祖茂はそもそも華雄に斬られていない?どうして討ち死にした事になったの?

2022年5月11日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

袁術、孫堅(犬)

 

悪漢、袁術(えんじゅつ)による嫌がらせの兵糧攻めで弱ってしまった孫堅軍(そんけんぐん)。そこを卑劣にも華雄(かゆう)に攻め込まれ、散り散りになった中で。

 

華雄(かゆう)

 

たった一人、主の頭巾をかぶり、身代わりになって草むらに身を潜めていた。

「孫堅様――――……ご武運を!」

 

赤い毛織の頭巾をかぶった祖茂

 

そうして、主君のために、ここで一人英雄が散ったのである。という前置きは置いておいて、この人物、通称「祖茂(そも)さん」がどうして三国志演義(さんごくしえんぎ)で注目されたのかを今回は考えてみました!

 

 

 

 

 

三国志演義の祖茂

三国志演義_書類

 

さてまずは三国志演義の祖茂さんをご紹介していきましょう。祖茂、字は大栄(だいえい)。孫堅配下の彼は二つの刀を扱ったとされ、恐らくは華麗なる二刀流の使い手だったのでしょう。そんな彼が出てくるのは序盤も序盤、反董卓(とうたく)連合軍の先鋒隊を孫堅が務めた時のこと。

 

袁術目隠し

 

よりによって味方から兵糧攻めを喰らってどうしようもなくなるという場面、どんどんと士気が落ちていく孫堅軍と兵たちに何もしてやれず憤る主、孫堅の傍に祖茂はいました。

 

関連記事:【蜂蜜の歴史】はちみつおじさん袁術から読み取る蜂蜜と三国志時代

関連記事:皇帝を名乗った男、袁術の帝位僭称について迫る

 

はじめての三国志Youtube漫画

 

 

 

孫堅の頭巾をかぶり華雄の追撃を受け散る

孫堅の身代わりになり逃走する祖茂

 

そこを攻撃してきたのは、敵将・華雄。華々しくも雄々しい名前の武将により孫堅軍は蹴散らされ、()()うの体で逃げ回ることに。

 

しかし華雄の追撃は止まず、もはやここまでか……と孫堅が覚悟した時でした。「お逃げ下さい!」孫堅が付けていた赤ずきんを祖茂は奪い、自らが身に付けて身を隠し、孫堅を逃がしました。

 

なお、自分が付けたり、木に括りつけたり、石に乗っけたりとバリエーションが豊富です。しかし華雄に見つかり、祖茂は主が助かることを祈りながら散ることになりました。

 

憤死する麋竺(モブ)

 

何という忠臣、これは三国志で単独立伝は決まったようなものですね!(フラグ)

 

関連記事:華雄とはどんな人?正史で同情!演義では一転豪傑になった男

関連記事:趙岑とはどんな人?三国志演義では華雄と添えられた勇将

 

はじ三Youtubeメンバーシップ

 

 

正史三国志の祖茂

正史三国志_書類

 

では三国志、正史における祖茂を見ていきましょう。彼は孫堅伝において名を見ることができます。孫堅伝において名を見ることができます。(二回目)

 

海賊時代の孫堅

 

そうして始まった反董卓連合軍、孫堅軍は包囲されるも、孫堅は包囲網を何とか突破。この時に追手の目を欺くために孫堅のかぶっていた赤ずきんをかぶって赤ずきん祖茂ちゃんになったのが祖茂です。

 

関連記事:祖茂とはどんな人?元祖ワンポイントリリーフの功績は?【年表付】

関連記事:徐栄とはどんな人?曹操と孫堅を撃破した漢の忠臣

 

はじめての三国志ファンアートa

 

 

 

華雄から逃げ延びた後、消息を絶つ祖茂

 

溺れる忍者

 

祖茂が目を引いてくれたために、孫堅たちは何とか逃げおおせることができました。しかし単独で、しかも目を引いた祖茂は敵に追い詰められていきます。最早これまで、いや、主の敵を一人でも多く道連れに……!とは、祖茂はしませんでした。

 

祖茂は赤ずきんを木に括りつけ、草むらに隠れました。追手たちは赤ずきんを見つけると孫堅には逃げられたと悟って退却。祖茂はその後、歴史からも隠れることになります。

 

関連記事:【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?

関連記事:華雄は孫堅の引き立て役に過ぎない、三国志演義と正史三国志を比較

 

 

はじ三倶楽部

 

 

歴史に登場しなくなる祖茂

ポイント解説をするセン様

 

董卓軍の追手さえも巻いた素晴らしい隠れ技は歴史にも適応され……という三国志ジョークはここまでに。そう、祖茂の記録はここまでです。ぶっちゃけると生死さえ良く分からないのです。にも関わらず、三国志演義では字を賜り、主である孫堅のためにその命をかけ、そして華雄に討ち取られてしまうという破格の待遇。どうして彼はここまで三国志演義ではグレードアップしたのでしょうか?そこで注目したのが、孫堅の配下代表格とも言われる、程普(ていふ)黄蓋(こうがい)韓当(かんとう)です。

 

関連記事:孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説

関連記事:【悲報】韓当の手柄は孫堅に奪われていた!その理由は?

 

呉の武将

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-,