【三国志随一のイケメン】天に二物を与えられた荀彧を考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

能力に欠けるがにプライドは高い司馬倫

 

三国志には登場人物が数多くいてそれぞれが独自の個性を持っています。

 

ヒゲが美しい関羽

 

例えば関羽(かんう)の髭や赤面、劉備(りゅうび)の大耳などの見た目の特徴から呂布(りょふ)方天画戟(ほうてんがげき)のような武器に至るまで様々です。そういった特徴の中でも特に気になるのがイケメンの人物ではないでしょうか。

 

周瑜

 

三国志の中でのイケメンと言えば美周朗(びしゅうろう)こと周瑜(しゅうゆ)が浮かびますが、今回は三国志随一のイケメンと名高い荀彧(じゅんいく)の逸話をご紹介します。




三国志界の毒舌王でも否定できなかったほどの風貌

禰衡

 

三国志には禰衡(でいこう)という毒舌王がいます。この人物は『後漢書(ごかんじょ)禰衡伝』によると恵まれた才能を持っていましたが、それゆえに傲慢であり他の人に対して暴言を吐くことで有名で、

 

禰衡と曹操

 

曹操(そうそう)に面会する際も曹操の屋敷の前で、大声で暴言を吐き挙句の果てには「人のふりをしているだけの人ではないものと会うのだから礼法など必要ない」と言い放ち曹操を激怒させます。

 

禰衡

 

そして最後は劉表(りゅうひょう)配下の黄祖(こうそ)に対し暴言を吐き殺されました。

 

曹操や許褚、荀彧の悪口を言う禰衡

 

そのほかにも様々な人に対して暴言を吐いていますが、そんな禰衡から荀彧は「荀彧は葬式の弔問役がお似合いである」といったことを言われております。

 

 

これは荀彧が立派なのは容姿と作法だけであり軍師ではなく、葬式に置く役割がちょうどいいといった皮肉が込められています。一見するといつもの禰衡が言い放っている暴言ですが、逆にこれだけ毒舌を吐いていた禰衡ですら、荀彧の容姿については立派であると認めているということです。

 

爽やかな荀彧

 

また西晋時代を代表する文人であり自身も類いまれな美貌の持ち主である潘岳(はんがく)も「荀彧の見た目は美しくその容姿も立派な人物である」といった碑文を残していることから荀彧の容姿は間違いなく美しくイケメンであると言えるでしょう。

 

関連記事:これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集

関連記事:奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)




超エリート一家出身な筍氏

荀彧

 

荀彧は天下に名が轟く筍氏(じゅんし)の生まれであり、数々の偉人を輩出した豫洲潁陰県(よしゅうえいいんけん)の出身でもあります。

 

桓帝

 

荀彧の祖父筍淑(じゅんしゅく)は、後漢王朝にて後漢の順帝(じゅんてい)桓帝(かんてい)に仕え、

 

梁冀(りょうき)

 

当時朝廷内を牛耳っていた悪評高き梁冀(りょうき)一族を批判したことで地方に左遷されてしまいますが、それがきっかけで評判は大いに高まりました。

 

荀彧

 

また荀淑には8人の子供がおりいずれも優秀で「八龍」と称されました。その中の一人であり済南国の相を務めていた荀緄(じゅんこん)の子が荀彧です。これだけの名家出身でありながら荀彧は質素な生活を好みそれを生涯続けました。こういった謙虚な姿勢も人々に評価された理由の一つであると思います。

 

関連記事:漢王朝の悲鳴の原因となった跋扈将軍 梁冀とは誰?

関連記事:【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?

 

荀彧は当時のファッションリーダー!?

荀彧と曹操

 

荀彧はその見た目の美しさそして超エリート一家出身であり、既にこの時点で貴公子のようなイケメンを想像してしまい羨望の眼差しで見てしまいますが、当時からすでに荀彧はみんなの憧れであったようです。

 

ある日荀彧が木の枝に気づかず頭をぶつけてしまい、その時に冠を凹ませてしまいました。

 

荀彧

 

冠が凹んだことに気が付かないまま荀彧が被っていると、当時の人々は「あれが今の流行りなんだ!」と勘違いしこぞってマネしだし本当に凹んだ冠が流行ってしまいます。

 

プロ野球を学んでいる荀彧

 

このように荀彧はファッションにおいても人々がマネしてしまうほどの影響力があります。現代でいうところのファッションインフルエンサーであったと言えるのではないでしょうか。

 

関連記事:【華麗なる一族】孫まで優秀な荀彧の一族

関連記事:荀彧の魅力ってなに?人材ネットワークをフル活用し曹操の覇業を支えた軍師

 

においまでイケメンな荀彧

荀彧

 

襄陽(じょうよう)耆旧記』にて登場する劉弘(りゅうこう)という人物は愛香家として登場しており、そんな劉弘が「荀令君が訪れると、彼が座った席は三日間その香りが残り続ける」と語った話も記述があります。

 

荀彧

 

この筍令君こそ荀彧のことであり、後に高雅な人物の香りを令君香とあらわすようになったというエピソードがあります。この香りがどういった匂いだったのかは記録がありませんが、高雅な人の香りから想像するにきつい香りというよりは、ふとした時に気づく主張はしないけどさわやかな香りといった想像をしてしまいます。

 

冠が凹んだだけでも、人々がマネしたがるような人物であった荀彧の香りをまねしようとした人が大勢いたのではという想像は容易にできます。

 

関連記事:闇に葬られた?後漢書の執筆者 范曄が隠した荀彧と董卓、宦官の関係

関連記事:王佐の才を持つ男、荀彧の百面相

 

まとめ

荀彧と曹操

 

荀彧は曹操を初期から支えその才覚を存分に発揮して後世に名を残しました。またそれは頭脳だけでなく外見においても人々が羨むような美貌であったと残っています。政治だけでなくファッションにおいても荀彧の影響があり、少し変わったことをするとすぐに人々がマネするほどでした。

 

三国志ライター ボス吉の独り言

ボス吉(ライター)

 

名門でのエリートであり頭脳明晰でオシャレという荀彧は、三国志イチのハイスペックな人物ではないでしょうか。

 

関連記事:濮陽の戦いで見せた荀彧の有能さとその生涯を再考してみる

関連記事:荀彧のここが「イケメン」すぎる3選!本当に荀彧はイケメンだった?

関連記事:荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件

 

【己の信念に殉じた軍師・荀彧の特集】
荀彧特集

 




関連記事

  1. 陳登を救うために曹操に会見する陳矯(ちんきょう)
  2. 武芸に励む若い頃の崔琰(サイエン)
  3. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  4. 荀攸と曹操
  5. 趙儼

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP