悪臣で有名な黄皓は「無能」ではなかった




 

蜀の持った年数

北伐したくてたまらない姜維

 

もう一つは、姜維の北伐に関してです。姜維が北伐に執念を燃やしている中で、蜀の内部は疎かになっていき、そうして黄皓のような人物が台頭しました。そして黄皓の専横が始まったと言われる時から、17年ほどの月日が流れています。

 

ポイント解説をするセン様

 

逆に言うとそれだけの年月、蜀の国が国のままで保たれているのです。これ全てが黄皓の手腕ということはないでしょうが、国としての体を保てるほどの能力はあったことでしょう。

 

関連記事:出師の表が広まった理由は劉禅がおバカだったから?

関連記事:姜維の北伐は劉禅の意向でもあった?北伐と劉禅の統治を考える

 

【暗愚の代名詞となった皇帝】
劉禅




黄皓についての記録

鄧艾(トウ艾)と一緒に木を切り蜀に前進する鄧忠(トウ忠)

 

そして最後に、専横、についてです。黄皓の評判は悪く、蜀に来た鄧艾(とうがい)は黄皓を殺すつもりでしたが、そこは悪臣代表。おそらく私腹を肥やしていた金銀財宝をばらまいての見事な逃走を図り、成功しました。

 

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

この私腹を肥やしていた金銀財宝、何をやっていたかの記録はありません。そんな周囲にバレないように悪いことをするだけの才能は黄皓にはあったということでしょう。なので黄皓は決して正義ではないものの、無能と言い切れるだけの能力者ではなかったと思います。

 

関連記事:鄧艾とはどんな人?鍾会に陥れられ衛瓘の指図で殺された鍾会の乱の犠牲者

関連記事:魏の名将鄧艾の息子、鄧忠はどんな人物だったの?




まぁとは言ってもね?

三国志を語るセンさん

 

しかしまぁ黄皓、どこか受け付けないのが正直なところです。その理由の一つとして、何よりも黄皓は最後に逃走しています。

 

司馬昭の質問に回答する劉禅

 

逆を言えばここで劉禅の身柄を護ろうと奮戦したのであれば少しは見る目が違ったのですが……言い訳もしようもない敵前逃亡、主君を置いての。こういうラストが個人的に三国志大好き!って人たちには受け付けない面があるんじゃないかなーと思った筆者でした。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

黄皓は、見直しても見直してもフォローがしようがない人物でもあります。そのフォローのしようのなさがどこから来たかと言うと、やはり最期だと思います。

 

三国志演義_書類

 

そういう面ではやはり三国志演義でのラスト、すっきりと黄皓への高められた怒りを昇華してくれて上手くまとめられているな、と思いますね。

 

センさんが三国志沼にドボン b

 

ちゃぷり。

 

参考文献:蜀書黄皓伝

 

関連記事:黄皓の策謀!劉禅が占いを信じなければ蜀は滅亡しなかった!?

関連記事:黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデルだった【HMR】

関連記事:黄皓の最期を振り返る!本当に蜀を滅亡に追い込んだのか?

 

【中国史上随一の佞臣・黄皓】
黄皓

 




< 1

2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP