呉にしてはどこまでも穏やかな孫権の尚書令、顧雍の生涯

2021年7月3日


 

呂壱事件

呂壱と孫権

 

そんな中で、呂壱(りょいつ)事件が起こります。この各方面に傷を残した事件、最終的には幸いと言うべきか、呂壱は捕らえられます。この際に呂壱の取り調べをしたのが顧雍でした。

 

孫権に書簡を使って報告する呂壹(呂壱)

 

顧雍自身、呂壱による言われなき讒言(ざんげん)で孫権に叱責されたにも関わらず、顧雍はあくまで穏やかに取り調べを行い、申し開きもさせました。呂壱は何も言えなくなり、周囲の者が彼を責めると、顧雍はそれをやんわりと咎め、あくまで私情を挟まず、落ち着いて法に照らしたのです。

 

関連記事:孫権の人柄ってどうだったの?晩年の暴走は老いが原因?

関連記事:諸葛瑾はイメージに反して軍事のトップだった!?

 

宦官

 

陸遜に引き継がれた

陸遜

 

呂壱事件から数年経ち、243年。76歳で顧雍はこの世を去ります。亡くなる前まで丞相であり、その責務は陸遜(りくそん)に引き継がれました。亡くなる前、孫権から医師が派遣されました。

 

医師が帰ると孫権は顧雍の末の子を騎都尉に任命し、それを聞いた顧雍は「あの医師は名医だ。自分の死期が近いから陛下はあのように計らってくれたのだろう」と語り、その生涯を閉じたといいます。

 

陸遜特集

 

 

どこまでも穏やかな人物

呉志(呉書)_書類

 

顧雍のその生涯を見てみると、どこまでも穏やか。そうしてその穏やかさは呉の国においてとても貴重であったと思います。まぁ穏やかだけど言う時ははっきり言うし、間違ってないと思うと頑固になる所もあったようですが……公私もきっちりと分けて他人に接することのできる人物ですね。

 

こういう人は孫権には貴重であり、頼りになったことでしょう。

 

孫権に攻められ戦死する黄祖

 

孫権自身もカッとなることが多い人物ですので、顧雍や諸葛瑾(しょかつきん)のような人物が穏やかに諫めてくれるからこそ、呉王としていられたのかもしれませんね。

 

関連記事:諸葛瑾はどうして弟・諸葛亮よりも影が薄いと言われるのか

関連記事:呉の水魚の交わり?逸話から分かる孫権と諸葛瑾の「交」

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

顧雍と諸葛瑾は、孫権がカッとなっても特に怒ることなく、どこまでも穏やかに接してその怒りを治め、諫めてくれる存在です。

 

三国志を解説するセンさん

 

他の諸将はどっちかというと孫権に着火する方ですし、下手すれば孫権が宥める側ですし……虞翻(ぐほん)とかは宥めるというよりはバケツで水をひっかけるような対応をしますからね。振り返るほどに貴重な存在、顧雍

 

センさんのとぷんver2

 

よろしければこの機会にもっともっと知って欲しいと思いますね、ちゃぽん。

 

参考文献:呉書顧雍伝

 

関連記事:孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績

関連記事:顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家

関連記事:自分が元凶だと忘れる孫権の最高峰大失敗「二宮の変」わかりやすく解説

 

呉の武将

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-はじめての呉
-