呉の武将「呂蒙」はなぜ人気がないの?その理由とは?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

呂蒙は不人気(1P目)




関羽を討つ

青龍偃月刀を持つ関羽

 

のちに呂蒙は荊州(けいしゅう)にて関羽と対峙することになります。呂蒙は関羽が魏を攻めている隙を突き、その城を落とそうと計画しました。しかし、関羽は呂蒙を警戒し、城に多くの守備兵を残しています。

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

そこで呂蒙は病気のふりをしました。関羽は安心し、城の守備兵を魏攻めに向かわせたのです。そこを呂蒙は突き、城を陥落させました。その占領地で呂蒙は住民や関羽の配下を圧遇したため、彼らはあっさりと投降したのでした。

 

鄧禹と兵士

 

関羽があわてて城に戻ると、全ての将兵、民衆は圧遇されており、関羽の配下は戦意を喪失してしまいました。

 

関羽を捕縛する馬忠

 

また、関羽は同僚や部下を見下す癖があり、一部で恨みを買っていました。その為、ある部下にあっさりと裏切られ、関羽は捕えられたのです。

 

正史三国志 vs 三国志演義で揉める現代人

 

このあたりのエピソードを膨らませ「三国志演義」は呂蒙を「正々堂々戦わず、策を練る卑怯者」というイメージにしたため、呂蒙の人気があまりないと考えられますね。

 

関連記事:関羽はどうして赤ら顔設定なの?赤ら顔になったストーリーと意味を紹介

関連記事:孫権はどうして関羽の首を塩漬けにして曹操に送ったの?




「三国志演義」とはまったく違う最期

杯を投げつけ孫権を睨めつけ罵る呂蒙

 

前述のように「三国志演義」では呂蒙は悪役の為、悲惨な最期を迎えます。関羽の霊に憑りつかれ、全身の穴という穴から血を噴出して死んでしまうのです。

 

関羽の死

 

その死亡した時期が関羽を倒した直ぐあとだったため、このような描写になったのかもしれませんね。

 

呂蒙が病気になり心配で仕方ない孫権

 

実際は関羽との戦いの最中には呂蒙は病になっていました。孫権は彼の病を心配し、孫権自身が病床に付き添っていたほどでした。

 

穴から呂蒙を覗く孫権

 

しかし残念ながら43歳の若さで亡くなってしまいました。呂蒙が亡くなると孫権は音楽を禁じ、食事も粗末な物にして喪に服したといいます。

 

関連記事:塩の密売人というのは冤罪?関羽の密売人説を否定してみた

関連記事:関羽はどうして人気になったの?どんなところが魅力?




三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

「三国志演義」は小説なので盛り上げるために呂蒙は仕方がなく悪役にされた、という感じですね。その為にちょっと人気が低いのは残念という気がしますね。

 

関連記事:呂蒙と同時期に最期を迎えた蒋欽とは何者?

関連記事:これは悪質!呂蒙が仕掛けた性質が悪いドッキリ

関連記事:関羽を倒したのは呂蒙ではなく于禁だった!関羽に致命傷を与えた于禁の戦略とは?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




< 1

2

関連記事

  1. 解煩督 呉
  2. 朱治
  3. 陸遜と孫権
  4. 周瑜と程普
  5. 孫権に初代丞相として任命される孫卲(そんしょう)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP