衛瓘とはどんな人?鄧艾と鍾会を始末した鍾会の乱の受益者

2021年4月13日


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

衛瓘とは?(1P目)

 

必殺!仮病攻撃

白湯を吐いて鍾会の警戒を解く衛瓘

 

捕らえられた衛瓘は、ここは仮病攻撃だと決意。

 

いきなり「ううっ、気分が悪い、めまいだ、吐き気もする」と叫んで地面に倒れ込みました。

 

これを見た追手は、気味が悪くなったのか衛瓘を放置して引き下がります。

 

kawausoさん

 

え?なんでって?そんなの知りませんよ、そう史書に書いてあるのです。

こうして、最初の追手を迫真の演技力でやり過ごした衛瓘ですが、城門を出た所で今度は数十人の追手がやってきました。

 

衛瓘はすぐに官舎に入ると、食塩を加えた白湯を飲んでから、

オーボロモロモロモロモロモローーーと盛大に吐いてみせます。

 

どう見ても茶番なんですが、衛瓘は元々病弱で、ここ数日は殺されるのを恐れて、ろくろく寝ていないので追手には衛瓘が重病に(かか)ったように見えたそうです。

 

kawausoさん

 

鍾会は医者を派遣し衛瓘が本当に重病か診察させますが、この医者はポンコツだったのか、「衛瓘はもはや長くない」と適当な診断を下しました。

こうして鍾会は、もうじき死ぬヤツに何もできまいと安心し、衛瓘を成都城から出したのです。衛瓘の仮病攻撃は大成功を収めました。

 

関連記事:鍾会の最期につながった「姜維とつるんでの突然の反乱」にはどこまで勝算があったのか?

関連記事:姜維の最大の功績は鄧艾・鍾会を破滅させたこと?蜀の最終章をギリギリで盛り上げてくれた彼に感謝

 

鍾会の乱鎮圧と鄧艾の殺害

炎上する城a(モブ)

 

日が暮れて門が閉ざされると衛瓘は檄文(げきぶん)を作成して兵士に鍾会討伐を命じます。すでに魏兵は準備を整えていて、翌朝を迎えると共同で鍾会を攻撃しました。

 

三国志のモブ 反乱

 

鍾会は側近を率いて抵抗しますが、魏兵はこれを撃破し、宮殿を守るのは直属の部下、数百人を残すのみとなります。その為、鍾会は逃亡を図りますが、魏兵はこれを捕らえてことごとく殺戮(さつりく)、鍾会の乱は呆気なく鎮圧されました。

 

鍾会が殺害されると鄧艾の兵は鄧艾の護送車を追いかけて救い出し、反転して成都に向かってきました。

衛瓘はかつて鍾会と共同で鄧艾を罪に落とした事から、鄧艾と鄧忠に復讐される事を恐れ、同時に鄧艾が戻ると鍾会の乱鎮圧の手柄が台無しになると考え鄧艾親子を亡き者にしようと計画します。

 

田続をけしかけて鄧艾と鄧忠を殺害する衛瓘

 

こうして、衛瓘はかつて鄧艾に進軍を躊躇した事で殺害されかけた恨みがある護軍の田続(でんしょく)をそそのかして兵を与え綿竹に派遣し、鄧艾と鄧忠親子を首尾よく殺害しました。

 

関連記事:鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る

関連記事:衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】

 

鍾会の乱後の衛瓘

司馬昭から熱い信頼を受ける衛瓘

 

鍾会の乱が一段落すると、朝廷は衛瓘の功績を称えて恩賞を与えようとしますが、衛瓘は蜀征伐については全員の功績で、その後の混乱については、鄧艾、鍾会が自ら滅亡へ進んだだけであり、自分で主導して鎮圧したのではないと、恩賞は固辞して受けなかったそうです。

 

鍾会軍の軍監として従軍する衛瓘

 

衛瓘は、この功績で使持節(しじせつ)都督関中諸軍事(ととくかんちゅう・しょぐんじ)鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)に任じられ、昇進して都督徐州諸軍事・鎮東将軍に移動し菑陽(しよう)侯に封じられます。さらに余爵として弟の衛寔(えいき)が開陽亭侯に封じられ、栄誉は一族にも波及、後、衛瓘は徐州(じょしゅう)に着任し行政官として大いに治績を上げ活躍しました。

 

関連記事:三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!?

関連記事:【西晋の内乱】八王の乱・前編 司馬炎の一族と悪女賈南風の死因

 

衛瓘のまとめ

 

晋王朝を作った司馬炎

 

衛瓘はその後、司馬炎(しばえん)お気に入りの寵臣となり、位人臣を極めます。しかし、因果は巡るもので、

 

あまりにも頭が悪く皇帝の器にふさわしくない司馬衷

 

司馬炎の後継者問題で皇太子の司馬衷(しばちゅう)を暗愚であるから後継者に相応しくないと意思表示してしまい、司馬衷の妃である賈南風(かなんぷう)に恨まれる事になります。

賈南風の悪巧み計画にのる司馬瑋

 

司馬衷が即位した後も衛瓘は表面上重んじられますが、暴君である(そおう)司馬瑋(しばい)司馬亮(しばりょう)と厳しく諫めて、その権力を制限した事で恨まれ、賈南風と結託した司馬瑋により”衛瓘は伊尹(いいん)霍光(かくこう)を模倣して皇帝廃立を企んでいる”と詔を出され、全ての役職を解かれ逮捕された後に処刑されました。

 

司馬炎に上奏文を送る杜預

 

晋の重臣、杜預(とよ)は鄧艾を尊敬していたので、衛瓘が鄧艾を殺した事を激しく非難し、君子の皮を被って名士顔をしているだけの小人で正義に即した行いも出来ない。

この報いで、将来必ず殺されるに違いないと言い、それを恐れた衛瓘は車の仕度も整わない間に駆けだして杜預に陳謝したそうです。衛瓘は無能ではありませんが、保身の為に鄧艾を殺すなど身勝手な行動が散見されます。

 

破竹の勢いで呉を攻める杜預

 

杜預の評価は、ある程度的確で、その死も過去に自身が鄧艾を陥れた報いを受けたと言えなくもないですね。

 

参考文献:正史三国志 晋書

 

関連記事:司馬瑋とはどんな人?先走り過ぎた八王の乱の一人

関連記事:杜預の性格がなかなか面白い!「破竹の勢い」でご紹介?

 

鍾会の乱

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-はじめての晋
-, , ,