよね

    • 今更三國無双2猛将伝と三國無双3を進めていますよ
    • 2020年 1月 21日

    次は董卓主役の三國志に現れて頂きたいです!いや、董卓と曹操の事跡の幾つかを、献帝の事跡として描き直した三國志を最も望みますが。
    曹操が帝と合流してからは、晋と同じ後始末の時代、という感じで。
    董卓軍由来の将星・政治家こそが、魏の主導者であるかのように!
    さてそのハイライトは、虎牢関。武と軍に優れる袁兄弟を、董卓らは離間によって凌ぎ切ったのです。そこから、帝とその後の遺臣が、最後まで勝つ事が決まったと!




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP