楊松とはどんな人?馬超と張魯の引き立て役となった三国志演義の架空人物




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陶謙軍に襲われ財宝を盗まれ亡くなった曹嵩

 

正史三国志と三国志演義、そこにはたくさんの武将たちが出てきます。

 

甘寧を弓で討ち取る沙摩柯

 

しかしその中で、正史三国志と三国志演義で扱いが違う武将がいたり、死因が違ったり、いきなり死んだり、いや何で思い出したようにここで馬良殺したんですか羅貫中(らかんちゅう)先生!……おっと失礼、筆者の抱え込んだ心の闇が出てしまいました。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

ともあれ、正史三国志と三国志演義は全く同じではなく、三国志演義にはたくさんの架空武将たちも出てきます。そこで今回はその中から、楊松(ようしょう)について解説していきましょう。




楊松とはどんな人~?

賄賂大好きな楊松

 

まずは楊松についてざっくりと説明を。楊松は漢中を手にした張魯の家臣であり、三国志演義でのみ出てくる架空武将であり、

 

・お金大好き

・賄賂大好き

・賄賂貰えるならお国も主も売っちゃう!

 

どうしようもない人物です(きっぱり)

残念だけど架空武将故か本当にどうしようもない人物として描かれているので、これが楊松の全てに尽きるといういっそ分かりやすいキャラクターですね。




楊柏の兄(※楊柏なんて人はいません)

楊柏

 

もう少し楊松について話しましょう。楊松は楊柏(ようはく)の兄として登場します。それは劉備(りゅうび)劉璋(りゅうしょう
)
に頼まれて張魯(ちょうろ)と戦った時のこと。この際に張魯は劉備軍に亡命して来ていた馬超を当たらせ、馬超(ばちょう)張飛(ちょうひ)の戦いが始まります。

馬超にいちゃもんをつける楊柏

 

しかし猛将同士が戦えばどちらかが失われる恐れがある……ということで出てくるのが賄賂大好き楊松。賄賂大好きなのに張魯から信頼されているという謎のプロフィールを持つ楊松は「馬超は蜀の地を我が物にするつもりです」とない事ない事を張魯に吹き込み、馬超は張魯に嫌われ、最終的に行き場の無くなった馬超は劉備の下に身を寄せることになります。

 

正史三国志_書類

 

因みに楊松は楊柏の兄と言いましたが、正史三国志には「楊柏」なんて人はいない代わりに「楊白」という人物がおります。この人についてはまた後程。

 

ないことないこと盛りだくさん!

馬超と別れるホウ徳

 

さて馬超と馬岱(ばたい)はこのまま劉備の下に行きますが、この時にホウ(とく)は病気で従軍していませんでした。なので馬超たちは離反してホウ徳はそのままになります……馬超アフターフォローちゃんとして!

 

ホウ徳

 

その後に今度は曹操が漢中に攻めてきたので、張魯は今度はホウ徳を出撃させることに。ホウ徳の奮戦っぷりを気に入った曹操、楊松に賄賂を(またか)送ると、喜んだ楊松張魯にホウ徳に関してない事やない事、それからない事をたっぷりと吹き込んで帰れなくなったホウ徳、曹操の元に行くこととなりました(ちょっと前に似たようなの見たよね)。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 盧植
  2. 劉表死す
  3. 孔明と魯粛

    デザイン担当:よりぶりん

    強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

    拡大する曹操(そうそう)の圧迫を受けていたのは、何も劉…

  4. ゆるキャラ龐統

    デザイン担当:よりぶりん

    78話:龐統初登場、連環の計発動!

    苦肉の計で周瑜(しゅうゆ)が黄蓋(こうがい…

  5. 甘寧 裏切る ゆるキャラ

    デザイン担当:よりぶりん

    71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

    甘寧(かんねい)が呉に投降してきたと聞いて…

  6. 王異

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“忘年会"

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP