并州 – 三国志登場人物出身地図

主要人物の出身地図特集バナー

 

三国志のあの出来事は西暦何年?

三国志のあの武将の出身地はどこ?

 

三国志大学を目指す曹操

 

調べものや二次創作で湧いてくる、様々な疑問にご活用ください。

 

進撃が止まらない張遼

 

今回は、呂布(りょふ)張遼(ちょうりょう)郭淮(かくわい
)
郝昭(かくしょう
)
王允(おういん
)
の故郷である并州(へいしゅう)のデータベースです。

 

 

并州を構成する郡と出身人物

 

朔方郡(さくほうぐん)

五原郡(ごげんぐん)呂布(りょふ)李粛(りしゅく)秦宜禄(しんぎろく)秦朗(しんろう)秦秀(しんしゅう)

雲中郡(うんちゅうぐん)張楊(ちょうよう)

定襄郡(ていじょうぐん)

雁門郡(がんもんぐん)張遼(ちょうりょう)

太原郡(たいげんぐん)宋翼(そうよく)関靖(かんせい)郭淮(かくわい)王淩(おうりょう)王昶(おうちょう)温恢(おんかい)王允(おんいん)郭泰(かくたい)令孤愚(れいこぐ)孫資(そんし)魯昔(ろせき)郝凱(かくがい)

靳詳(きんしょう)(郝凱郝昭(かくしょう)

)

上党郡:浩周(こうしゅう)

西河郡(さいかぐん)

上郡(じょうぐん)

 

并州の主な出来事

水滸伝って何? 書類や本

 

中平5年(188年):西河郡白波谷で黄巾賊の残党(白波賊)が蜂起。屠各胡(とかくこ)、刺史の張懿(ちょうい)を殺害。

 

何進

 

丁原(ていげん)、大将軍何進(かしん)の呼びかけに応じ上洛。

呂布に殺害される丁原(ていげん)

 

中平6年(189年):呂布、丁原を殺害。上党に駐屯していた張楊、并州で暴れる。

初平4年(193年):袁紹の甥高幹、并州の牧となる。

建安9年(204年):并州牧高幹、曹操に降り并州刺史に任ぜられる。

建安10年(205年):刺史高幹、曹操の烏桓討伐を知り反乱。楽進、李典がこれを討ち、高幹は壷関(こかん)に籠城

 

傷だらけでも勇敢に戦う楽進

 

建安11年(206年):曹操、壷関を攻略し高幹は逃亡、梁習が刺史となる。

建安16年(211年):太原の商曜らが大陸で反乱。夏侯淵、徐晃がこれを討伐。

 

徐晃と夏侯淵

 

建安18年(213年):并州を廃し冀州に合併。

建安20年(215年):雲中、定襄、五原、朔方の諸郡を廃し、太原郡と雁門郡の間に新興郡を設置。

建安22年(217年):太原の烏桓王(うかんおう)、魯昔、駐屯地を抜けて太原に帰り、妻を連れて脱走。

梁習、張景に追跡させ、これを射殺する。

 

 

黄初元年(220年):曹丕、并州を設置。梁習を刺史に再任。

黄初6年(225年):刺史の梁習、鮮卑族の軻比能(かびのう)を討伐する。

太和6年(232年):刺史の畢軌(ひっき)、鮮卑の長、歩度根(ふどこん)と軻比能を討伐。歩度根と軻比能は合流して国境付近を荒らす。

秦朗これを討つ。歩度根の配下、載胡阿狼泥らが魏に帰順。

 

三国志のモブ 反乱

 

嘉平4年(252年):雁門と新興の二郡、呉討伐の為の徴兵を拒否して反乱

 

PAGE TOP