劉備のズッ友・簡雍は蜀漢建国後どうなったの?古参と言えど諸葛亮に消された?

2022年8月4日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

簡雍

 

劉備(りゅうび)の古参の臣、と言えば思いつくのは簡雍(かんよう)でしょうか。実際に劉備とは旗揚げ時からずっと一緒で、長く苦楽を共にしてきた間柄と言えるでしょう。

 

劉備を支援する麋竺

 

麋竺(びじく)孫乾(そんけん)と共に、まだ(しょく)に至らない劉備を支えてきた人物、それが簡雍だと思います。

 

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

さて、その簡雍ですが、劉備が蜀平定をしてからは何をしていたのかは不明です。今回はそこに注目しつつ、簡雍がどうなったのかを想像して見たいと思います。

 

劉備のズッ友・簡雍

劉備に資金を提供する簡雍

 

簡雍、字は憲和。実は劉備との付き合いは一番古い間柄で、同郷で旧知の仲でした。そして劉備の旗揚げの際にはこれに従い、そこからずっと劉備と行動を共にしています。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

つまりズッ友という奴ですね。三国志演(さんごくしえんぎ)義で有名な桃園(とうえん)三兄弟にも負けず劣らずの長い関係を劉備と築いてきた人物です。そして劉備の荊州(けいしゅう)入り後は、同じく長い付き合いとなる麋竺や孫乾たちと共に良く仕えていました。

 

こちらもCHECK

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
三国志平話・民間伝承・三国志演義の描写『桃園の誓い』を比較してみた

続きを見る

 

関羽

 

 

 

一行で矛盾

蜀志(蜀書)_書類

 

その簡雍の性格はこう記されています。

 

「おおらかで非常に落ち着いた、傲慢な性格でした」おっと、一行で性格に矛盾点が見えるような気がするのは気のせいでしょうか?

 

とは言え、実際に余り他人に気を使わない性格ではあったようで、劉備の前であってもだらしない恰好でいたようです。また劉備にもそんな態度なので他の諸将の前で改めるなんてこともなく、諸葛亮(しょかつりょう)たちを前にしても自分だけ長椅子に寝っ転がって話していたという人物でした。

 

うん、おおらかだし落ち着いてるし、他者から見れば傲慢とも言えますね、これは。

 

こちらもCHECK

簡雍
劉備の旗揚げからずっと一緒、簡雍の存在を考察します!

続きを見る

 

 

蜀のマイナー武将列伝

 

 

 

王様に気に入られる人

劉璋(りゅうしょう)

 

そんな簡雍の性格ですが、実は劉備以外に気に入った人がいます。それこそ嘗ての蜀の劉璋(りゅうしょう)。彼は劉備に付き従ってきた簡雍の性格を気に入っていたと言います。

 

劉璋

 

このため、後に劉璋と劉備が敵対することになった際に、簡雍は劉璋への降伏使者となりました。

 

劉備に降伏する劉璋

 

そして降伏した劉璋は、簡雍と一緒の車に乗って城を出たのです。この功績によって、簡雍を麋竺に次ぐ待遇になりました。

 

こちらもCHECK

劉璋(りゅうしょう)
「二代目益州牧 劉璋」国を劉備に奪われたのは彼の自業自得なのか考えてみた

続きを見る

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

 

さてさて

漢中王になる劉備

 

さあ劉備は蜀を手に入れました。天下は三国、正に三国志(さんごくし)が始まるのはここから!

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

なのですが、簡雍はここからの様子が語られていません。どんな功績を挙げたのか、どんな働きをしたのか、どんな時に亡くなったのか、没年すら不詳です。

 

優秀なのに地味すぎる孫乾 +劉備

 

比較すると実は孫乾も没年は不詳ですが「簡雍と並ぶ待遇を得ていたが、間もなく亡くなった」とされているので、おそらく劉備が蜀を手に入れた頃に亡くなったことだけは分かります。なのに簡雍は、その後が一切不明なのです。

 

こちらもCHECK

実は使者として超絶優秀だった孫乾
孫乾とはどんな人?劉備を群雄に売り込んだスーパーセールスマンの生涯

続きを見る

 

よかミカンのブラック三国志入門

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-